スポンサーリンク

女子高生の無駄づかい最終回(7話)の見逃し動画の無料視聴方法|ネタバレあらすじと感想

連続ドラマ

ドラマ「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」は、「バカ」「ヲタ」「ロボ」という特徴的な呼び名のJKたちのハナクソレベルの日常を描く、超挑戦的コメディードラマです。
 
 
第最終回(7話)では、入学式からあっという間に約1年。新年を迎えたバカは、ヲタとロボと共に初詣に繰り出すが、「彼氏欲しい」「お金欲しい」「勉強しなくてもいい点取れる脳みそ欲しい」と煩悩が止まらず、最終的には「はんぱねー女」を目指すことに。
 
 
この記事では、3月6日放送の女子高生の無駄づかい第最終回(7話)のネタバレあらすじと感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「女子高生の無駄づかい」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「女子高生の無駄づかい」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

女子高生の無駄づかい最終回(7話)のネタバレあらすじと感想

女子高生の無駄づかい6話のネタバレあらすじと感想についてはこちらを見てみてください。
 

初詣

元旦、ヲタの家にいたバカはまたくだらないことを言おうとするが、ヲタに止められ言えずにいた。

その後、ロボを連れて初詣に出掛けると、お願い事は具体的なほうがいいと言われ、バカは妄想を膨らませていく。

彼氏が欲しいと言うバカは、またわけのわからない妄想を話す、ロボとヲタは呆れ顔をしているのだった。

時は過ぎ2月になり、バレンタインのチョコをもらったリリィは困った表情を浮かべる。

それに気がついたシーキョンが声をかけ、保健室で話を聞いてみると、少し潔癖症のリリィは人が作ったものが食べられないと語る。

しかし「プレイならわりといける」と話すリリィは、妄想をして気分を高めると無事チョコを食べることができたのだった。

ドラゴンの卵

その頃ヤマイがワセダを呼び出しており、懐から丸い石を取り出すと”ドラゴンの卵”だと告げる。

呆れるワセダに、親が部屋に勝手に入り自分の集めたものが捨てられてしまうと相談するのだった。

ワセダは、ガラクタばかりだから仕方がないと話すと、その”ドラゴンの卵”を手放させようとお菓子を取り出す。

お菓子につれられたヤマイは、すぐにお菓子と交換すると、満足そうに帰っていくのだった。

保健室を出たリリィは、唯一苦手なバカにも「プレイに変換」すれば克服できるのではと考えていた。

そんな中バカを見かけたリリィは、教頭に飛ばした鼻くそを取ろうとしている姿に驚くこと。

それをプレイに変なしたリリィだが、それでも拒絶反応が出てしまうリリィなのであった。

占い師

街を歩いていたマジョは、道端にいた占い師の男性から声をかけられて、驚いてしまう。

最近の若い子はお金を持っていると考えていた占い師は、ぼったくってやろうと考えていた。

悪い結果が出たと告げる占い師は、5万円で安物のブレスレットを売り付けようとするのだった。

しかしそんな大金なんかないと話すマジョは、その対価として自分が占いをしてあげますと提案するのだった。

占いを始めたマジョは、その占い師の名前や出身地などを言い当ててしまい、驚かれてしまう。

するとマジョは占い師の息子が手術を受けることを言い当て、さらにその手術が成功することを伝えると、占い師は泣いて喜ぶのだった。

ヲタとワセダ

新しいマンガの設定に行き詰まっていたヲタは、ロボからシナリオライターという道があることを教えられる。

家に帰って来たヲタは、シナリオを考えていると、浮かんできたアイデアを絵に描いていた。

すると、その男性役がワセダに似てきてしまい、自分の気持ちを慌てて否定するのであった。

翌日、スマホでゲームをしていたヲタは、バカから何をやっているのか聞かれて画面を見せる。

乙女ゲームを見せられたバカとロボは、ヲタの推しがワセダに似ていることを指摘され、あわてて逃げてしまうのだった。

その夜ヲタが、アイデアが浮かんでこないとSNSに投稿するとそれに気づいたワセダが応援メッセージを送る。

その言葉にやる気が出たヲタは、シナリオを書くことに力をいれるのであった。

ピクニック

3月に入り、校門で入試の準備をしていることに気がついたバカたちは、もう一年経つんだとしんみりしていた。

そこにロリやリリィ、マジョやヤマイそしてマジメたちがやってくると、明日の休みに皆で出掛けようと声をかけるのだった。

翌日街を一望できる高台にピクニックにやってきたバカたちは、バレーやシャボン玉など遊びを楽しんでいた。

その後お弁当を食べて寝転がっていると、バカが「今からすごいこと言っていい?」と口にする。

たいした話じゃないと話し半分で聞いていたヲタたちであったが、バカは「うち、留年するかも」と衝撃の一言を呟くのであった。

必死の手助け

ワセダに呼び出されていたバカは、2学期の点数が悪く、3学期に1つでも赤点を取ったら留年だと言われていたのだった。

まったく危機感のないバカのために、みんなは力を合わせて勉強を教える日を続けるのであった。

寝る間も惜しんで勉強を教え、知識を詰め込まれたバカは試験当日げっそりとして試験に臨むことになる。

するとそこに特製強力精力剤を作ってきたマジョは、強引にそれを飲ませると、力が漲りすぎて鼻血を流すバカであった。

4月になり、ほとんど生徒が変わらない2年2組の担任になったワセダは、空いた席を見つめていた。

その頃1年の教室で明るく話しているバカのもとへやってきたワセダは、教室からバカを連れ出す。

2年になれたバカは、勘違いをして1年の教室にいたようで、学年が上がってもバカはバカなのであった。

感想

みんなの個性が可愛らしく、とてものんびり見ていられるドラマでしたが、ついに最終回になってしまいました。

高校時代のばからしくて、無駄みたいな時間を見ているようですごく好きなドラマでした。

あの頃無駄にしていた時間も、今考えればとても有意義な時間だったんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

女子高生の無駄づかい最終回(7話)の見逃し動画を無料視聴する方法

「女子高生の無駄づかい」の見逃し動画を見たいという方に朗報です。
 
 
「女子高生の無駄づかい」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 

 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「女子高生の無駄づかい」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「女子高生の無駄づかい」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました