スポンサーリンク

SixTONES(ストーンズ)出演ライドオンタイム(1月17日)4話のネタバレと感想も

テレビ番組

SixTONES(ストーンズ)出演「ライドオンタイム」は、エンターテインメントのバックステージを描く新しいドキュメンタリー番組で、毎回、ジャニーズのアーティストが出演します。
 
 
2020年1月17日に放送された第4話のネタバレと感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐSixTONES(ストーンズ)出演「ライドオンタイム」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

FODプレミアムの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

FODプレミアムは1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「SixTONES(ストーンズ)出演ライドオンタイム」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

SixTONES(ストーンズ)出演ライドオンタイム(1月17日)の内容

ジャニーズきっての個性派集団SixTONES(ストーンズ)。メンバー全員がジャニーズJr.歴10年以上の彼らは、昨年8月、ついに年明けのCDデビューを発表。大晦日にはジャニー喜多川の追悼企画でNHK紅白歌合戦のステージに立った。さらに、1月4日からは、これまで嵐やHey! Say! JUMPなどが開催してきた人気グループへの登竜門である年明けの横浜アリーナ公演を皮切りに、全国5都市動員数22万人を超す全国ツアーをスタートさせるなど、デビューに向け勢いは増す一方だ。
 
 
多忙を極める彼らだが、束の間の休息としてそれぞれがゆかりの場所へ。昔よくサーフィンをしていた森本慎太郎は、過去に「大きな決断をした場所」という海辺で「SixTONESじゃないとできないことがたくさんある。メンバーが好きだからこそ一緒にいる。」とグループへの思いを話す。
 
 
メーンボーカル・ジェシーは「振り返ると俺の音楽人生はここから始まったんだろうな」と思ったという中学時代の音楽室で当時の音楽教師と再会する。「ファンのみんなに今までのジャニーズの先輩方と違う景色を見せてあげたい」と今後の決意を語るジェシー。
 
 
1月22日、いよいよデビューを迎えるSixTONES。磨きを増す6つの原石は、これからどんな輝きを世に放つのか。世界から期待がかかる6人が刻む新たな歴史の瞬間を目撃する。

スポンサーリンク

SixTONES(ストーンズ)第4話(1月17日)のネタバレ内容

「光、兆し」の歌詞がいい!

2019年12月23日沖縄公演。

 

歌唱中に涙して歌えなくなってしまう松村北斗。

他のメンバーもみんな泣いていました。

 

この時歌っていた楽曲は「光、兆し」と言う曲です。

歌詞がめちゃくちゃいいんですよ!

 

 

「光る、兆し

奇跡のカケラが集えば 今を越えてゆくカギになる

出会えたこの意味を信じて

瞳、映る 景色はそれぞれ違っても

心はどこかでつながって

果てしないこの道の先へと突き進め」

 

”奇跡のカケラ”っていうのが、この6人それぞれのことを連想させますね。

グループ名から”6つの原石”って感じなので。

「もうダメだ」と何度も思いながらも、デビューまでこぎつけたことが奇跡!

その奇跡を起こしたのは、この6人が集まったから。

だからこの先も突き進め!

と言う感じで、今の6人の状況と歌詞がすごくリンクしています。これはもう泣いちゃいますよね~!

 

森本慎太郎、地元へ帰る

森本慎太郎さんが会いたい人に会いに行きます。

訪れたのは、幼なじみの家族が営むサーフショップ。

 

森本「自分のやりたいことをやろうって決めたのはこの場所。大きな決断をした場所かもしれない」

 

店主「ついに来たかと言う感じ。一生懸命努力している姿を見ていたから。昔はよく“ちびタッキー“って呼んでた。それにムキになって怒ってた(笑)」

森本「何に対して怒ってたのか、全然覚えてない(笑)」

 

森本さんは、高校生の時はサーフィンをしていました、名前入りのサーフボードを紹介。

 

店主「波に流されて”乗れない!悔しい!”って言いながら帰っていく。そして次、頑張るみたいな」

その精神は、デビューまでの道のりに挫折を何度も味わいながらずっと努力をし続けた姿に重なりますね!

 

幼なじみのお母さん「雲の上の人になっちゃうかもしれない」

森本「帰ってくる場所があれば大丈夫」

 

森本「波に浮かびながら、”続けるか続けないか、今後どうなっていくんだろうなぁ”と言うことをいろいろ考えていた。

芸能界の大変さを知って、それを経験したからこそ、何もない時間が怖かった。SixTONESの仕事がすごく楽しかった。SixTONESはSixTONESらしくいたくて、それを変えられるようとしたときには、すごく戦おうと思う。

みんなのこと信頼しているし。だからこそ5人の為だったら1人でも戦いますよ」

 

Q.SixTONESのこと好きですか?

 

「好きですよ。いや、う~ん…好きかな?

SixTONESじゃなきゃできなかったこともたくさんあるし、SixTONESに助けられていることもたくさんある。好きだからこそ一緒にいる。

今一瞬“いや…“って考えたのは、ここで“好きです!“って言ったら、5人に“キモ!引くわー!“って言われるかなぁと思って(笑)

でも俺は好きですよ。だからこそ戦いたいと思う!」

 

ジェシーの音楽人生が始まった場所

ジェシーが会いたかった人とは、中学時代の恩師・清水先生。

中学の音楽室、ここがジェシーの原点。

 

ジェシー「振り返ったときに、どこから俺の音楽人生が始まったんだろうと思ったら、合唱で並んでいた時に、俺が端で低い声で歌ってて、先生が“ルイス、お前、音楽に行けばいいじゃん?“って言ってもらって。

テストの点数は悪かったけど、パフォーマンスの方では良い評価をいただいていて。

ギターの授業の時は”かわいいとこあるじゃん。ギターは弾けないんだね。ギターやればいいじゃん?”と言うアドバイスをもらったり」

 

 

先生と一緒に久しぶりにギターセッション。

 

ジェシー「音楽がないと俺生きていけないから。寝る時とかシャワーするときも。ノってたいんだよね。生活の中に音楽がある。バラードがいいよね。玉置浩二さんとか」

 

清水先生「じゃあ尊敬する人は玉置浩二さん?」

 

ジェシー「うん、玉置さんは日本一うまいんじゃない?」

 

 

先生が作った思い出の曲。「道標」と書いて「みち」と読みます。

 

ジェシーが卒業するときに作って、「すごくすごく思いを込めて作ったから、それ以来は曲を書いていない」と言います。

 

先生がピアノを弾き、ジェシーが歌を歌います。

 

ジェシー「サビの”ありがとう”が良い。簡単な言葉だけど意外と言えないって言う」

 

サビはありがとうの輪唱みたいになっていて、確かに簡単な歌詞だけど、すごく感情が爆発する部分になっています。

 

音楽室の壁には「あるがままの自分を」と書かれた額縁が飾られていました。

 

先生「これからたくさん大変なこともあると思うけど、あなたにしかできないことがあるから。あなたの持っている素敵なもの、あるがままでいて欲しい。”みち”っていうのは”道標”って書くんだけど、前と後ろに必ず道があって、迷っている自分がいる。その迷っている自分が前に進むために、音楽を通して自分を確固たるものにしていく」

 

ジェシーは先生の作った「道標」を歌いながら帰りました。

 

ジェシー「音楽ってマジで共通で、裏切らないから。ファンのみんなに今までのジャニーズの先輩たちとは違う景色を見せたい。このままの状態でめっちゃビックなスターでいたいですね。

ファンがいない時から一緒になって、お仕事出来るようになって、ツアーとかにお客さんが来てくれるようになったっていうのはとても不思議な感覚。”なるようになる”ってずっと思ってたんで」

 

つらかった時を乗り越え

田中樹「ずっとファンに助けられてた。それが気づいたら、結果になってた。ファンの力が。綺麗事じゃなくて。俺たちはすげー感じてる」

 

京本大我「何度も何度も逃してきて、もうないだろうなって…」

森本慎太郎「めっちゃ辛かったよ。前向きなことを考えられなかったから…」

高地優吾「自分より才能のある人なんて大勢いる。自分なんかがって…」

松村北斗「俺はSixTONESに必要なのか…」

田中樹「正直今も戸惑っているし、毎日不安になるけど、こんなバカな6人のためについてきてくれて、ありがとう…」

スポンサーリンク

SixTONES(ストーンズ)第4話(1月17日)の感想

全4話を見て、SixTONESの魅力が分かりました。

一言で言えば「下積みが長く、苦労してきた人たちの集まり」

 

先輩ジャニーズの中には、ジャニーさんにスカウトされたり、入所からたった7ヶ月でデビューしたりと言う超エリート組もいます。そしてそういう人たちは、やはり持っている輝きが違うので、期待通り輝いて、ずっと人気を持続したりしています。

でもそういった“生まれながらのスター素質“よりも、自分に近いような”挫折”や”悩み”を抱えている人間の方が魅力的と思う人がたくさんいます。

私もやはりそちらの側の人間で、輝いている姿の裏に苦労が見えた方がすごくその人のことを好きになっちゃいますね!

 

それがやはり“大人の魅力“と言うもので、下積みが長かったからこそ醸し出せる彼らの深みのある魅力なんだと思います!

スポンサーリンク

SixTONES(ストーンズ)出演ライドオンタイムの見逃し動画を無料でフル視聴する方法

「SixTONES(ストーンズ)出演ライドオンタイム」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「SixTONES(ストーンズ)出演ライドオンタイム」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」第1話からまでの動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「FODプレミアム」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐSixTONES(ストーンズ)出演「ライドオンタイム」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「ライドオンタイム」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました