スポンサーリンク

アライブ9話の見逃し動画の無料視聴方法|ネタバレあらすじと感想

連続ドラマ

フジテレビ系列で放送されている「アライブ がん専門医のカルテ」
 
 
「アライブ がん専門医のカルテ」は、松下奈緒さん主演の「がん」をテーマとした医療ドラマ。松下奈緒さんと14年ぶりの共演となるのが、木村佳乃さん。「アライブ がん専門医のカルテ」には、原作はなく、完全オリジナル作品となります。
 
 
第9話では、恩田心と梶山薫が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄の弟、隼人が、兄を転院させると申し出てきた。
 
 
芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。
 
 
今回は、「アライブ」第9話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐドラマ「アライブ」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

FODプレミアムの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

FODプレミアムは1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ドラマ「アライブ」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

アライブ9話のネタバレあらすじ

前回のアライブ8話ネタバレあらすじと感想についてはこちらを見てみてください。
 

母体と胎児

切迫流産で運ばれてきた患者・小山内静(山田真歩)。静はかつて大腸癌で入院していた時に心(松下奈緒)が担当していた患者で、今回は肝臓に転移が見つかりました。母体の命を優先するためには、赤ちゃんを諦め中絶手術をして、抗がん剤治療を始める必要があります。

 

しかし、今回の妊娠は凍結しておいた最後の卵子でやっとできた妊娠で、これを逃したらもう妊娠することはできません。「なんと言われようと中絶はできません」と静は決めていて、夫の敬(落合モトキ)も静の思いを尊重してあげたいと思っています。

 

癌は容赦なく感謝の大切なものを奪っていきます。その中でどう折り合いをつけて生活の質を守っていくのか。 何を守り、何を犠牲にするのか。それが、腫瘍内科医のぶち当たる壁なのです。

 

静はフリーペーパーの記者で、がんサバイバーとして前向きな記事を書いていました。「失ったものにしがみつくよりも、闘病しながらでもできることを」などと語っていたこともありますが、いざ自分のこととなると、どうしても赤ちゃんを失うという現実を受け入れることができません。

民代が戻ってきた

民代(高畑淳子)は希望通り海外旅行に行って、SNSで楽しそうな姿をアップしていましたが、ヨーロッパを回り、パリに行こうとしたところで倒れて病院に戻ってきてしまいました。倒れた時に「戻れる場所が自分にはあるんだなぁと思った」と言います。

 

民代は、死ぬ前に”やりたいことリスト”を書いており、

ヨーロッパをめぐりたい。

パリで朝日を見たい。

 

という項目がありました。しかし、パリで朝日を見る前に倒れてしまったのです。

 

”キャンサーギフト”(癌になって得られたもの)。

民代「その言葉大嫌い。だって癌になんかなりたくなかったからね。でも、得られたものもなくはなかった。あなたたちとか」

 

と心と薫(木村佳乃)に言います。

 

離婚の約束

静の容態が急変しました。医師たちが会議を行い、やはり妊娠を中断するしかないと意見がまとまりそうになりましたが、薫が「妊娠を継続したまま腫瘍を切除できるかもしれない」と申し出ます。もちろんそれは一般的な方法ではなく、様々なリスクがありますが、それを説明した上で静はオペに同意しました。

 

なんとか一時的に症状を抑え、28週目に入ったらすぐに帝王切開で胎児を取り出し、抗がん剤治療を強めていくという治療方針です。

 

静は「子供が産めなかったら離婚する」と敬と約束をしていました。しかし敬は最初から約束なんて守るつもりはなく、ずっと静と一緒にいるつもりでした。

 

民代の取材

民代はかなり状態が悪く、モルヒネを投与して痛みを軽減するだけで、 死ぬのを待つばかりという状態。民代の”やりたいことリスト”の中に「パーティーをしたい」というものがありましたがとても外出できる状態ではありません。すると阿久津部長(木下ほうか)は「だったら病室でパーティーをしてあげればいい。許可を私が取るから」と言ってくれました。

莉子(小川紗良)は民代を「取材」と言って連れ出します。敬がカメラマンとして民代の写真を撮ってくれます。莉子は元々このフリーペーパーのファンで、今回静にメールを送ったことで民代の取材が実現しました。

 

取材の合間に、 静が自分の状況を話し、

「みんなに迷惑かけちゃったな」と言います。すると民代は「それの何がいけないの?がん患者だってやりたいことをやっていい。欲しいものを欲しがったっていい」と言います。

 

民代の病室でパーティーが始まります。みんなで楽しんだ最後に、心は「民代さん、朝日を見ませんか?」と言って、 VRの装置を民代に取り付けます。「パリで朝日は見る」という夢を実現させてあげたのです。

 

民代の死

後日、心は出来上がったフリーペーパーをもらいます。そこには生き生きとした民代の写真とともに、民代のインタビュー記事が載っていました。

 

タイトルは”キャンサーギフト”。

 

「がんになって喜ぶ人はいないでしょうね。私も弱気になったり、八つ当たりしたりした。でも、自分を支えてくれている人がいるということに気づかせてくれた。一緒に戦ってくれる人がいるから、私たち患者は前を向いて歩ける。私には幸せなことにそういう人ができた。愛すべきヤブ医者がね」

 

思わず心は涙するのでした。

 

 

記念日

薫は、心に「もうすぐ記念日がある」と話します。心が「何の記念日?」と聞くと、「今はまだ内緒」と言いますが…。

スポンサーリンク

アライブ9話の感想

民代さんの死

民代さん、死んじゃったんですよね?はっきりとそういった描写はなかったけど、最後のフリーペーパー読むシーンはそういうことですよね?

 

亡くなった後に、元気だったころの写真と言葉。泣いちゃいますよね。あえて最期のシーンを描かないというのも斬新で、残された言葉を後から見て泣くという虚しさや切なさが余計に引き立っていたと思います。

 

しっとりとしたこのドラマらしい演出だなと思いました。

 

再発?

最後の薫の意味深な感じ、絶対再発ですねー。途中までは医療ミスのサスペンス的な感じで進んできて、それが以外にも早めに解決したので、この後は1話完結でやっていくのかな?それもなんか盛り上がりに欠けるな~と思っていたのですが、セミファイナルでは高畑淳子さんがすべて持っていき、やはり最後は木村佳乃さんでなきゃ!って感じですよね。

 

二人の女医の友情の話なので、やはり最後は薫の再発に心がどう支えていくのか?というところで感動したいです!

スポンサーリンク

「アライブ」9話の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「アライブ」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「アライブ」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「FODプレミアム」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「アライブ」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「アライブ」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました