スポンサーリンク

運命から始まる恋(日本)6話の無料動画の視聴方法!ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「運命から始まる恋(日本)」は、台湾で史上No.1視聴率を記録した「You Are My Destiny」(邦題「ハートに命中!100%」)の日本リメイク版。
 
 
第6話では、彩(瀧本美織)に慶(岐洲匠)が渡した書類、それは「離婚協議書」だった。そこには「子供を産んだその日に離婚する」と書かれていた。「あなたが、工場を守ると約束してくれるなら、私も子供を産んだら、あなたの前から消えます」と言う彩。さらに協議書に書かれた慰謝料5千万円の金額を塗りつぶし、こう言った。
 
 
今回は、「運命から始まる恋(日本)」6話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

「運命から始まる恋(日本)」全話のネタバレと感想

「運命から始まる恋(日本)」全話のネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

 
 
ロケ地については、こちらを見てみてください。
 

スポンサーリンク

運命から始まる恋(日本)6話のネタバレあらすじ

万麗堂の危機

彩と結婚した慶だったが、彩もグルとなってはめられたと勘違いしてしまった慶は、離婚協議書をつきつける。

そんな慶の対応に意地になった彩も、工場を守ることを約束し、その協議書にサインをするのであった。

部屋で一人になった彩は、慶の祖母・薫子から、著名な産婦人科医の八尾の母親教室を勧められる。

その頃酒を飲んでいた慶をのところに来た安藤から、隅咲町の工場を買い取りたいという話があることを聞かされる。

安藤は隅咲町の工場を売らない約束があるからと、その話を断ろうとするのだが、騙されていたことやお酒の力もあり、売ってしまえと指示を出すのだった。

お墨付きをもらうこと

翌日、ドクター八尾の母親教室に行くように言われた慶だったが、彩を信用できないため、行こうとはしなかった。

するとそこに、慌てて入ってきた安藤から、ライバル会社が新生児から使えるという謳い文句の石鹸を発売すると伝えられる。

慶は、老舗の強みがあると話していたが、安藤から売り上げが落ちていていることを言われる。

すると安藤は、起死回生の案として有名な八尾先生のお墨付きをもらうことができれば、消費者は飛び付くという作戦を思い付く。

その名前に聞き覚えのあった慶は、薫子から勧められた母親教室の案内を見て、慌てて母親教室へと向かっていくのだった。

何故作られたのか

母親教室にやってきた慶は、彩を優しくエスコートしたり、積極的に参加するなどのアピールを見せる。

その後、八尾に万麗堂の石鹸を学会で薦めて欲しいと伝えると、慶の目論見に気がつき、そんなことはできないと伝える。

さらに八尾は、その石鹸が何故作られたのかと理由を聞かれるも、答えられずにいるのだった。

その頃、病院から帰る途中で隼人にあった彩は、離婚協議書にサインをしたのか聞かれ、黙って頷くのだった。

すると隼人は、幼い頃両親が亡くなり、離れ離れになってしまった妹の写真を見せ、ちょうど彩くらいだと語る。

そんな隼人に「彩さんは、この世界のどこかで元気に暮らしています」と元気付けるのだった。

家まで隼人に送ってもらった彩は、困ったらいつでも頼って欲しいと手を握られ、それを見てしまった慶は、慌てて彩を家の中に連れて帰るのだった。

鮫島という男

八尾に一度は断られてしまった慶だったが、八尾の著書を全て読破し明日再度会いに行くと話していた。

すると安藤が工場の買い手である男を連れてくると、その顔を見て慶が驚いてしまう。

その男は鮫島といい、裏社会とのつながりもある怖い人物であり、慶は売れないと断っていた。

その夜、家に帰った慶は読書に疲れ、万麗堂の石鹸の匂いをかいで癒されていた。

その様子を見ていた薫子は、全ての親が子供の健康を願うように、尊い子供にいい石鹸を使わせたいという、先代の思いを伝えるのだった。

万麗堂の石鹸の思いを知った慶は、翌日改めて八尾の元を訪れるのであった。

最大のピンチ?

八尾の貴重な時間を割いてもらえることになった慶だったが、隅咲町の工場で彩たちを人質に立て籠った鮫島から電話が入る。

鮫島は、無事に解放してほしければ売買契約のサインをしろと、隅咲町の工場に慶を呼び出す。

急いで駆けつけた慶は、彩の義理の兄と協力してなんとか鮫島を倒すことに成功するのだった。

すると彩の姉が、そのショックで破水してしまい、慌てた慶は八尾に電話をかけ指示を仰ぐのだった。

すると出産まで時間がないと気がついた八尾は、その場で出産することを提案する。

慌てる義兄に指示を出す慶は、そこで精力剤のことを聞かされ、彩は関係ないという真実を知らされるのだった。

なんとか無事子供を取り上げたると、それを聞いていた八尾と安藤が抱き合って喜び合うのだった。

君は、変わった

取り上げた子供を抱っこする彩と慶を見た姉が、まるで2人の子供みたいだと笑顔をみせるのだった。

病院に運ばれた姉と赤ちゃんの無事にホッとする彩だったが、八尾との話をつけられなかった慶は落胆していた。

するとそこに現れた八尾は、先ほど行われていた学会で万麗堂の石鹸を薦めてきたことを知らせるのだった。

初めて依頼にきたときは、子供ですら商売の道具に使う慶に失望していたと話す。

しかし「君は、変わった」と告げると、子供の命を尊ぶという、万麗堂の受け継がれる意思を慶に感じ取っていた。

すると彩を見た八尾は「奥さんのおかげかもしれませんね」と話す。

さらに「妊娠は不意な出来事ではない。運命だ」と告げるのであった。

スポンサーリンク

運命から始まる恋(日本)6話の感想

今回は慶の周りで色々な出来事が多発してしまい、さすがの慶も結構困っているようでした。

それでも喧嘩が弱いという弱点があったことや、その喧嘩の仕方に笑わされました。

最後の八尾先生の「妊娠は不意な出来事ではない」という言葉、結構かっこよくて好きですね!

スポンサーリンク

運命から始まる恋(日本)の無料動画をフル視聴する方法

ドラマ「運命から始まる恋(日本)」を見たいという方に朗報です。
 
 
「運命から始まる恋(日本)」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「FODプレミアム」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「運命から始まる恋(日本)」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「運命から始まる恋(日本)」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました