スポンサーリンク

マルモのおきて7話の見逃し動画を無料視聴する方法|ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「マルモのおきて」は、30代の独身サラリーマン・主人公・高木護が、死亡した親友の忘れ形見である幼い双子を引き取り、懸命に育てながらも共に生きる姿を描くドラマ。
 
 
2011年4月から放送された阿部サダヲさんと芦田愛菜さんのダブル主演作。
 
 
第7話では、護は、薫と友樹がもうすぐ誕生日だと知る。一緒に暮らして初めての誕生日を祝ってやりたいと考えた護は、双子に何が欲しいかを尋ねる。しかし双子は「サンタさんにお願いしたから大丈夫」と話す。護はサンタさんはクリスマスにしか来ないから、何が欲しいのか教えて、と言うが亡くなった双子の父・笹倉から他の人に教えたらいけないと言われた双子は欲しい物を話そうとしない。
 
 
今回は、「マルモのおきて」第7話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレと感想

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

マルモのおきて7話のネタバレあらすじ

前に会ったことある?

学校生活にも慣れ、友達も出来てきた薫と友樹の後ろを一人の女性がその姿を見守っていた。

すると友樹が自転車にひかれそうになり転んでしまい、膝を怪我してしまうのであった。

慌ててかけより、怪我の処置をする女性は、鞄の中からお菓子を取り出すと2人に渡す。

しかし、しらない人から物をもらってはいけないと思い出した2人は、謝りながらそれを返す。

すると薫は「前に会ったことある?」とその女性に聞いていた。そこに通りかかった彩から声をかけられ、答えを聞く前に一緒に帰っていくのであった。

もうすぐ誕生日

薫と友樹を連れて遊びに来ていた護は、不審者と間違われ警察に連れていかれてしまう。

するとそこで薫たちの誕生日を聞かれた護は、即答できずにもうすぐたと教えられるのだった。

誕生日が近いことを知った護は、プレゼントは何がいいのかとと2人に聞いてみる。

しかし2人ともサンタさんにお願いしたと告げると、護には内緒なのだと話すのだった。

2人のプレゼントに迷っていた護は、職場や彩たちから聞き込みを行うが、納得のいく返答が得られずに、時間だけがすぎていくのだった。

なんだそれ!

サンタさんにお願いしたと聞いた護は、サンタ宛ての手紙が家にあるのではないかと聞き、薫たちが寝たあとに机のまわりを調べ始める。

すると、箱の中の靴下の中に大切しまわれたサンタ宛ての手紙を発見し、中を確認する。

すると薫は”かしゃかしゃ”友樹は”ぷちぷち”が欲しいと書いてあり、暗号のような欲しいものに頭を悩ませる。

ムックにも協力を頼み、なんとか聞き出そうとする護だったが、ぷちぷちとかしゃかしゃがなんなのか、まったくわからなかった。

思いきって薫と友樹にそれがなんなのか聞いてみた護であったが、ふざける友樹たちからまったく聞き出せなかった。

昔の連絡ノート

護はなんとか情報を得ようと、荷物を漁っていると、保育園の連絡ノートを発見し、中を見てみることにした。

すると、別れた母親のあゆみが先生と連絡を取っていた内容に”かしゃかしゃ”と”ぷちぷち”がかかれていることに気がつく。

さらに、お店屋さんごっこをしていたと書かれており、なんとかヒントを得るのであった。

そして誕生日当日、まだプレゼントが用意できていない護は、商店街を歩いていると、あることに気がつきプレゼントが判明する。

大急ぎでプレゼントを集め家に帰った護は、2人に”包装用紙”と”クッション材”をプレゼントするのであった。

サンタさんしか知らないプレゼントの内容だったのにと大喜びする2人であった。

あゆみからのプレゼント

誕生日パーティーをしていると、彩がやってきてあゆみが来たことを知らせに来る。

あゆみに会いに行った護は、2人が護といることの方が幸せだと判断し、会わないことに決めたと話をされる。

そして最後のプレゼントとして、手作りのお菓子を護に手渡すとそのまま帰っていくのだった。

2人が待つ部屋に戻った護は、友達からもらった物だとそれを手渡すと、中には手作りのカステラが入っていた。

2人は、絵本の「グリとグラ」に出てきたカステラが大好物だと話し、大喜びするのだった。

そのカステラを食べた護は、その美味しさに感動しながら、あゆみに厳しい言葉をかけてしまったことを後悔するのだった。

変わってませんよ

喜ぶ2人の姿を見た護は、いてもたってもいられず、あゆみのことを追いかけていく。

あゆみを呼び止めた護は、2人の趣味や好きなものが変わっていないことを伝えると、会っていくことを勧める。

あゆみのことを護の友達だと紹介すると、手当てをしてくれたことにも納得していた2人は、あらためてお礼を伝えていた。

2人の前にやってきたあゆみは、2人にいい子でいるようにと告げると、優しく笑顔をむけるのであった。

2人の笑顔で見送られるあゆみは、涙を流しながら帰っていくのであった。

ずーっと祝ってやるよ

あゆみが帰った後、パーティーの続きをする護たちは、美味しい料理を食べながら楽しいパーティーをしていた。

すると護は「誕生日は 家族みんなでお祝いすること」とおきてを書くのだった。

それを聞いた薫は、8歳9歳、10歳になってもずっとお祝いしてねと声をあげる。

それに護が「おまえらの誕生日をずっとお祝いしてやるよ」と笑顔の誕生日パーティーを楽しむのであった。

スポンサーリンク

マルモのおきて7話の感想

護と薫と友樹な3人の仲のいい雰囲気は見ていてとても幸せそうな家族だなと感じました。

2人がとても護のことを好きなことがすごくよくわかり、さすがの実母であるあゆみも仲に割って入ることができないようでしたね。

そんな護もすごく子供たちを大切にしているようで、言葉こそ悪いですが、とても愛情の籠った言葉をかけています。

実母であるあゆみがやってきてピンチを迎えましたが、このピンチも無事乗り越えてますますいい家族になってきてるなと感じました。

スポンサーリンク

「マルモのおきて」の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「マルモのおきて」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「マルモのおきて」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「マルモのおきて」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました