スポンサーリンク

マリッジストーリーのラスト結末とネタバレあらすじ|感想も

洋画

なぜマリッジストーリーと名付けられたのでしょう。

オープニングからすでに夫婦は別れを意識しています。愛し合った二人の間には、かけがえのない息子を奪い合う争いしか残されていません。

いつから心は離れ始めたのか。もうどうすることもできないのでしょうか。

見ているのが辛くなるほどのリアルで圧倒される演技です。

スポンサーリンク

マリッジストーリーのネタバレあらすじ


ニューヨークで舞台監督として成功しているチャーリー(アダム・ドライバー)と、妻で看板女優のニコール(スカーレット・ヨハンソン)。

二人は、お互いの長所はどこかを挙げています。たくさんたくさん挙げています。

ニコールの良いところは、ダンスが上手なところ。思わずこちらも一緒に踊りたくなるくらいに。それから子どもと本気で遊ぶところ。プレゼントのセンスが良いところ。家族の髪を切ってくれるところ・・・

チャーリーの良いところは、気配りができ周りの人間が居心地が良いから、劇団員みな仲が良いところ、家事が上手い、負けず嫌い、映画を観てすぐ泣く・・・

でもこれは、別居、離婚を前提としたアドバイザーからの提案で、これから別れる二人にこんなことが必要なのかと、ニコールは読み上げたくないと拒否し、帰ってしまいます。

ニコールの中では、離婚することはもう決まっているのです。

ロスでテレビドラマの仕事を得たニコールは、息子のヘンリーを連れてロスの実家に引っ越します。チャーリーはこの仕事が終わったら二人は戻ってくると思って、送りだしました。そもそもニコールの新しい仕事を真剣に受け止めず、ギャラは劇団に入れてくれと茶化してもいました。

離婚については二人で話し合う上で進めていくはずでしたが、ニコールが知人の紹介でノラ(ローラ・ダーン)という離婚弁護士を訪ねたことから一方的に加速してしまいます。

最初は何も話すつもりがなかったニコールでしたが(弁護士を雇うつもりはありませんでしたから)、ノラが元夫は言葉の暴力がひどかったと自身の離婚体験を話し始めると、ニコールも話に熱が入ってしまいました。

ニコールは若いころはロスで映画に出ていました。当時の恋人と行き詰まっている時に舞台監督のチャーリーと出会い、2秒で恋に落ちました。そしてニューヨークに移住し、結婚しました。

チャーリーの舞台は、始めのうちこそニコールという女優見たさに出た人気でしたが、しだいに逆転し、ニコールの肩書きは”昔映画に出ていた人”に変わっていきました。

息子も生まれ、より一層、妻であり母であることを求められるようになっていきます。チャーリーといると”生きている”ことを実感できたはずでしたが、心にあいた穴は大きくなっていくばかりでした。おまけに、チャーリーが劇団仲間と浮気していたことをメールを見て知ってしまいました。

と、ここまで一気に、離婚を決意した過程をノラに話しました。ノラは受け止めてくれましたので、弁護士をたてて離婚調停することを決めてしまいました。

裁判はしないはずだったのに、チャーリーも弁護士をたてないことには欠席裁判になると言われます。ニューヨークで仕事をしながらロスで弁護士を見つけることは大変でした。

せっかくロスに来たら息子に会いたいのに、息子はロスの生活や学校に満足している様子で、チャーリーには素っ気ないものでした。

ロスでアパートを借りないと、子どもを育てる気がないと見なされると言われればその通りにします。弁護士にはやり手で高額なジェイ(レイ・リオッタ)を雇いました。

二人のやり手弁護士は、相手を陥れるために話を大げさにし、泥沼化していきます。ニコールとチャーリーはこんなことを望んでいませんでした。

二人だけで話し合ってみようとしますが、感情的に激しく罵りあう結果になり、チャーリーは泣き崩れてしまいました(ニコールが支えます)。

愛情が消えてなくなったようには見えない二人です。しかしもう手遅れなのでしょうか。

スポンサーリンク

マリッジストーリーのラスト結末


裁判の結果は、お互いのお金を奪い合うようなことをせず、親権もほぼ半分ずつ、円満といえるものになりました。

しばらくの時が経ち、ニコールがエミー賞の監督賞にノミネートされたと聞かされたチャーリーは複雑でした。ニコールはもともと監督業に興味がありましたが、チャーリーがやんわりと拒んでいたのでした。

ヘンリーの部屋に行くと、彼は以前ニコールが書きだした”チャーリーの良いところ”を読み上げていました。どのような感情があふれ出たのでしょう。チャーリーは涙を流しています。ニコールがその様子を静かに見つめています。

ラストは、遊び疲れたヘンリーをチャーリーが抱いて去っていきます。今日はチャーリーと居る日ではありませんが、ニコールが譲りました。チャーリーの靴ひもがほどけていたので結んであげました。

二人にとって離婚は、別れではないのかもしれません。

スポンサーリンク

マリッジストーリーの感想


まっすぐに続いている道が、二人のこれからを表しているようなラストシーンでした。

主演の二人のリアルな演技は素晴らしかったです。とてもシンプルに言葉によって感情をぶつけ合います。きっともっと早い段階で、我慢したり茶化したりすることなくこうしてぶつかり合っていたら、二人はいまも夫婦だったことでしょう。愛情が残っているので残念です。

離婚に向かうお話ではありますが、結婚について考えさせられるため、マリッジストーリーというのでしょうか。

離婚弁護士とは恐ろしい職業、人種ですね。目的は裁判に勝つことであって、傷つけあうことをそそのかしているようでした。

ローラ・ダーン、念願のオスカー受賞おめでとうございます。

タイトルとURLをコピーしました