スポンサーリンク

ガキの使い七変化(3月22日)の24時間インタビュー(三四郎小宮)前編の内容ネタバレまとめ!感想も

テレビ番組

2020年3月22日(日曜)の「ガキの使い(ダウンタウンのガキの使いやあらへんで)」は、24時間インタビュー。今回は、三四郎の小宮さんでした。
 
 
2020年3月22日(日曜)放送は、三四郎・小宮の24時間インタビュー前編です。
 
 
この記事では、2020年3月22日(日曜)放送の「ガキの使い(ダウンタウンのガキの使いやあらへんで)」の三四郎・小宮の24時間インタビュー前編の内容ネタバレと感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

ガキの使い三四郎・小宮の24時間インタビュー前編(3月22日)の内容ネタバレ

【出演者】
浜田雅功
松本人志
ココリコ遠藤・田中
月亭方正
 
 
三四郎小宮の24時間ロングインタビュー。

挑戦の舞台は、浅草のとあるホテル。

このホテルの一室で、24時間ロングインタビューは行われる。

インタビューはこちら

1983年 誕生〜幼稚園

1990年 小学校時代

1996年 中学校時代

1999年 高校時代

2002年 お笑い養成所〜現在

の年表をを元に、これまでの人生や未来のことまで語ってもらう。

インタビュアー国川さん。

AM10:00、ロングインタビュー開始!!

国川「体調はいかがですか?」

小宮「花粉症がちょっとひどくて、薬を飲んだら眠くなりますね。口の中に口内炎も出来てて」

国川「生まれたばかりの小宮さんってどんな感じでしたか?ご両親から聞いていらっしゃいますか?」

小宮「可愛かったとは言われますけど」

小宮浩信。

1983年9月3日生まれ。

東京都練馬区出身。

小宮「お坊ちゃんだったらしいので、高い着物着させてもらって喜んでました」

国川「幼少期はどんなお家に住んでいらっしゃいました?」

小宮「一軒家でアパートもちょっと付いてて。アパート経営もしていたんですよ。」

裕福な家庭環境だったという小宮。

国川「お父さんはどんな方でした?」

小宮「お父さんとの思い出はそんなないですね」

国川「お家では怖いお父さん?」

小宮「怖いも何もあまり喋らなかった。距離を置いてました」

国川「なんでですか?」

小宮「なんでだろ。合わなかった、話が」

国川「お母さんはどんな方でしたか?」

小宮「お母さんとも全然喋ってなかったですね。イメージ的には、高校1年生でお母さんが亡くなったんですけど、結構ずっと勉強しろ、勉強しろみたいなイメージですね」

国川「ご両親とのエピソードがあまりないみたいですが、別々に暮らしてたんですか?」

小宮「一緒に暮らしてたんですけど、歩いて20mくらいの距離にいるおじいちゃん、おばあちゃんの所に行ってました」

共働きで忙しかった両親。

親子の距離をあまり縮められることも出来ないまま幼稚園へ入園。

国川「幼稚園の時友達たくさんいましたか?」

小宮「いないです。幼稚園の時は、いつも教頭先生と一緒にいた覚えがありますね」

国川「教頭先生と保健の先生とは何話してたんですか?」

小宮「教頭先生、女性の先生ですごい鼻くそとか付けてきて、僕の味方だと思ってたんですけど、全然違いました。それが本当に嫌で、そこから女性不信、人間不信になりました」

女性不信、人間不信になったまま小学校に入学した小宮。

国川「小学校時代のトラウマはありますか?」

小宮「イジメとかはありました」

国川「いつ頃からですか?」

小宮「小五の後半くらいからかな」

国川「どんなことをされたんですか?」

小宮「ランドセルを発電所に投げ込まれたりして」

国川「今、そのイジメてた子がテレビ見てるかもしれないので、一言お願いします」

小宮「その頃はさ、みんなの方が上だったと思うけど、今は僕の方が上なんで、お疲れ様でした」

国川「気が済みました?」

小宮「嫌な気分になったな、自分も。まあ、幸せに、家族を大事に生きていってください」

国川「今ので大丈夫ですか、本当に」

小宮「ちょっとなんか変な感じ。僕をみて笑ってよ、過去のことは水に流して」

開始から2時間が経過。

ここでインタビュアーが小島さんに交代。

小宮には昼食をとってもらう。

小島「普段、どんなものを食べてますか?」

小宮「柔らかいものですかね。今、奥の歯全部抜いたんでないんですよ。だからちょっと食べづらいんですよ」

小島「松本さんが、ご飯を食べるのが遅い人は売れないって言ってたんですけど」

小宮「え?あ、そうなんですか。ちょっと待ってよ。だって歯がないし」

続いて、中学生時代の話へ。

中学受験で、有名私立中学に入学した小宮。

小島「小学校時代に結構酷いイジメにあって、中学時代はどうだったんですか?」

小宮「ありましたよ。消しゴム食べさせられたり、結構いじられて」

いじられキャラとして友達が増えていった小宮。

そんな中、海で行われた学校行事で、相方である相田に衝撃を受けたという。

小宮「今思うとパロディーなんですけど、ダウンタウンさんのMr.BATERが面白くって、高校まで品がないってダウンタウンさんの番組は見せてもらえなかったんだけど、ウッチャンナンチャンはいいけど、ダウンタウンさんはダメ。それで、僕が相田に話したことをきっかけで仲良くなりました」

小島「片思いとか恋愛はしてましたか?」

小宮「そうですね。クラスのマドンナみたいな子に片思いしてました」

小島「アプローチとかしたんですか?」

小宮「クラスの中でも一軍に僕所属してたんですよ。4人くらいいて。その4人のうち3人に彼女がいて、僕だけいないから仲間外れにされちゃったんですよ。

仲間に入れて欲しくって、僕もいるよって、マドンナみたいな人を好きだって言ったら、告白しろよって言われて。

修学旅行の沖縄旅行で、男子のコテージと女子のコテージの真ん中に大きな木があって、そこに女の子を呼び出して来てもらったんだけど、沖縄旅行楽しんでねみたいな感じで終わったんですね。

他の男子は、コテージから見てるから内容は分からない。だから、戻った時にどうだったって言われて、まあまあって言って付き合ったことにしちゃって、でも男女の中がそんなによくなかったからバレないと思って。

でもそしたら半年後に、何でも口出す女子っているじゃないですか。

その女子に呼び出されて、そしたらクラスの女子が全員円を囲むようにいて、その中に入らされて、端から、嘘つき、ザコとか悪口言われて、もうそこから仲間外れ」

開始から3時間経過。

食事を終えた小宮は、学生時代を過ごした思い出の街へ。

小島「中学時代の趣味について教えてください」

小宮「チリチリパーマだったんですよ。だからその時の趣味は髪の毛。雑誌とかを見たりするのが趣味だったかもしれない。」

小島「周りもそんな感じでした?」

小宮「東京の中でも一番都会みたいな学校だったんで、結構ませてる子が多かったですね」

やって来たのは、中学・高校を過ごした世田谷区・成城。

駅前にある喫茶店でインタビューの続きを行う。

小島「高一の時にすごいショックを受けたことがあるって聞いたんですけど」

小宮「母親が亡くなりました」

小島「結構ショックだったんですよね?」

小宮「まあそうですね。でも、結局おじいちゃんとおばあちゃんとかの方が仲良かったんで、自分的にはそんなにショックを受けなかったのが本心ですかね」

小島「結構唐突すぎて、実感が湧かなかったのが実情ですかね?」

小宮「人はやっぱりいつだって死ぬんだと思ったから、そっから勉強しなくなりましたね。勉強しても死ぬんだって思ったら、ま、勉強しなくてもいいかなって」

母親の死をきっかけに勉強をしなくなったという小宮。

その結果、高校2年の時に留年。

小島「恥ずかしいっていうのはなかったですか?」

小宮「恥ずかしいっていうのはなかったですね。みんな”さん”付けで呼んでくれて。影では小宮って呼び捨てにされてたらしいですけど」

小島「それはどういう経緯で知ったんですか?」

小宮「トイレに入ってたら、外から”めっちゃしゃしゃり出てくるじゃん小宮。留年してるからこっち何も言えないじゃん”って話しを聞いちゃって。そこから出られなかったですよね」

部活はホッケー部に所属。

東京都選抜にも選ばれ、マジメに取り組んでいたが、高3の時にある事件が。

小宮「部活の部室が、小学校の通学路の横にあって、留年してるから部室で着替えるのが申し訳ないと思って。

外で着替えてたら、小学生の子が着替えてる時に、脱ぐたびに笑ってくれたから、トランクス一丁になって追いかけたら、次の日、学校にお母さんとその子がやって来て、変質者が現れたって。

その時金髪で派手だったんで、金髪でキツネ目の男がいるって捕まえたいだよって、校内放送で”金髪で目の細い奴集まれ”ってなって集めさせられて、片っ端からお母さんが子供に、”この人?”って聞いて、バレますよね”このお兄ちゃん”ってなって。

“あんたどうなってんの?”って。そっから、その噂がバレて、全校生徒に。勘違いされて、みんなにシカトされました」

開始から6時間経過。

小宮の希望で、思い出の公園でインタビュー。

小島「ここは思い出深い公園何でしょうか?」

小宮「ここは、養成所入って、ライブ出るためのネタ合わせした場所がここです」

高校の文化祭で、漫才を披露。

それがきっかけでお笑い芸人を目指す。

高校を卒業し、人力舎のお笑い養成所へ。

同期の中では1番の実力だったというが、吉本のあるコンビでその状況は一変する。

小島「吉本養成所でその頃1番っていうのは」

小宮「オリエンタルラジオですね。あの時のオリエンタルラジオは、破竹の勢いだったんで。それでセンスが無いんじゃないかって。それでもうちょっと辞めようかなと思って、僕は辞めたんでよ、1回」

しかし、お笑い芸人になる夢を諦めることができず、フリーになりトリオで活動。

1年ほどでトリオを解散したが、再び相田と三四郎を結成。

フリーのまま5年ほど活動したのち、今の所属しているマセキ芸能社へ。

開始から9時間が経過。

ホテルに戻り、小宮のブレイクしたきっかけを聞く。

インタビュアーは再び国川さん。

国川「ブレイクのきっかけは何だったんですか?」

小宮「テレビ東京の番組で、芸人が選ぶこの若手がすごいランキングで1位になって。投票してくれたのがきっかけですね」

国川「その収録の時のことを詳しくお聞かせいただきたいんですが」

小宮「収録の2日前に転んで歯がかけちゃって、膝も骨ヒビ入っちゃって。

それでその車椅子の状態で、とりあえず漫才やるんですけど普通に漫才できないんですけど、もう終わったみたいな感じで自分では思ってたんで、破れかぶれみたいな感じで。

今思えば良かったのかも知れないです」

インパクト抜群なのが評判を呼び、徐々にテレビの露出が増え、売れっ子芸人に。

そして、学生時代の憧れダウンタウンとも共演。

国川「小宮さんにとってのダウンタウンさんとはどんな存在ですか?」

小宮「オアシス。高校とかで、いじめられたりとかしてたけど、DVDとか観たらそれで消化させられてたんでオアシスですね。

あの当時のバリバリに尖ったダウンタウンのDVD観て笑ってんのは、社会不適合者か、変人か犯罪者だけなんですよ」

国川「ガキの使メンバーで1番合わないのは誰ですか?」

小宮「浜田さん。申し訳ないんですけど、昔、学生時代いじめられてた人にそっくり。ああいう人に、めちゃくちゃ消しゴム食えよと言われてました」

スポンサーリンク

ガキの使い三四郎・小宮の24時間インタビュー前編(3月22日)の感想

今回は、ガキ使恒例の24時間ロングインタビューでした。
 
 
三四郎の小宮さんは、少し屈折してるように感じてましたが、どうしてそうなったのか分かるようなインタビュー内容でした。
 
 
後半戦も楽しみです!
 
 

笑ってはいけない2019青春ハイスクールの内容ネタバレその1!感想も
 
笑ってはいけない2019青春ハイスクールの内容ネタバレその2!感想も
 
笑ってはいけない2019青春ハイスクールの内容ネタバレその3!感想も
 
笑ってはいけない2019青春ハイスクールの内容ネタバレその4!感想も
 
笑ってはいけない2019青春ハイスクールの内容ネタバレその5!感想も
 
笑ってはいけない2019青春ハイスクールの未公開シーン内容ネタバレ!感想も
 
ガキの使いの笑ってはいけない青春ハイスクール完結編(1月5日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いのモルック(1月12日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いのタピオカ選手権(1月19日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いの山1グランプリ2020(1月27日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いの田中やってる疑惑検証(2月2日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いのツーショットトーク前半(2月9日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いのツーショットトーク後半(2月16日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いのランナー(3月1日)カブらず歌いきりの内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使いの芸人が考えたゲーム(3月8日)の内容ネタバレまとめ!感想も
 
ガキの使い七変化(3月15日)のチョコプラ長田の内容ネタバレまとめ!感想も
スポンサーリンク

ガキの使いやあらへんでの見逃し動画を無料視聴する方法

「ガキの使いやあらへんで」を今すぐ見たいという方に視聴する方法を調べました。
 
 
「ガキの使いやあらへんで」は、日本テレビ運営の動画配信サービス「Hulu(フールー)」見逃し動画を視聴することができます。
 
 

 
 
「Hulu(フールー)」は、2週間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「ガキの使いやあらへんで」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Hulu(フールー)が2週間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「ガキの使いやあらへんで」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はHulu(フールー)のサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました