スポンサーリンク

スーツ1(前作ドラマ)4話の見逃し動画を無料視聴する方法|ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「スーツ1(前作)」は、全米メガヒットドラマ「SUITS」を原作とした織田裕二さんと中島裕翔さんがお送りするスタイリッシュな弁護士ドラマです。
 
 
2018年10月から前作が放送され、2020年4月からは続編が放送されます。
 
 
第4話では、甲斐は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー「ナノファーマ」に関する情報を得ることだった。なぜなら甲斐は、チカと「ナノファーマ」代表の辛島悠紀夫がデートしているところを偶然目撃していた。
 
 
同じ頃、大輔は、蟹江が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいた。しかし大輔はハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。
 
 
今回は、「スーツ1(前作)」第4話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「スーツ1(前作)」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「スーツ1(前作)」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「スーツ1(前作)」1話から最新話までのネタバレと感想

「スーツ1(前作)」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

スーツ1(前作)4話のネタバレあらすじ

ナノファーマ

ある日甲斐は、ナノファーマの社長の辛島とバーでデートしているところを発見してしまう。

その後、大学の同窓会に現れた甲斐は、後輩でありライバル会社のエース畠中にナノファーマのことを聞き出そうとする。

すると薬害問題で訴訟を起こされるも、勝てそうもない案件に、どこの事務所にも相手されていないと聞かされるのだった。

その頃蟹江主催の親睦会でクイズ大会に臨む大貴は、ハーバードのトリビアを答えられず2位になってしまう。

大貴は、2位の景品として、ボランティア案件を渡されることのなるのだった。

ハーバードのトリビアを答えられなかった大貴をもぐりではないかと疑い始めるのであった。

引き受ける

幸村に呼び出された甲斐は、ナノファーマの件を任されるのだが、負け試合はできないと拒否する。

すると幸村は、上司命令と伝え、さらにナノファーマの代表の辛島とは元夫婦だったことを告白するのだった。

ナノファーマは、関節骨化症という難病の特効薬「レミゼノール」を開発するも、それを服用した患者8名が肝機能障害という副作用が発生してしまう。

その患者たちは、その特効薬の副作用であるとして、ナノファーマに訴訟を起こしたのであった。

その頃ナノファーマの事件を担当することになった甲斐は、辛島と研究員の立花に会いに来ていた。

甲斐は、訴訟では勝ち目がないと伝えると、示談にしようと持ちかけるが、辛島はそれを拒否するのだった。

初体験

一方、蟹江から渡されたボランティア案件に臨む大貴は、家賃滞納によりオーナーから訴えられた春日友加理の話を聞いていた。

友加理は、マンションの悪臭が原因でペットのウサギを亡くしてしまったことでうつ病を発症し、仕事ができなくなったのだと話す。

さらにオーナーへの改善要求を再三行ったが、一向に改善される様子はなく、そのせいでペットが亡くなったのだと話し、オーナーを訴えると言われるのだった。

友加理の部屋を見に行った大貴は、予想以上の悪臭を感じ、オーナーにも非があることを感じる。

そこに立ち退き要請にやってきたオーナーの木島に、悪臭のことを伝えようとする大貴だったが、木島は家の中に入ろうとせずすぐに帰ってしまうのだった。

そんな中、大貴はこの事件で初めて法廷に立つことになり、しかも対戦相手が畠中だったこともあり、裁判に負けてしまう。

データ改ざん?

甲斐は、相手弁護士からの賠償金が50億ということ納得いかず、裁判で争うことになる。

甲斐の手伝いをする大貴は、裁判所で畠中と顔を合わせると、甲斐から「何か裏がある」と言われ、控訴することにするのだった。

ナノファーマの裁判が開始され、相手弁護士が人権派をきどりながら、多額の賠償案件ばかりに手を出していることを指摘する。

しかし相手からも、提出した治験データの1つが意図的に抜かれていることを指摘される。

裁判が終わり、甲斐は辛島たちにそのことを追及するのだが、何も教えられずに帰られてしまう。

事務所に戻った甲斐は、立花と幸村の和解こそが真実を知る近道なのだと伝えるのだった。

被害者の会

木島を調べていった大貴は、買い取り再販業者であることを突き止め、さらに友加理が以前から体の痒みに悩んでいることを伝えられる。

すると、友加理についていたのは日本にはいないタイプのシラミだと分かり、同じような症状に苦しむ人たちを集めるのだった。

その様子を見ていた甲斐は、あることを閃き「本当の被害者の会を見せてやる」と呟くのだった。

ナノファーマの被害者たちを集めた甲斐は、そこで隠蔽されたデータを披露する。

そこには同じく関節骨化症に苦しんでいた辛島の姿があり、公私ともにパートナーだった立花が、そのデータを出すことをためらったのだと説明する。

すると同じ病気の辛島がここまで回復したことを理解した被害者たちは、辛島に協力したいと手を挙げ始めるのだった。

逆転勝利

大きなごみ袋を持って木島の会社を訪れた大貴と甲斐は、そこにいた畠中たちにシラミの事実を突きつける。

木島は、住人を退去させるためにオーナーの仕事をしないばかりか、シラミを部屋に蒔くということもしていたようだ。

そう説明した大貴は、友加理の部屋から持ってきたというカーペットをごみ袋から出す。

部屋中に悲鳴が響くなか「警察に通報しましょうか?」と勝利を確信した大貴であった。

今回も、影で支えてくれたことにお礼を伝えると、そんな大貴のまっすぐな視線にドキドキする真琴であった。

スポンサーリンク

スーツ1(前作)4話の感想

今回も大貴の言動にドキドキする真琴でしたが、この2人なかなか進展はしなそうですね。

それにしても、甲斐の完全勝利は見ていて毎回スカッとさせられますし、できる男の感じがすごくします。

ちょっとだけ映った遊星ですが、怖そうな人たちに追いかけられていました。また面倒なことに巻き込まれなければいいなと思います。

スポンサーリンク

「スーツ1(前作)」の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「スーツ1(前作)」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「スーツ1(前作)」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「スーツ1(前作)」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「スーツ1(前作)」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「スーツ1(前作)」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました