スポンサーリンク

マルモのおきて3話の見逃し動画を無料視聴する方法|ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「マルモのおきて」は、30代の独身サラリーマン・主人公・高木護が、死亡した親友の忘れ形見である幼い双子を引き取り、懸命に育てながらも共に生きる姿を描くドラマ。
 
 
2011年4月から放送された阿部サダヲさんと芦田愛菜さんのダブル主演作。
 
 
第3話では、高木護と笹倉薫、笹倉友樹、ムックの共同生活が始まった。小学校の入学も決まり、みんなでランドセルを買いに行くことにする。値段を見てあ然とする護だがランドセルを購入。喜ぶ友樹の脇で薫の表情が曇っていることに気付いた護は、薫が欲しがっていて品切れだったピンクのランドセルを探す約束をした。
 
 
今回は、「マルモのおきて」第3話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレと感想

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

マルモのおきて3話のネタバレあらすじ

入学準備

薫と友樹が小学校に入学することを知った護は、慌ただしく手続きを済ませ、小学校からの説明を受けていた。

すると護は、準備するもの多さに唖然としてしまうのだが、入学することを楽しみにしている2人のために頑張ることを決意する。

そして入学に際して最も重要なランドセルに気がついた護は、2人を連れてランドセル選びに向かっていく。

友樹のランドセルはすぐに見つかったのだが、薫はピンクのランドセルが欲しかったらしく、護はピンクのランドセルを探すことを約束するのだった。

さらに、エプロンや雑巾など手作りで準備することになってしまった護に、手伝いとして彩が加わることになるのだった。

遠慮してる

護が仕事に出掛けたあと、薫と友樹を散歩に誘った彩は、通学路を歩いてみようと提案する。

商店街を歩いていると、ハートがたくさんついたピンクのランドセルに釘付けになる薫。

それを見た彩は、護が探してきてくれると声をかけると、楽しみだと笑顔をみせるのだった。

その夜、護は薫と友樹の入学の準備の支度を始めており、慣れない裁縫に手をわずらわせていた。

その頃クジラでは、彩が陽介に薫が遠慮しすぎているようだと相談していたが、一緒に住みはじめたばかりだと様子をみるようにと話すのだった。

いちごのり

その頃あけぼの文具では、新商品の見た目も匂いも、いちごジャムそっくりに作られた「いちごのり」に問題が発生してしまう。

本物そっくりに作られており、それを食べてしまう子どもが続出し、クレームが多く寄せられているのだった。

護たちは、納入先に謝罪に回り、注意書きのシールを貼り付けにむかっていくのであった。

へとへとになりながらも、会社に戻ってきた護は、節約のためと備品室からノートやペンを持ち帰る。

家に帰った護は、ノートやペンや消しゴムを薫たちにあげるのだが、キャラクター物が欲しいとだだをこねる友樹だった。

反対に薫は、我慢をしているようで「大人っぽい」といって文房具を喜ぶのであった。

パパとの約束

ある日仕事途中で半額になっているピンクのランドセルを発見した護は、その場で即決し買って帰る。

喜ぶ姿を見せる薫だったが、護の買ってきてくれランドセルにはハートの飾りがないことに彩が気がつく。

笹倉の入院中、薫はハートのマークがたくさんついたランドセルをおねだりしていた。

元気になったら買ってあげると言われた薫は、笹倉と指切りをしたのだが、結局その約束は果たされることはなかった。

薫は引き取られたことを十分に理解し、護に甘えられずに無理をするのであった。

真島にバレる

夜通し入学のための裁縫を続けていた護は、寝過ごしてしまい心配した真島が迎えにやって来る。

すると真島に薫と友樹の存在がばれてしまい、友人の子どもたちを預かっているのだと話す。

お人好しすぎるといいながらも、護の考えに感動し、護を見直す真島なのであった。

翌日、入学式当日に慌ただしく準備をしていた護は、入学式に行けないことを謝っていた。

仕事だから仕方ないとしっかりとした考えを話す薫は、護を仕事に送り出すのだった。

まだ間に合いますよ

いちごのりのシールを張り替える作業に出掛けた護は、彩からの電話に気がつく。

薫が先日学習机に釘付けだったことから、物置の掃除にやってきた彩は、2人が上履きを忘れていると連絡をしてくる。

忘れているはずないと答える護は、入学式に行っていないこと彩から叱られてしまう。

彩は、護に元気な返事を聞かせるために毎日練習をしていたことを聞かされるのだった。

さらに本当に欲しがっていたのは、ハートがたくさんついたピンクのランドセルなんだと話す。

薫に無理をさせていると知った護は、真島から「間に合いますよ」と言われ、小学校へと急いでいく。

遠慮は無用

入学式の会場についた護を発見した薫と友樹は、喜んで笑顔になるのであった。

名前を呼ばれた薫と友樹は、練習したかいもあって、元気いっぱいに返事をするのだった。

そんな2人をほほえましく見る護は、スリッパを履き、私服で参加させてしまったが笑顔で参加する2人に胸をつまらせる。

入学式終了後、看板の前で写真をとることになった3人のもとに、ムックがやってきて3人と1匹は仲良く写真を撮るのであった。

家に帰ってくると、彩と陽介によって薫たちに勉強机が用意されており、大喜びする薫と友樹なのであった。

その夜、おきてのノートを取り出した護は”遠慮無用”と書き足すと、家族なのだと伝える。

するとムックと普通に会話する薫と友樹に驚いた護は、自分の心の声ではないのかと疑問に思う。

すると薫と友樹とムックは「しゃべれるよ」と普通に答えて護を驚かすのであった。

スポンサーリンク

マルモのおきて3話の感想

2人の入学式で、一生懸命挨拶をする元気な2人の姿を見てすごく感動してしまいました。

親代わりの難しさを感じたようで、かなり反省することがあったような護でした。

ついにしゃべれることがはっきりわかったムックですが、ムックは一体何者なのでしょうか。

スポンサーリンク

「マルモのおきて」の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「マルモのおきて」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「マルモのおきて」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「マルモのおきて」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました