スポンサーリンク

恋つづ(恋は続くよどこまでも)7話ネタバレあらすじと感想|流子と小石川の関係は?

連続ドラマ

2020年1月14日からTBS系列で放送が始まっている「恋はつづくよどこまでも」は、原作は、小学館「プチコミック」で掲載されていた円城寺マキ氏の漫画で、上白石萌音さんと佐藤健さんが主演の医療機関を舞台としたラブストーリーです。
 
 
第7話では、天堂浬の元恋人の妹・若林みおりが天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった佐倉七瀬。 みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子に打ち明ける。
 
 
今回は、「恋つづ(恋は続くよどこまでも)」第7話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「恋つづ(恋は続くよどこまでも)」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Paraviは登録後30日間が無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ 本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

恋つづ(恋は続くよどこまでも)7話のネタバレあらすじ

前回の恋つづ(恋は続くよどこまでも)6話のネタバレあらすじはこちらを見てみてください。
 

壁ドンキス

「俺がいるだろ。好きだよ」と七瀬(上白石萌音)に告白をし、抱きしめた来生(毎熊克哉)。

七瀬は驚いて来生から離れ、「ありがとうございます!私は来生先生のことを本当に尊敬していて信頼しています。でも私は天堂先生が…」と言います。

 

来生は「だから好きになったんだよ。そんな佐倉ちゃんだから。天堂とちゃんと話すといいよ」と優しく言って七瀬を帰しました。

 

 

家に帰ると、玄関前で帰ってきた天堂(佐藤健)と鉢合わせしました。七瀬が泣いていたことに気づき、「どうした?」と訳を聞きます。

七瀬は「みのりさん(蓮佛美沙子)、先生のことが好きなんですよね。お似合いだと思います。私と先生じゃ釣り合わない」と話します。

 

すると天堂は七瀬の頭をガシっとつかみ、「今さら何言ってる?俺とお前が付き合わないことなんて、100万年前からわかってる」と言って、壁ドンキスをしました。

 

「俺の知らないところで泣くな」

 

すると勢いよく流子(香里奈)が帰ってきます。天堂は慌てて七瀬から離れて咳払い。事態を察した流子はすぐに撤収しようとしますが、それを七瀬が止めました。流子はダーツ大会の景品で当たった遊園地のチケットを七瀬にくれました。天堂と2人で行ってきなよと進める流子に、「先生と初デート…」と舞い上がる七瀬。

 

 

みおりが宣戦布告

翌日、みおりが七瀬に直接「天堂先生のことを好きになった」と話してきます。しかしあの告白の続きでは、天堂はきっぱりと「付き合っている人がいます」とみおりの告白を断っていました。それでもみおりは「私は天堂先生の最高のパートナーになれると思う!」と諦めない様子。

 

七瀬が彼女であることを知りながらこのことを話したのは、「裏でコソコソするよりはいいと思ったから」と言うことでした。

 

 

また、病院で来生と会った七瀬は、昨日の告白のことを思い出し気まずくて避けようとしてしまいます。しかし来生はそんな七瀬を呼び止め、「昨日話した通り、僕は佐倉ちゃんのことが好きだ。でもそれと同じ位天堂には幸せになってほしいと思ってる。だからこれからも、最強の相談役ってことで」と言ってくれました。

 

そんな2人の会話を、酒井(吉川)が聞いていてショックを受けます。

 

 

新たな恋のライバル登場!?

七瀬はウィンドウショッピングをしていました。すると近くでカップルが別れ話で揉めていました。

 

すると彼氏の方の上条(清原翔)が、突然七瀬を抱き寄せ「この子。新しい彼女!」と言い出したのです。彼女は怒って「なんでよりによって。趣味悪っ!」とコーヒーを七瀬にぶっかけて怒って去っていきました。

 

お詫びに、上条は七瀬に服を買ってくれました。そして七瀬が買いたくて、でも値段が790円でちょっと高くて迷っていたりんご飴を買ってくれていました。りんご飴を1口食べて、おいしさに思わず顔がほころぶ七瀬。

 

そんな七瀬の純粋さを見て、上条は気にいってしまったようです。「私、彼氏いるんで!」と断ったついでに、「仕事ができて、すごく素敵な方です。私じゃその人には釣り合わないんですけど…」と七瀬はつい愚痴ってしまいます。すると上条は「だったら、ふさわしい相手になればいいだけじゃん」と笑って言いました。

 

上条がVIP待遇で特別室に入院してきます。大手社長の息子で、社長と院長が親しい関係にあるそうです。七瀬が上条と別れる際、病院の社員証を落としており、上条は七瀬がこの病院にいることを知っていて、担当に指名してきました。

 

みんなの前で「この前は楽しかったね、デート」と上条が言うので、七瀬は慌てて天堂に誤解を解こうとします。その様子を見て、上条は天堂が七瀬の言っていた“素敵な彼氏“なのだと気づきます。

 

さらに「七瀬ちゃんに、俺の専属になって」と指示をしてきて、VIPな息子なので病院側は逆らえません。

 

上条はナースにお寿司を差し入れしたり、子供たちにおもちゃの寄付をしたり、部屋に友達をたくさん呼んでパーティーまがいのことをし、航空機チケットとホテル付きのUSJのチケットをばらまいたりと、さすが御曹司、気前がいいです。

流子は「ちょっと気持ちがわかるなぁ。不安なんじゃないかな。自分に何もない人間は、どうやって人の気持ちを繋ぎ止めていいかがわからない」と言います。

 

上条は10歳の時に発症してから、ずっと入退院を繰り返しているのだそうです。

 

遊園地デートでキス

待ちに待った遊園地デートの日。

待ち合わせの場所に天堂が到着し、張り切って歩き出す七瀬。すると着ていたセーターがフェンスに引っかかっていて、七瀬が歩けば歩くほど背中のセーターがどんどん解けていっていました。

 

ソフトクリームを食べている時も、鼻の頭にクリームをつけておいしそうに食べる七瀬。七瀬の天然ぶりに呆れながら、天堂は「お前、それ俺はとらないからな」と言いますが。仕方なく指でとってあげました。

 

七瀬は今度はわざと唇にクリームをつけて、天堂の方を向きます。すると天堂は、ふぅっと一瞬ため息をついてから、七瀬にキスをしてクリームをとってあげました。

 

 

夜は観覧車。天堂は高所恐怖症なのか、「動くな!絶対動くなよ」と腕組みをしたまま座っています。そんな天堂をよそに七瀬は「先生、最初に会ったとき、俺がお前を好きになる可能性は0.0001%もないって言ってましたよね。だからこれは、0.0001%の奇跡なんですよね」とうれしそうに話します。

 

酒井が告白?

夜の勤務中、酒井が来生に「お疲れ様です。何か悩まれているようなので…」と声をかけます。来生は「玄米おにぎりとカレーパン。夜食にどっちを食べようか迷ってた。どっちも好きなんだよね」と答えます。

 

席を立った来生に、酒井は「好きです…!」と言い放ちます。しかし「玄米おにぎりとカレーパン、どっちも」とごまかしてしまいました。

 

上条の容体が悪化

上条が急変します。容体が悪く、本人も今回の発作にかなりショックを受けています。

 

上条は七瀬を呼び出し、ネックレスをプレゼントします。「いつもよくしてもらってるんだから。俺のわがままにいつもいらっとしてるでしょ?」と言う上条に、「いらっとしたことなんてありません。私は上条さんがVIPだから専属をしているわけではありません。もし上条さんが一般病棟に入院していたとしても、誠心誠意看護をします」と言う七瀬。

 

上条は「俺にしなよ。俺なら、何でも叶えてあげる。どこでも連れて行くし、欲しいものは何でもあげる。俺には何もないから。だから、俺には誰もいない」

そう言って七瀬に抱きつきます。

 

精神的に弱っている上条を突き放せなくて、七瀬は背中をトントンしてあげていました。するとそこへ、天堂が入ってきて抱き合う2人の姿を目撃してしまいます。

 

天堂は全く動じず、ちょっとした検査をして部屋を出て行きました。

 

七瀬は「私はそばにいます。看護師としてそばにいます。ここにいるスタッフは全員、上条さんを支えたいと思っています。上条さんは初めて会ったとき、私に“ふさわしい相手になれば良い“と言ってくれました。上条さんは私に勇気をくれました。何もないわけないです」と勇気づけました。

 

 

流子がお見合い

流子がバーで荒れた飲み方をしていました。小石川(山本耕史)がやってきて心配して声をかけます。

流子は両親にお見合いを勧められているのです。「フラフラしてるなら早く嫁げって。わかってるよ。私には何もないって」

一緒になることを断念した流子もまた、自分に自信のない人間なのです。

 

挑発

上条は天堂を挑発します。「あの子のどこを好きになったの?いっとくけど、なれなれしくしてきたの向こうからだからね。ああいう大人しそうなのに限って、誘ってくんだよ。嬉しそうに尻尾振って。ああいうのってどうなんだろうね?何頼んでも、ニコニコ笑って、はいはいって」

 

上条の部屋から大きな物音がして、廊下にいたみおりたちは慌てて部屋に入ります。すると倒れている上条を、天堂が抱き起こしているところでした。

 

天堂「どうされますか?明日のカテーテル、担当医を変えますか?」

上条「あんたでいい」

 

天堂のやきもち

上条のカテーテル手術を無事終え、天堂は体調不良で早退しました。七瀬は勤務を終えてから、看病に行きます。そこでみのりの事について話をします。

 

天堂は

「みのりの死は、大事な人を亡くすと言う恐怖や痛みはまだ残ってる。きっと消えない。医者として、消しちゃいけないと思ってる。でもそれだけだ」

と、今はみのりに対する恋心はないことを示唆し、七瀬を安心させます。

 

さらに

「お前こそ、変なガキに好かれやがって。なんだ専属って。とても気に食わない!以上!」

とやきもちを焼いていたことをぶっきらぼうに告白。

 

ソファーに横になった天堂に、七瀬はキスをしました。

「これは治療です」

「風うつるだろ」

「ばかだからうつりません」

「バカ。もう寝る。早く帰れ」と言いつつ、天堂は七瀬の手をぎゅっと握っていました。

 

天堂が訴えられる!?

翌日。お付きの者に車いすを押された上条がナースステーションにやってきます。

 

そして天堂に向かって

「あんたを、患者に対する暴力及び精神的苦痛で訴えます」

と言い放つのでした。

スポンサーリンク

恋つづ(恋は続くよどこまでも)7話の感想

次々と出てくる恋のライバル!

今週もかなり内容盛りだくさんでしたね!それでいて話がとっ散らかってなくて、ちゃんとまとまっている!原作があるだけに、しっかり構成されていますね!

キスのオンパレードでキャーキャーさせたと思ったら、天堂が嫉妬するシーンでギャップ萌えとか…。もう感情ジェットコースターです…(><)

 

先週みおりの告白で七瀬がやきもちを焼く番でしたが、今回は上条の登場で天堂先生が嫉妬!本来なら、先週来生先生が七瀬に告白したことで、天堂との三角関係で嫉妬展開が来ると思っていましたが、まさかの新たな登場人物…!来生先生の告白、ぜいたくな使い方でしたね。まぁ、来生先生は今後も三角関係として残ると思いますが、みおりに関してはもう完全に存在薄すぎでしたね。

 

こうやって登場人物がどんどん出てきて、男側にも女側にも恋のライバルが登場する展開って、「花男」みたいですね!花男も道明寺もつくしもモテモテで、本当に目が離せなかったですもんね。しかも、道明寺はクールで全然なびかないのに、つくしはお人よしで言い寄ってくる男に対しても突き離せない感じが、今回の主人公たちと似ている気がします。

 

流子と小石川の関係も気になる

ただ遊びまわっているだけのお気楽お姉さんだと思っていましたが、流子にも「自分には何もない」と闇を抱えている部分があったんですね。仁志君との恋よりも、やっぱり小石川先生とよりが戻る展開の方が希望ですね。

 

やはり流子のような自由人は、仁志くんには手に負えないんじゃないかなぁ。小石川先生くらい大人の男性じゃないと!小石川先生が離婚している設定も、そのためのような気がします。見た目もとてもお似合いですね!
 
 
7話のロケ地や撮影場所についてはこちらを見てみてください。
 

スポンサーリンク

恋つづ(恋は続くよどこまでも)の見逃し動画を無料視聴する方法

「恋はつづくよどこまでも」をもう一度、見たいという方に朗報です。
 
 
「恋はつづくよどこまでも」は、TBS・テレビ東京運営の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」見逃し動画を視聴することができます。
 
 

 
 
「Paravi(パラビ)」は、登録後2週間が無料なので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「恋つづ(恋は続くよどこまでも)」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Paraviは登録後30日間が無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ 本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました