スポンサーリンク

DASADA8話の見逃し動画の無料視聴方法|ネタバレあらすじと感想

連続ドラマ

2020年1月15日から放送されている日テレのドラマ「DASADA」
 
 
「DASADA」は、平凡な日々を過ごしていた私立マロニエ女学院の生徒たちがある日、クラスでも“ダサい”と評判の少女を中心にファッションブランド「DASADA」を立ち上げることになるといドラマ。
 
 
第8話では、FACTORYのSNS拡散により「DASADA」ブランドの洋服は最高の売れ行きを伸ばしていき、ゆりあは無事に佐田洋裁店の借金を全額返済できた。
 
 
目標を達成しDASADAをどうするか決めかねていたころ、トレンドアドバイザー・おじゃPが現れ、このまま「DASADA」を続けようと持ち掛ける。
 
 
今回は、「DASADA」第8話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「DASADA」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Hulu(フールー)が2週間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「DASADA」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はHulu(フールー)のサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

DASADA8話のネタバレあらすじ

前回のDASADA7話のネタバレあらすじと感想についてはこちらを見てみてください。
 

DASADAの奇跡

DASADAに奇跡が起こる。ある日、DASADAのTシャツを着て、通販番組で出演したグラビアアイドル・とろろが、テレビ局で同じTシャツを着たボンディに会う。

そこに、居合わせたADが、以前お世話になった銭湯のお孫さんで、これまたDASADA・Tシャツを着ていた。

3人がお揃いのTシャツを着て騒いでいると、気がついた関係者が、まさかのDASADA第1号のお客様。

4人が揃ってまた騒いでいると、偶然ダンスアイドルユニットFACTORYのメンバーの目にとまる。

そこで、すかさず、とろろがFACTORYに新しいTシャツを着てもらい、ボンディが記念写真を撮って、SNSにアップする。

トップアイドルが着ているTシャツを求め、ファンたちがDASADA通販サイトに殺到したのである。

急にバズってしまったはいいが、大量の注文が殺到し、それに生産が追いつかない事態が発生。

そんなとき、佐田洋裁店に「トレンドアドバイザー・おじゃP」なる人物が現れる。

そして、DASADAを立ち上げた佐田ゆりあは、彼のおかげで、溜まっていた発注をなんとかさばき、おまけにテレビで取り上げられるほどにバズってしまう。

ゆりあの通うマロニエ女学院でも、教室でゆりあがツーショット・サイン会を行うなど、DASADAの勢いは留まるところを知らない状態だった。

借金完済

そんなある日、ゆりあがDASADAの主力メンバー、デザイナーの篠原沙織、会計の岡田いちご、モデルの高頭せれなを佐田洋裁店に集める。

そこで、ゆりあから重大発表がある。まとまったお金が入ったので、期限前に見事借金を完済したとのこと。

ゆりあは、メンバーに三つ指をついて、感謝の言葉を伝える。さらに、それを祝して、みんなにごちそうを用意してふるまうゆりあ。

当初の目標であった借金返済が果たされ、DASADAが今後どうなるか、メンバーの気になるところだった。

少なくともこの時点では、お互いのやりたいことをやり、ゆっくりまったり存続するつもりでゆりあは考えていた。

ところが、おじゃPは、そうはさせなかった。ここで立ち止まったりしたら、そこでおしまい。

だから、まず「本物」になるためにも沙織に新作のデザインを描かせるのだ。そして、現在発注分を納品して、なおかつ毎月100枚のノルマを課し、在庫を充実させる。

さらには、これまで以上にSNSに力を入れ、毎日写真付きでアップする。

こうして、ゆりあは、おじゃPに言われるがままにDASADAを大きくしてしまう。

このとき、ゆりあからは、最大の魅力である、バカさとダサさが失われつつあったのだった。

逃げ出したいけど、裏切れない

新作のデザインで、沙織は行き詰まっていた。一度、ラフの段階まで出来上がったが、ゆりあ経由で、おじゃPがダメ出ししてしまう。

ゆりあからの真摯な要望と、「本物」になるためには妥協を許さない自分の狭間で、プレッシャーが沙織の創作意欲を奪っていく。

そんなとき、おじゃPからゆりあに連絡が入る。なんでも、DASADAがあのTGCに参加できることになったらしい。

しかも、そこで新作のお披露目をするという。人気モデルが着用した服は、ほぼ完売、通販サイトには2万以上のアクセスがくるという。

ところが、準備期間は、10日間しか残されていなかった。

おじゃPは、ゆりあに沙織のことでこう言う。

「燃え尽きちゃったのかな。プレッシャーに押しつぶされて、逃げ出したいけど、親友は裏切れない」と。

ほかの仲間に相談したりできない沙織は、たった一人でそのプレッシャーと戦うしかなかった。

そんなとき、沙織のスマホにDMが届く。メッセージを見て、一瞬目を疑ったが、いきなり走り出す沙織。

向かった先はカフェ「壁ドン」。さらに、そこで待っていたのは、沙織の尊敬する、FACTORYのリーダー・おちょこだった。

沙織が状況を把握できないなか、おちょこは回りくどいのイヤだから、と単刀直入にこう言うのだった。

「沙織ちゃん、FACTORYに入らない?」と。

スポンサーリンク

DASADA8話の感想

人気急上昇のアイドルグループ日向坂46のメンバー総出演の青春ドラマ。今回が第8話目である。

今回、やっとDASADAの名が世の中に知れ渡る。そして、なんと1千万あった借金もゆりあは完済してしまうほど、バズってしまう。

そこで、登場したのが曲者キャラのおじゃP。おそらく、なんとなくだが、この人物がいい人だとは思えない。

ゆりあたちDASADAを食い物にしようとしているのではないか。なにか、悪いことを企んでいそうだ。

現に、ゆりあは、おじゃPの言葉に踊らされている感があり、沙織のことを心配しながらも、沙織の気持ちに寄り添うことができないでいる。

沙織が逃げ出したい気持ちになっていたそのとき、おちょこが現れる。少し考え過ぎかもしれないが、もしかしたら、おじゃPとおちょこは、繋がっているのではないか。

あまりにもタイミングが良すぎるし、沙織の才能に目を付けたおちょこが、おじゃPという大人の力を利用して、DASADAから引き抜こうとしている。

そんな妄想を抱いてしまうほど、ストーリーは盛り上がりを見せている。あと2話で終わりと思うと、やはり寂しいものは感じるが、とりあえず次週の展開が気になって仕方がない。
 
 

スポンサーリンク

DASADA8話の見逃し動画を無料視聴する方法

「DASADA」8話を今すぐ見たいという方に視聴する方法を調べました。
 
 
「DASADA」は、日本テレビ運営の動画配信サービス「Hulu(フールー)」見逃し動画を視聴することができます。
 
 

 
 
「Hulu(フールー)」は、2週間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「DASADA」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Hulu(フールー)が2週間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「DASADA」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はHulu(フールー)のサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました