スポンサーリンク

コンテイジョンはコロナの予言映画?理由と結末ネタバレも

洋画

映画「コンテイジョン」をご存じでしょうか?
 
 
映画の注目作品となっており、「コロナの予言映画?」とも言われています。
 
 
この記事では、映画「コンテイジョン」がコロナの予言映画だと言われている理由と結末ネタバレについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

コンテイジョンとは?

作品概要

「恐怖は、ウイルスより早く感染する」

感染後、数日で命を奪う新種のウイルスが突如発生。

見えないウイルスが猛威を振るう中、生き残るために、家族を守るために、人類を救うために、世界各地を舞台にそれぞれの立場で、ウイルスの脅威に立ち向かっていく人々の姿を描いた群像劇映画

あらすじ

ある日、香港へ出張していた女性が帰国後体調不良となり、二日後に原因不明の激しい発作と痙攣を起こして意識不明の重体に陥り、そのまま死亡してしまいます。

感染は瞬く間に世界中へと拡大していき、WHOが動き始め、疾病予防管理センターや各国も未知のウイルスの特定とワクチン開発に乗り出すとともに、感染者の隔離と感染経路の解明に奔走していきました。

そんな中、いち早く伝染病の警鐘を鳴らしていたブロガーのもとには情報を求め人々が殺到してきます・・・。

注目作品ランキング1位

2011年に公開された本作は、世界規模で新種のウイルスが感染拡大していく恐怖を描いたパニックサスペンス映画ですが、Netfilixの人気映画ランキングで1位を獲得する等、現在再注目されている作品です。

公開当時は、新種のウイルスが人類に恐怖をもたらすSFパニック映画という位置づけでしかなかった本作ですが、パンデミックの恐怖や、ウイルスの特定からワクチンの開発に至る過程など、当時から専門家の入念な監修のもと撮影が行われていて、リアルなシミュレーションのような作品内の描写が話題となっていました。

そして、現在新型コロナウイルスが蔓延する状況の中、アメリカを中心に、この映画の世界がまるで現実を描いたドキュメンタリーのようだと捉え、見返す方が急増していて、日本でも注目が高まっている、今最も怖いホラー作品とも言えます。

スポンサーリンク

コンテイジョンがコロナの予言映画と言われている理由

タイトルにもなった“contagion “とは接触感染の意味です。

最近の報道等で、コロナの感染ルートの解明の際に度々出てきたワード「濃厚接触」

本作では、感染ルートやウイルスの特定のために「ウイルスハンター」と呼ばれる職種の人が現地に赴いて、自身も感染するリスクを背負いながらも、徹底的に聞き込みを行っていく様子が描かれています。

そして、その接触感染の流れを追っていくことで、感染拡大を未然に防ぐだけでなく、ワクチン開発の重要な手掛かりを掴むことになっていくのです。

その感染の発端が中国の香港であることから、感染拡大そして、医療崩壊に至るまで現在の新型コロナの状況と酷似したシーンが物語の序盤から展開していきます。

似ているのはそれだけではなく、都市のロックダウン、食料・日用品の買い占め、緊急事態宣言など、現在のコロナ禍をそのまま予見しているかのような社会的混乱まで描かれているのです。

 

新種のウイルスによって引き起こされる様々な事態について警鐘を鳴らす本作。

その劇中の出来事が、余りにも今の世界的状況と合致するために予言映画と言われることになりました。

スポンサーリンク

コンテイジョンの結末ネタバレ

感染源

ヘクストール医師(ジェニファー・イーリー)が治療の研究の末、新種のウイルスがブタ由来の遺伝物質とコウモリウイルスの化合物であることを突き止めた頃、感染源を調査するフランスのオランテス医師(マリオン・コティヤール)は、感染経路を辿るうちに、香港に出張で訪れていたベス(グウィネス・パルトロウ)が、ウイルスが感染拡大する前の段階で亡くなった何人かと、カジノで接触していた事実を明らかにします。

 

日本で最初に亡くなった男性と同じテーブルで隣になり、彼の手に顔を近づけて息を吹きかけている所を防犯カメラで確認。

次に、ウクライナで最初に亡くなった女性のモデルがベスの携帯電話に触れている所を同じく防犯カメラで確認。

香港で最初に亡くなった香港のウエイターが、ベスが口にしていたグラスに接触しているところを防犯カメラで確認。

 

ウエイターが仕事をしはじめた時間の20分前には、既にウクライナの女性はカジノのフロアからいなくなっていることも確認され、ウエイターとウクライナ人女性に接触が無いことから、ベスが初発症例だと突き止めました。

ワクチン

ヘクストール医師らが、命をかけて開発までこぎつけたワクチンは、量産に至るまで時間がかかってしまうことから、疾病予防管理センターはワクチン接種の順番を誕生日で抽選することにします。

レンギョウがウイルスに効果があると誤情報を拡散させた陰謀論者のアラン(ジュード・ロウ)は、ワクチンの効能を疑い止めようとしますが、詐欺罪によって逮捕されました。

逮捕後彼を血液検査したところ、彼にはウイルスの感染はなく、抗体を持っていなかった事実がわかります。

人々がウイルスに効果があると薬局に殺到して、暴動にまで発展したきっかけを作ったレンギョウは、ウイルスには効果がなく、アランが流したデマであることが発覚します。

 

この時点で既に、アメリカでは250万人、全世界では2600万人が犠牲となっていました。

一日目

ベスが感染する数日前、彼女が取締役を務めるアルダーソン社のブルドーザーが森林を伐採してコウモリが飛んで逃げていきます。

そのコウモリはバナナを食べていて、一匹が近くの豚小屋に入り込み、そこで食べていたバナナの欠片を落とすのです。

そのコウモリが落としたバナナの欠片を食べた豚が屠殺され、カジノの調理場へと運ばれました。

そして、それを調理したコックがベスと手を洗わずにベスと握手していました。

彼女はこの時点で感染したのです。

この様子は、彼女の死後、ベスの夫ミッチ・エムホフ(マット・デイモン)が見ていた彼女のデジカメにも映っています。

 

新種のウイルスの感染源はコウモリでした。

スポンサーリンク

まとめ

ラストに判明する感染源のコウモリも、今回の新型コロナウイルスの感染源と考えられている哺乳類です。

「コンテイジョン」の監督や脚本家は、WHOや疾病対策センター(CDC)で取材を重ね、疫学者やジャーナリストから専門的なアドバイスを受けて映画を製作されています。

2002年から2003年にかけて37か国に感染が広がったSARSコロナウイルスに危機感を持っていて、これ以上のパンデミックが起こるのではないかと警鐘を鳴らすために作られたとも言われている本作。

感染が広がっていくにつれて、社会が混乱し、その機能が停止して、世界中が脅威にさらされていく過程が今の新型コロナウイルスにとても似ていると感じました。

まるで予言のようなリアルさがあることが、今話題になっている理由でしょう。

タイトルとURLをコピーしました