スポンサーリンク

マルモのおきて8話の見逃し動画を無料視聴する方法|ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「マルモのおきて」は、30代の独身サラリーマン・主人公・高木護が、死亡した親友の忘れ形見である幼い双子を引き取り、懸命に育てながらも共に生きる姿を描くドラマ。
 
 
2011年4月から放送された阿部サダヲさんと芦田愛菜さんのダブル主演作。
 
 
第8話では、とある日曜日の朝。ぐっすり眠っている護を薫と友樹は揺り起こす。今日は日曜参観の日だ。日曜参観では、さっそくおとぼけ発言を披露する友樹だったが、しっかり者の薫の姿に、護も満足げ。
 
 
そして担任の杉下からは、お父さんやお母さんの仕事についてどんなことでもよいので調べてくるようにと宿題が出る。
 
 
今回は、「マルモのおきて」第8話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレと感想

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

マルモのおきて8話のネタバレあらすじ

日曜参観

日曜の朝、いつも通り寝坊する護を薫と友樹が起こしにやってくると、今日は日曜参観だと伝えていた。

大慌てで準備をした護は、薫と友樹と一緒に日曜参観へとむかっていくのだった。

授業を見ていた護は、お調子者の友樹やしっかりものの薫の元気一杯な姿をほほえましく見つめていた。

すると授業の終盤に、両親の仕事について調べるという宿題を出された児童たちは、お仕事調査隊に任命されるのであった。

日曜参観も終わり、1人で家に帰っていく護は、付き合ったばかりのかなからランチに誘われ、大喜びで待ち合わせ場所に向かっていくのだった。

誤魔化す護

かなとランチを楽しむ護は、くだらない話や物真似などでお互いの新たな一面を見せあっていた。

すると薫からお腹がすいたと連絡がきた護は、なんとか理由をつけると家へと戻っていくのだった。

その夜、お仕事調査隊の宿題のために、護を質問攻めにする薫と友樹は、かなから来たメールの返信で忙しいと言われてしまう。

なんとか2人を寝かしつけた護は、クジラに降りていくと、そこに通いつめる真島の姿に驚く。

護が返信に2時間もかかっていると話すと、真島も彩も呆れた表情をして、アドバイスを送る。

すると陽介から、2人のことを話したのかと聞かれた護は、未だに伝えられていないことを話す。

それを聞いた陽介は、なによりも子供が大事なんじゃないのか?と言われ、浮かれる自分を反省するのだった。

護の職場に潜入

護の職場見学を望んでいた薫と友樹であったが、会社には秘密にしているからと断られてしまう。

すると部屋に戻った薫は、あることを思い付いてしまい、友樹にその作戦をこっそりと伝えていた。

翌朝、いつまでも起きない2人に声をかけた護だったが、日曜参観の振替なのだと伝えられる。

納得した護は、急いで会社へと出掛けていくと、こっそりと準備していた2人が、護の職場に潜入する作戦を決行するのだった。

なんとか護の職場に潜入した2人だったが、護の働く姿を見ていた2人に護が気がつき、びっくりした表情をする。

逃げ回る2人をなんとか捕まえた護は、倉庫に2人を隠すと、すぐに送っていくと伝えるのだった。

ばれた

なんとか理由をつけて2人を送り返そうと画策する護だったが、なかなか外にでる機会がなく困っていた。

そんな中、倉庫に行くと話す同僚に気づいた護は、自分が行くと伝え倉庫に向かっていく。

しかし、トイレに行きたくなってしまった薫と友樹はすでに倉庫を抜け出し、トイレへと進んでいく。

そんな2人の姿をかなが発見してしまい、護のところへと連れていくのであった。

観念した護は、親友の子供を預かっていると伝えると、同僚や上司からの温かい言葉に喜ぶのだった。

続けてみましょう

2人のことを隠していたことをかなに謝る護は、もうだめだと諦めモードになっていた。

しかし、護らしいと話すかなは、もう少しお付き合いを続けてみようと提案するのであった。

その日の夜、かなから映画に誘われた護だったが、薫と友樹がだだをこねたため、公園でのピクニックに行くことにするのだった。

そこでかなは、護が一生懸命父親の仕事をしていることを目の当たりにし、笑顔で見つめていた。

夕飯を家で食べようと誘った護は、子供たちと歌いながら帰っていくのであった。

フラレた

かなを家に案内した護は、この日のために買っておいたというスリッパをかなに出す。

しかし、心にずっとひっかかりを感じていたかなは、家に上がることなく帰ってしまう。

ムックに背中を押されかなを追いかけていった護だったが、かなから「家族はゆっくり作っていきたい」と、子供がいることの障害を口にする。

別れたくない護は、親戚の家に戻そうといいかけるが、その言葉を飲み込み、かなと別れることを決意するのだった。

陽介のところへうなだれてやってきた護は、かなと別れたことを告白し、ビールをあおる。

そして、親戚に戻すといいかけてしまった自分が最低だと自己嫌悪に陥ると、陽介からはそれでも言わなかったことを褒められるのだった。

パパでありママ

落ち着いた護が部屋に帰っていくと、お仕事調査隊の作文に花丸をもらったと言われる。

そこで友樹と薫が調べたことを発表し、護は昼間の仕事はパパみたいで、家事をする護はママのようだと伝えられる。

その言葉に感動した護は、2人を抱き寄せると、涙を流し喜ぶのであった。

翌朝おきてノートを取り出した護は「そうじはちゃんとやる!あしうらせいけつ!バイバイスリッパ」と書き、3人楽しく部屋中を掃除するのであった。

スポンサーリンク

マルモのおきて8話の感想

最初はかなも2人を受け入れたのかと思いましたが、仲が良すぎる3人を見てなにかを感じたようです。

そんな話を聞かされていた彩のあの表情は、やっぱり護のことが好きなのかなと思います。

それにしても、あんな可愛らしい双子に、あんな作文を読まれたら誰でも泣いてしまいそうなくらい感動的な作文でした。

スポンサーリンク

「マルモのおきて」の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「マルモのおきて」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「マルモのおきて」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「マルモのおきて」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました