スポンサーリンク

絶対零度シーズン3(2018前作) 2話ネタバレあらすじと感想

連続ドラマ

ドラマ「絶対零度シーズン3(2018前作) 」は、フジテレビ系で断続的に放送している刑事ドラマシリーズでseason3となり、沢村一樹さん主演となっています。
 
 
第2話では、ミハンチームの井沢範人と山内徹は、失踪していた特殊班捜査員・桜木泉がベトナムで殺害され、遺体となって発見されたことを知る。ミハン責任者の東堂定春は、元バディの死に山内が受けたであろうショックを憂慮して捜査から外そうとする。だが山内は、捜査を続けるという。
 
 
今回は、「絶対零度シーズン3(2018前作)」第2話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

「絶対零度シーズン3(2018前作)」1話から最新話までのネタバレと感想

「絶対零度シーズン3(2018前作)」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

絶対零度シーズン3(2018前作)2話のネタバレあらすじ

新たな危険人物

ベトナムにいる泉は、何者かに追われ逃げていたのだが、ついには捕まってしまい、ある部屋に拘束されてしまう。

手足を縛られた状態でなんとか部屋から出ようと試みたのだが、外は火の海で絶体絶命のピンチに陥っていた。

そして、日本にいる徹に泉の死亡の連絡が入り、捜査会議のために集められたミハンチームに、東堂は徹は今回外そうと話していた。

会議に現れた徹は、問題ないと話すとそのまま捜査への参加を志願するのであった。

それを許可した東堂はモニターに次の危険人物として、人気料亭「八節」の女性料理長を務め、さらにこども食堂で子供たちに食事をふるまうなどしている藤井早紀を写し出す。

早紀は、リシンという劇薬を手に入れさらに弁護士を通じ遺言書を作成していることから、事件を起こすようであった。

こども食堂

ミハンチームは、早速早紀の調査に乗り出し、唯が料理人として採用されるべく「八節」へと向かっていった。

早紀の到着を待つ間、厨房に監視カメラをセットした唯は、気づかれないように戻っていく。

履歴書を持って待っている唯は、テレビから流れる小松原忠司という最高裁判官が国政への立候補するというニュースを見ていた。

そこに現れた早紀は、履歴書に目を通さずすぐさま料理を作るように指示をだし、唯が自信作を仕上げる。

しかし、まだまだ実力不足だと言われこども食堂の手伝いを言い渡されてしまうのであった。

そこに井沢もヘルプの人材として潜入し、さらなる調査をしていくのであった。

ある事件

その頃、早紀の家に入り込んだ徹と田村は部屋に監視カメラや盗聴器をセットし、部屋の中を調べ始める。

するとボイスレコーダーと、数年前に未成年が起こした女子高生暴行殺人事件の記事を発見するのだった。

持ち帰った情報を共有する井沢たちは、その事件の被害者の一人である元宮七海の存在に気がつく。

そしてボイスレコーダーには、七海が早紀に助けを求める声が入っており、さらにその犯人が出所していることがわかる。

さらに早紀は興信所を使い、その犯人である津田圭佑の行方を追っていることを突き止めると、復讐なのではないかと考えるのであった。

早紀の本当の狙い

そんな早紀がついに動き出し、興信所で調査された圭佑の場所へと向かっていくのであった。

その様子を監視する井沢たちだったが、圭佑に近寄る早紀の手にはナイフが握られており、緊張が走る。

しかし、口論こそ起きたものの早紀は毒を出す様子もなく、足早にその場を去っていくのだった。

署に戻ると、南から早紀と七海が親子関係であることを報告された井沢たちは、本当の狙いがなんなのかさらに頭を悩ませていた。すると徹があることを話し始める。

それは、七海が殺された山では狩猟解禁前に害獣駆除が行われていたことや、入山記録があることであった。

井沢は、「八節」の顧客リストと猟銃所持者、さらに事件の山の入山記録を照らし合わせるよう指示を出すのだった。

真犯人

捜査の結果、元最高裁判官の小松原忠司が浮上し、七海の事件が強引に解決された理由にも納得していた。

すると、早紀を張り込んでいた田村から連絡が入り、3つのボイスレコーダーを民間の科捜研に持ち込んだと連絡が入る。

さらに張り込みを続ける田村は、そのレコーダーは圭佑と忠司の声が録音されていることに気がつく。

早紀は、食事に来ていた忠司の話を偶然聞いてしまったことにより、今回の殺害計画を立てたのであった。

そして、選挙演説の後に「八節」で食事をすることになっており、そこで毒を使うこ所を取り押さえるという計画をたてるのだった。

知っていた

忠司が来る当日、早紀はいつもよりはりきって料理の準備をするなど、いつもと違う様子を見せていた。

お昼になり、まかないを作った唯は早紀を呼んでくるようにと言われ、早紀を探していた。

しかし、どこにも見当たらず、さらに忠司の予約がキャンセルになったことを聞かされるのだった。

慌てた唯は大急ぎでチームに連絡をすると、忠司が演説をしている広場へと駆けつけていた。

早紀を見つけた井沢たちは、必死に早紀を止め、一線は越えさせないとボイスレコーダーの声から雑音を抜いたものを聞かせる。

すると、助けを求める七海は最後に「お母さん」と叫んだのであった。その声に膝から崩れ落ちる早紀なのであった。

危険人物

事件を防いだ井沢たちは、資料課に戻ってきており、さらに泉の死の再捜査を許可されたと話していた。

しかし、忠司の事件があまりにも釈然としないと気分を落としていた唯たちだったが、井沢だけは「お天道様はみてくれてる」と話すのだった。

その頃忠司は、ホテルで支援者たちと会食をしており、ロビーで電話をかけていた。

すると何者かによって、点検中のエレベーターに落とされ殺されてしまうのだった。

徹はベトナムから送られた泉の遺品を調べていると、一冊のノートからイザワノリトと書かれたページを見て驚いていた。

そして東堂が持つタブレットには、危険人物として井沢が写し出されているのであった。

スポンサーリンク

絶対零度シーズン3(2018前作)2話の感想

今回はかなり悲しい事件でしたが、最後は忠司が殺されるという結末に驚きました。

そして、井沢が危険人物として写し出されていて、忠司も井沢が何か関係がありそうな感じでした。

井沢の闇や、泉にも何か関わっていそうで今後の展開に期待したいと思います。

スポンサーリンク

絶対零度シーズン3(2018前作)2話の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「絶対零度シーズン3(2018前作)」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「絶対零度シーズン3(2018前作)」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」第1話から最終回までの動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「FODプレミアム」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐドラマ「絶対零度シーズン3(2018前作)」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ドラマ「絶対零度シーズン3(2018前作)」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました