スポンサーリンク

マルモのおきて6話の見逃し動画を無料視聴する方法|ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「マルモのおきて」は、30代の独身サラリーマン・主人公・高木護が、死亡した親友の忘れ形見である幼い双子を引き取り、懸命に育てながらも共に生きる姿を描くドラマ。
 
 
2011年4月から放送された阿部サダヲさんと芦田愛菜さんのダブル主演作。
 
 
第6話では、護にキャッチボールを教わる薫と友樹。そこへ、薫と友樹のクラスメートである隼人が通りがかる。薫は隼人の両親が忙しく、いつも1人で遊んでいるので一緒にキャッチボールしようと声をかけようとするが、隼人はそそくさとその場を離れてしまう。
 
 
翌朝、薫が隼人に今度は一緒にキャッチボールをしようと話すと、隼人は明るい表情を見せるが、周りの男子生徒から「女とキャッチボールか」とからかわれて、隼人は思わず薫にきつい言葉をかけてしまう。
 
 
今回は、「マルモのおきて」第6話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレと感想

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

マルモのおきて6話のネタバレあらすじ

からかわれた薫

公園でキャッチボールをしていた護たちは、遠くにクラスメートの隼人がいることに気がつく。

薫がキャッチボールに誘うのだが、隼人は逃げるように帰っていってしまうのだった。

翌日学校に行った薫は、隼人に今度キャッチボールをしようと誘うと、笑顔を見せる。

しかし、周囲からからかわれてしまった隼人は、薫にきつい言葉をかけ、薫をからかうのであった。

その頃会社終わりに牧村を待っていた護は、先日の無理なお願い事を謝り、お詫びにと食事に誘う。

それを快諾された護は、浮かれて帰宅をし、薫と友樹にデートすることをつたえるのであった。

女心がわかってない

夕食を食べていた護は、いつもと様子が違う薫に気がつくと「言いたいことがあるなら言いなさい」と声をかける。

薫は隼人から、からかわれたことを護に相談すると、無視するのが一番だと言われ納得いかない表情を浮かべる。

そのことを彩に相談すると、女心がわかっていないと怒られてしまい、さらにはそれだから結婚できないのだと言われてしまうのだった。

さらに職場でも同じように、気持ちがわかっていないと言われた護は、自分は好きだったこをからかっていたと話す。

周囲から責められる護のもとに鮫島がやってくると、明日お得意様のところへ行くから資料を見返すようにと言われるのだった。

どうせ別々になる

薫は学校で隼人から言われた「本当の親子じゃないなら、どうせ別々になる」と言われたことを気にしていた。

夕食も取らず資料を見続ける護を見た薫は、翌朝一人で早く起きると、コーヒーやトーストなど朝食の準備をし始める。

しかし、操作方法を誤ってしまった薫は、資料をコーヒーまみれにしたり、トーストを焦がしたりと失敗してしまう。

それを発見した護は、薫の気持ちも知らずつい叱ってしまうのであった。

鮫島の得意先のついていった護は、元クレーマーの客の雰囲気に少しだけ怖じ気づいてしまう。

しかし、そんなお客だからこそ、よりよい商品を開発するには耳を傾けるべきだと言われるのであった。

その話に感動する護だったが、小学校から薫のことで呼び出されてしまい、大急ぎで向かっていくのだった。

謝らない

薫は、護とのことをバカにする隼人を追いかけている最中に、転ばせて怪我をさせてしまうのだった。

呼び出された護は、隼人に頭を下げ謝るのだが、薫は謝ろうとはしなかった。

その帰りに、謝ることで相手の心を開き仲良くなれるかもしれないと話す護だったが、薫は頑なにそれを拒む。

それを聞いた護は「勝手にしろ」と怒ってしまい、喧嘩をしてしまうのであった。

その夜、陽介の元を訪れた護は「喧嘩したり、相手をムカついたりするのは、遠慮がなくなった証拠だ」と言われるのだった。

翌朝仕事の準備をする護は、学校に行きたがらない薫を叱ってしまい、友樹を連れて職場に行く。

薫にお昼を届けにきた彩は、薫が隼人から言われたことで、護に嫌われたくないと感じていることを知る。

そのことを彩から教えられた護は、あることを思いつき、備品室から大量の消しゴムを取り出すのであった。

謝ろう

友樹と留守番していた薫は、いつになっても帰ってこない護のことを心配していた。

さらにこのまま帰ってこなかったらと考えてしまった薫たちは、悲しくなってしまい護に会いに行こうと外に飛び出す。

その頃、仕事を終え駅に帰って来た護は、薫と友樹の2人の姿を発見すると様子をみていた。

すると薫は、護に謝りたいといって、これまでわがまま言っていたことを友樹相手に謝る練習をしていた。

そんな2人の姿を見た護は、2人に近寄ると、涙を流しながら謝る薫と友樹を抱き締めるのだった。

家族スタンプ

護は在庫になっていた消しゴムを使い、護たちとムックが描かれた”家族スタンプ”を作ってきていた。

それを薫にプレゼントすると、おきてノートを取り出し「好きでも嫌いでも家族」と書き出す。

護はどんなに嫌になっても一緒にいることが家族なのだと伝えるのであった。

翌日薫は、隼人の所へいくとごめんなさいと謝り、家族スタンプを腕に押してあげる。

さらにもうひとつ”ごめんね” というスタンプを押してあげると仲直りすることができるのだった。

2人の母親

休日護たちはキャッチボールをしにいつもの広場へやってくると、そこに隼人が来る。

隼人を誘って4人でキャッチボールをすることになり、楽しい時間を過ごしていた。

するとそこに、笹倉の兄が現れると護と話をし始める。

笹倉の兄は、2人のことをお礼を伝えると、母親から連絡があったことを告げる。

2人を置いていってしまったことで反感をかっていた母親をよく思わないきょうだいたちは、子どもたちを返すつもりがないことを話す。

護たちの生活に、不穏な空気が流れるのだった。

スポンサーリンク

マルモのおきて6話の感想

護が子どもたちを迎えにいったシーンではとても優しく感動的な言葉をかけていました。

隼人とも仲直りできた薫も、またひとつ大人になった感じでしたね。

そして母親がでてくるようなので、これからの生活がどのようになるのか、注目したいと思います。

スポンサーリンク

「マルモのおきて」の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「マルモのおきて」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「マルモのおきて」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「マルモのおきて」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました