スポンサーリンク

アイアンマン1のラストシーンは?ネタバレあらすじと感想

洋画

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)と呼ばれるヒーローたちのドラマは、今作から始まりました。とはいえ、『アイアンマン』公開の2008年には、まさかこんなにも広がるとは予想もできませんでした。

自らパワードスーツを開発し、試行錯誤しながら、秘かに悪と戦います。スーツもトニー・スタークもまだまだ発展途上です。

伏線だらけですので、注意して、お見逃しなく!

スポンサーリンク

アイアンマン1のネタバレあらすじ

巨大軍需産業スターク・インダストリーズのCEOトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、天才的な発明家であり、やや軽薄なプレイボーイでもありました。

新兵器の実験のために訪れたアフガニスタンで、テロ集団”テン・リングス”に襲撃され負傷し、拉致されてしまいました。

トニーより先に捕らわれていた外科医で科学者のインセン博士(ショーン・トーブ)の介抱で一命は取りとめましたが、心臓近くに爆弾の破片が入り込み、命の危険にさらされています。

兵器の開発を要求され(そこにはスターク社製の兵器が既にたくさんありました)、爆弾を組み立てるフリをしながら、インセン博士と協力して、人工心臓アーク・リアクターとパワードスーツ”マーク1”を開発します。

テン・リングスのアジトから脱出する際、トニーの囮になってインセン博士は死亡します。

無事にアメリカに帰還したトニーは、軍需産業から撤退すると宣言しました(自社の武器がテロ組織に使用されていたこととインセン博士の死がそう決意させました)。

トニーの亡き父ハワードの時代から、右腕として会社をここまで築いてきたオバディア(ジェフ・ブリッジス)は、兵器開発から手を引きたくありませんでした。

トニーを説得しますが、トニーは聞く耳を持たずに、パワードスーツの改良に心血を注ぎます(”マーク1”は砂漠で壊れ、テン・リングㇲに回収されています)。数回の試作をへて完成した”マーク2”をまとい、テロ組織と対峙します。

スーパーヒーロー”アイアンマン”の誕生です。

しかしまだ自社が武器を輸出している事実を知りました。社内に裏切り者がいると感じたトニーは、秘書のペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)の助けを借りて、オバディアのPCから証拠をつかみます。

そう、すべての黒幕はオバディアでした。彼はテン・リングスと繋がっていて、兵器を横流ししていたばかりか、トニーの命も狙っていました。

そのころオバディアは、テン・リングスから”アイアンモンガー(マーク1)”を回収し、邪魔になったメンバーを惨殺していました。

オバディア=アイアンモンガーとトニー=アイアンマンの対決です。

スポンサーリンク

アイアンマン1のラストシーンは?結末も

改良されたアイアンモンガーの動力源とするため、トニーのアーク・リアクターが奪われました。トニーはペッパーが残しておいた古いリアクターを装着して戦います。

苦戦の末、スターク社に展示されていた大型のアーク・リアクターを爆発させ、アイアンモンガーを倒すことに成功しました。

この戦いの模様はマスコミに知られてしまい、トニーは記者会見を行うことになりました。

戦略国土調停補強配備局(シールド)の捜査官コールソン(クラーク・グレッグ)にアリバイを作ってもらったトニーでしたが、いざ会見がスタートすると「私がアイアンマンだ」と公表してしまいました。

ラストでは、会見から自宅に戻ると、シールドの長官ニック・ヒューリー(サミュエル・L・ジャクソン)の姿があり、”アベンジャーズ”結成に向けて、アイアンマンを誘いにきたということでした。

アベンジャーズ結成に向けて動き出した重要人物たちを覚えておこう!

・ニック・ヒューリー  シールドの長官。地球を取り巻く脅威に備えるため、悪と戦うヒーローたちを一つのチームにまとめる”アベンジャーズ計画”にアイアンマンを加えようと考えている。

・フィル・コールソン  ヒューリーの部下。アイアンマンにコンタクトを取りながら、ペッパーを助けたりトニーのアリバイを作ったりと、裏で支えた人物。

・ジェームズ・”ローディ”・ローズ(ウォーマシン)  空軍中佐で、トニーを砂漠で救出した人物。以降、ウォーマシンとなって活躍します。(今作のテレンㇲ・ハワードは出演料が折り合わず、残念ながら降板になりました)

・ペッパー・ポッツ  トニーの有能な秘書で、身の回りの世話もこなします。トニーが唯一心から信頼できる存在で、実はお互いに惹かれ合っています。

・ハッピー・ホーガン  今作では出演は少ないですが、言わずと知れた監督本人(ジョン・ファヴロー)です。過去にトニーを助けたことから、運転手兼ボディガードとして今後も出演します。

スポンサーリンク

アイアンマン1の感想

アベンジャーズからアイアンマンでしょうか。アイアンマンからのスタートでしょうか。MCUにはまってしまった経緯は人それぞれですね。

今作ではアイアンマンが誕生するまでが描かれています。大富豪で天才で、驕り高ぶった嫌みな人間のトニーです。しかしその裏には他人に心を開けない心情があります。

仲間が増えていきます。みな成長していきます。地球に大いなる脅威が襲いかかります。この壮大なチームの一員となって、すべてを見届けましょう。
 

タイトルとURLをコピーしました