スポンサーリンク

パパがもう一度恋をした5話の見逃し動画の無料視聴方法|ネタバレあらすじと感想

連続ドラマ

「パパがもう一度恋をした」は、少しずつ再生されていく家族の絆をハートフルに描き、毎話、笑って泣ける、新時代のラブコメホームドラマです。
 
 
第5話では、ミクが突然山下家を訪問してくる。おっさん多恵子も動揺を隠せない中、吾郎はミクの話を聞くうちに生前の美しかった時の多恵子を想い出し、涙が溢れ出してしまい……
 
 
今回は、「パパがもう一度恋をした」第5話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐドラマ「パパがもう一度恋をした」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

FODプレミアムの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

FODプレミアムは1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ドラマ「パパがもう一度恋をした」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

パパがもう一度恋をした5話のネタバレあらすじ

大事なのは見た目か?

おっさん多惠子(塚地武雅)のことを本物の多惠子だと愛している吾郎(小澤征悦)。しかしおっさん多惠子の見た目が”おっさん”なことに、やはり違和感を覚えてしまいます。吾郎がそうなってしまったのは、街で本物の多惠子(本上まなみ)にそっくりな女性を見かけたから。

 

気づけばその女性と出会った場所に足が向かってしまいます。そして行く人行く人が多惠子に見えてしまうのです。

 

 

なんと多惠子にそっくりな女性・佐々木ミクが、トモ(福本莉子)のクラスの臨時担任教師としてやってきます。トモの作文「母が死んで、新しく母の代わりのような人がやってきて、父はその人を溺愛しています」と言うのを読んで、ミクはトモの家庭環境に問題があると感じ急遽家庭訪問に訪れます。

 

するとそこにいたのはおっさん。父親が新しい女性に溺れ、さらに謎のおっさんが同居しトモに危険が及んでいるのでは?とさらにミクは心配してしまいます。

 

そこに帰ってきた吾郎。ミクと鉢合わせし、トモの担任だと言うことを知ります。

 

ミクが帰っても、ミクのことが頭から離れない吾郎。おっさん多惠子は「多惠子は私ですよ」と言いますが、「そんなことはわかってる!だけど見た目が!腹が出てるしヒゲは生えているし、息も臭い!」と言っておっさん多惠子を傷つけてしまいます。

 

そしてどうしてもミクに会いたい吾郎は、トモの学校に現れ不審者扱いされてしまいます。ミクが吾郎を連れ出し助けましたが、そんなミクに吾郎の気持ちはもう収まらず「好きだ!」と言ってミクに抱きついてしまいます。

 

ミクが吾郎を好きになる!

休日に、お隣さんの小金沢(池津祥子)がミクをつれてやってきました。ミクは小金沢の家に下宿することになったそうです。

 

ミク「学校の外では先生じゃありません。“みくるん“って呼んでください!私、吾郎さんのことが好きになっちゃいました!」

 

中身はおっさん多惠子が本物の多惠子だとわかっていても、外見が多惠子そっくりなミクに翻弄されてしまう吾郎。

 

トカレフ(塚本高史)に相談すると、「あのおっさんが本物の多惠子さんだって言う証拠は無いだろう?」と言い出します。

本当は生前の多惠子がおっさんと不倫をしていて、多惠子が死んだ後、残されたおっさんが吾郎を逆恨みし、吾郎を不幸にするために多惠子になり済まして現れた。不倫相手ならば、多惠子の言動を真似るのも可能。などという説を唱えます。

 

おっさん多惠子は、テニスの宮下コーチに誘われて2人でどこかに行ってしまいます。デートなのか?とモヤモヤする吾郎。

すると、ミクが「クッキーを焼いたので、おすそ分けです」と言って遊びに行きます。楽しい時間を過ごし、ミクが帰るときに見送ろうとすると、ミクが立ちくらみを起こし抱きしめた際に吾郎はミクの胸を触ってしまいます。

 

多惠子にしか反応しないはずの“如意棒“が反応してしまい、困惑する吾郎。

 

そこへおっさん多惠子と宮下コーチが帰ってきて、お互いにやきもちを焼いて少し気まずい雰囲気になってしまいます。

 

愛のサンバ

見た目はおっさんでも、おっさん多惠子を本物のまママだと信じるトモは、ある計画を思いつきます。

 

おっさん多惠子と宮下コーチが水族館デートをするのを、吾郎とミクに尾行させるのです。吾郎におっさん多惠子への気持ちを再確認させることが目的ですが、べたべたと胸を押し付けて腕を組んでくるミクに、吾郎は落ちる寸前。

 

目にゴミが入った多惠子を心配する宮下コーチ。端から見るとキスをしそうになっているように見えます。するとミクもまた、吾郎にキスを迫ってきます。もう何がなんだかわからず、思わずミクにキスをしてしまいそうになる吾郎。

 

 

するとおっさん多惠子の悲鳴が聞こえました。人違いでヤクザに絡まれ、多惠子が連れていかれそうになっているのです。助けに飛びだした吾郎ですが、逆におっさん多惠子が吾郎を守るために突然サンバを取り出します。

 

実は昔、2人がデート中に不良に絡まれたことがありました。その時吾郎が突然サンバ踊りだし、不良たちがおびえて逃げ出したのです。吾郎は空手3段で、その気になれば不良を倒すことができましたが、暴力を使わずに多惠子を守ったのです。

 

五郎はヤクザ達の前に飛び出し、おっさん多惠子と一緒にサンバ踊り出します。

 

「俺は気づいたんだ!好きなのは多惠子の見た目じゃなくて、多惠子自身なんだ!」

「でも私こんなおっさんですよ」

「俺はお前を愛しているんだ!」

 

サンバ踊りながら愛を叫び合う2人。

そこにトカレフとトモも参戦し、4人でサンバを踊り狂います。尋常ではない様子に、ヤクザは恐れおののき逃げていきました。

 

吾郎はミクに「あなたとお付き合いできません。僕には多惠子がいるから」ときっぱりと断ります。

 

すったもんだの末、またラブラブに戻った吾郎とおっさん多惠子。しかし、おっさん多惠子がなぜ宮下コーチと仲良くして、吾郎突き放そうとしたのか?その謎は残りました。

 

カレンダーの12月6日に赤丸がついています。

おっさん多惠子は切ない表情で「あと2週間か…」とつぶやくのでした。
 
 

スポンサーリンク

パパがもう一度恋をした5話の感想

おっさん多惠子は消えてしまう?

毎回ほっこりさせられるのと、見た目が面白いのでギャグストーリー的なドラマだと思っていましたが、なんだか切ない展開になってきそうです…。もしかしておっさんの姿として多惠子が生き返れるのには期限があって、もうすぐいなくなってしまうのでしょうか?

 

多惠子は最後の別れを告げるために、一時的に戻ってきたのかもしれませんね。こういった蘇りのファンタジーストーリーでは、最後はやっぱり別れが来るんですよね。だけど3年間立ち直れずに引きこもりをしていた吾郎にとって、多惠子と過ごしたこの時間はとても意味のあることで、多惠子がいなくなってからもトモと2人で強く生きていけるようになるのかもしれません。

 

サンバのシーンに笑った

やくざから吾郎を守るために、おっさん多惠子がとったサンバを踊ると言う行動。そこに吾郎も加わり、トカレフとトモも加わり、最終的には宮下コーチとミクも加わってしまう。

 

すごく馬鹿げているけど、ついつい笑ってしまいました。現実味はないしロマンチックでもないけど、お馬鹿な漫画っぽくてとても面白いなと思いました。

 

宮下コーチがおっさん多惠子とデートをしていたのは、おっさん多惠子に相談されて何か事情があるなと思いましたが、ミクが俺を好きになったのは本心だったのかな?トモの家庭環境を心配して、吾郎が自分の誘惑になびかずに家族を大事に思える父親なのかどうかを試した、とかだったら良かったかなと思います。

スポンサーリンク

「パパがもう一度恋をした」5話の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「パパがもう一度恋をした」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「パパがもう一度恋をした」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「FODプレミアム」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「パパがもう一度恋をした」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「パパがもう一度恋をした」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました