スポンサーリンク

boss2の3話の見逃し動画を無料視聴する方法!ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「boss 2ndシーズン」は、2011年4月14日から6月30日までフジテレビで放送された刑事ドラマシリーズ。
 
 
主演は天海祐希さんで、2009年4月16日から6月25日まで放送された「1stシーズン」の続編です。
 
 
第3話では、男性4人が殺される連続殺人が起き、大澤絵里子は、片桐琢磨と、4番目の犠牲者・蒼井(圷真樹)が社長を務めていた出版社を訪ねる。出版社が騒然とするなか、役員でもある編集者の佐神、山地は平然としていた。佐神は、地味だった出版社を変えたやり手で、蒼井とは対立関係だったという。
 
 
一方、先代の社長の愛人とも噂される山地も、関係はよくなかったという。
 
 
今回は、「boss 2ndシーズン」第3話のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「boss 2ndシーズン」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「boss 2ndシーズン」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「boss 2ndシーズン」1話から最新話までのネタバレと感想

「boss 2ndシーズン」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

boss 2ndシーズン3話のネタバレあらすじ

連続殺人事件

野立は、働く男として雑誌の取材を受けており、取材に来ていたのは「文英館」で編集者兼役員の佐神公一であった。

佐神は、手掛けた本や雑誌をことごとく人気商品にしていくなど、かなりのやり手の編集者であった。

特別対策室で取材をしていた佐神は、絵里子たちに気がつくと、対策室のメンバーが個性的だと取材を申し込むのであった。

すると絵里子のところに、殺人事件の連絡が入り、さらに佐神も社長の青井が殺されたと連絡を受けるのであった。

「文英館」の社長の青井は、自宅で何者かにより胸を刺され遺体で発見され、絵里子は、近頃続いている連続殺人犯の仕業ではないかと推理するのだった。

怪しい人物

最近実業家や開業医の男性が殺される事件が多発しており、アメリカのシリアルキラーの模倣ではないかと考えられていた。

そんな中、殺された青井が経営する「文英館」に向かった絵里子は、そこできつい性格の山地智子の姿を見かける。

すると編集者の1人から、山地は佐神をライバル視しており、度々衝突をしているという話を聞かされるのであった。

するとそこに、片桐がとある本を持ってやってくると、視線の先にいた小堀が犯罪マニアであることを告げる。

小堀は、喫煙スペースで必死に何かを書いており、絵里子はその小堀に疑いの目を向けるのであった。

小堀の自殺

殺人マニアであり、横領や収賄などに手を染める小堀を取り調べる対策室メンバーは、事件当日にはアリバイがあることを知る。

一度は自宅に返した対策室メンバーであったが、取引先との怪しい金の流れを発見する。

横領などを社長に知られた小堀が、その腹いせで犯行に及んだのだと睨んだ絵里子は、再度小堀の元へと向かっていく。

小堀の自宅へやってきた絵里子は、自室の浴槽で手首を切って亡くなっている小堀の姿を発見するのであった。

小堀が自殺したことを知った部長の丹波から、その責任を問われる絵里子だったが、野立が間に入り捜査続行を許可されるのであった。

やってない

酒の弱い小堀が、あれだけの酒を飲むはずがないとと睨んだ絵里子は、佐神に話を聞きに行く。

すると、絵里子の元に犯人逮捕の連絡が入り、急いで署へと戻っていくのであった。

シリアルキラーとして逮捕された野口武生は、犯行を認めるのだが、青井への殺害に違和感を感じた絵里子は、そのことを追及する。

するとプライドの高い野口は、青井の犯行は自分ではないと話し、捜査は振り出しに戻ってしまうのであった。

その話を佐神に報告に行った絵里子は、そこで山地が事件当日小堀と会っていたことを耳にするのであった。

佐神の過去

取り調べを受ける山地は、事件当日小堀と会っており、小堀が亡くなったことでそれを話せなかったと伝える。

その頃佐神の元を訪れた絵里子は、短かったが結婚して子供がいたこと、さらに自身がDVを受けていた過去を聞き出すのであった。

その後、元妻の弘子に話を聞きに行った絵里子は、家庭というものを好んでいなかった佐神のことを聞き出すのであった。

再度佐神を訪れた絵里子は、時期社長を狙う佐神の犯行ではないかと考えを告げる。

すると佐神は、2ヶ月後に別の出版社の社長になる内示を受けていることを話し、絵里子の推理が間違っていることを告げるのだった。

絵里子の狙い

数日後、山地への取り調べが証拠不十分のため、逮捕に至らなかった話をカフェで待ち合わせしていた佐神に話す。

すると、外に目をやった佐神が、道を歩く山地の姿を見つけ、表情を曇らせるのであった。

すると、山地の持っていた鞄の中から血の着いたタオルなどが発見され、山地の犯行が決定的なものになる。

屋上にいた佐神を訪ねた絵里子は、証拠が見つかったが、それを仕込んだのが佐神だと見抜いてしまう。

カフェで見た山地が持っていた鞄は、絵里子が買ったものであり、その日しか持っていなかったのだと伝えるのだった。

犯行の理由

動機を聞かれた絵里子は、佐神が父親から読み聞かされていた雑誌がネックになっているのだと話を始める。

思い出の詰まった雑誌が廃刊の危機にあり、次の会社で買収しようと考えていたのであった。

しかしそれより先に、青井がゲーム会社にその雑誌を売却予定だと知った佐神は、横領のことを脅し小堀に青井を殺させたのだった。

そして、全てを知った小堀を自殺に見せかけ殺したのであった。

絵里子は、自分のDVを恐れ弘子と離婚したことや、思い出の雑誌のための犯行だと佐神を追い詰めるのであった。

父親との記憶や自分の子供との記憶を思い出した佐神は、悲しさで声をあげ涙を流すのであった。

それぞれの思い

連行される佐神を見た理香は、人の思い出の深さが引き起こした犯罪を感慨深そうに話していた。

その横で花形と田所が話をしており、連鎖してしまうかもしれないDVの怖さをしみじみ感じていたのだった。

すると田所はDVの話を耳にすると、体をこわばらせ、自分の腕を握りしめるのであった。

絵里子とバーに来ていた野立は、この一件で雑誌に載らなかった自分の記事をしみじみと眺めていた。

そんな野立を、茶化しながら慰める絵里子なのであった。

スポンサーリンク

boss 2ndシーズン3話の感想

佐神の大切にしていたものを守るための犯行でしたが、ポップに描かれていますが、なかなか重いテーマだなと思いました。

DVが連鎖してしまうかもしれないという恐怖のため、家族を捨てることを選んだ佐神でしたが、その佐神が持っている楽しかった記憶を守るための殺人でした。

展開が早くてわかりづらいかもしれませんが、毎回なかなかのテーマを盛り込んでくるかなり面白い作品です。

スポンサーリンク

「boss 2ndシーズン」の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「boss 2ndシーズン」をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「boss 2ndシーズン」は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「boss 2ndシーズン」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「boss 2ndシーズン」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「boss 2ndシーズン」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました