スポンサーリンク

マルモのおきて2話の見逃し動画を無料視聴する方法|ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「マルモのおきて」は、30代の独身サラリーマン・主人公・高木護が、死亡した親友の忘れ形見である幼い双子を引き取り、懸命に育てながらも共に生きる姿を描くドラマ。
 
 
2011年4月から放送された阿部サダヲさんと芦田愛菜さんのダブル主演作。
 
 
第2話では、犬がしゃべるのを聞いた高木護は、メンタルクリニックへ診察に訪れる。自分の心の声が聞こえているのかもしれないと診断に納得する護。その頃、護の部屋で留守番していた笹倉薫と友樹は犬にムックという名前をつける。
 
 
出社した護の元に双子の叔父にあたる笹倉秋人が訪ねてきた。秋人は日曜には2人を迎えに来ると、それまでの着替えなどを手渡す。護はその後も2人一緒に暮らす手立てはないかと聞くが、秋人は苦い顔で首を横に振るだけだ。
 
 
今回は、「マルモのおきて」第2話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレと感想

「マルモのおきて」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

マルモのおきて2話のネタバレあらすじ

自分の心の声

犬が言葉を話したことで、自分が心配になった護は、メンタルクリニックの診察を受けに来ていた。

すると健康な人でも、ストレスや喪失感から幻聴を聞くことがあると言われ、笹倉のことを思い出し納得する。

その後会社に出社した護は、笹倉の兄である秋人がやってくると、日曜日には迎えに行くと、2人の着替えを渡しにやってくるのだった。

着替えを渡された護は、同僚たちにバレないようにしていたが、薫の靴下を落としてしまい、慌てて誤魔化すのであった。

その頃護のアイスを勝手に食べてしまった友樹は、怒られないようにと薫とともにアイスを買いに外へ出掛けていくのだった。

大切なお金

近所のお店でアイスを買った2人だったが、その帰り道困っているお婆さんを助けると、帰り道を迷ってしまうのだった。

そんな2人を見かけた警察官が声をかけ、交番へと連れていくのだった。

薫と友樹が交番で保護されたと連絡を受けた護は、会社を早退し交番へと急いで向かう。

複雑な状況を説明し、なんとか理解してもらえ、解放された護は友樹たちに何故外に出たのかと質問をする。

友樹は護の大切にしていたアイスを食べてしまい、代わりのアイスを買いに行ったと話す。

お金の疑問がでた護に、薫が笹倉が渡したお守りの中に100円をいれてくれておいたのだと話す。

それを聞いた護は、大切なお金を使ってくれたことに感動し、アイスを買って帰ろうと語りかけるのだった。

明日には笹倉じゃない

買ってきたアイスに名前を書こうと提案した護だったが、2人はまだ字を書けないと告白する。

護が2人の名前を書いてあげると、それを見て練習すると話す薫たちであった。

翌日、ムックと名付けた犬を連れて、土手に来た3人はキャッチボールすることになり、護は捕り方を教えていた。

すると友樹に笹倉の面影を感じ取ったと護は、改めて笹倉の子供であることを理解するのだった。

家に帰って来た護たちを見た彩は、薫と友樹そしてムックの存在に気がついてしまうのだった。

陽介に事情を説明した護は、日曜には親戚が迎えにくると話すが、彩はそのまま引き取ればいいと話すのだった。

笹倉じゃなくなる

お風呂上がりにアイスを食べる護たちは、そこで字の練習をしたノートを見返していた。

笹倉の「さ」が「ち」になってしまう友樹とは反対に、自分の名前しか書かない薫は「もうすぐ笹倉じゃなくなってしまう」と話す。

2人は別々に引き取られることになっており、護との最後の夜にしんみりとしてしまうのだった。

その夜、薫たちが産まれた年の年賀状を見た護は、2人の成長を改めて感じるのであった。

翌朝、秋人が迎えにきて車に乗り込む2人は、護の姿が見えなくなるまで手を振り続けるのだった。

このままでいいのか?

一人寂しく部屋に戻った護は、2人が書いたノートを見返していると、薫のノートに感謝の言葉が書かれていることに気がつく。

護は、2人を引き取った日から今日までの数日間のことを思い出すと、寂しさと悲しさで涙してしまう。

すると突然「このままでいいのか?」という声が聞こえ、思わずムックを見る。

しかし、クリニックの先生から言われた「自分の心の声なのかもしれない」という言葉を思い出す。

護は、今聞こえた声もムックがしゃべったのではなく、自分の心の声なのだと考える。

そう感じた護は、いてもたってもいられなくなり、思わず走り出してしまうのだった。

何言ってるんだ?

猛ダッシュで追いかけてきた護に気がついた薫たちは、車の窓を開け大声で護の名前を叫ぶ。

それに気がついた秋人は、車を停めると何事かと外へと出てくる。

護は、2人と一緒に過ごした数日間で2人は一緒にいる方が幸せなのではないかと、感じたことを口にする。

怪訝な表情を見せる秋人だったが、そんな秋人に、自分がこの子たちと一緒にいて成長を見守りたくなったと話す。

そして護は、お互いが納得するまででいいからと条件を出すと、2人を引き取ることを了承されるのだった。

おきて

家に帰って来た薫と友樹に護は、今日からここがおまえらの家だと、一緒に住むことを告げる。

「笹倉のままでいいの?」と聞く薫に、護はうなずきながら好きなようにしていいんだと語る。

泣きたいときには泣いてもいいと言われた薫は、友樹と離れずに暮らせる喜びで、涙を流すのだった。

翌朝朝食を食べながら、この家で仲良く暮らせるための約束として、”おきて”を書き始める。

“子どもは子どもらしく、犬は犬らしく”と書くと、役所に行って手続きをしてくると出かける準備をする。

そんな護に、小学校に上がると話す薫たちに、護は驚いて役所で聞いてくると話す。

すると玄関まで追いかけてきたムックが「僕の登録もね」と言って護をさらに驚かせるのだった。

スポンサーリンク

マルモのおきて2話の感想

護の父性が芽生えたことで、同居することになった3人は、親子というよりは友達みたいな雰囲気で楽しそうでした。

さらに、彩や陽介という協力な助っ人ができたことはかなりいいことだと思います。

それにしても、しゃべる犬は一体なんなのか、その謎にも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

「マルモのおきて」の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「マルモのおきて」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「マルモのおきて」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「マルモのおきて」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「マルモのおきて」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「マルモのおきて」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました