スポンサーリンク

映画「AI崩壊」のロケ地はどこ?名古屋や岡山や群馬の撮影場所は?

邦画

映画「AI崩壊」は、2020年1月31日に公開されたSF・パニック映画。
 
 
原作なしのオリジナル脚本で、大沢たかおさん主演で、突如として暴走を始めたAIとそれを阻止しようと奔走する天才科学者の攻防を描かれています。
 
 
この記事では、映画「AI崩壊」のロケ地と名古屋や岡山や群馬の撮影場所について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

映画「AI崩壊」のあらすじ


2023年、天才科学者・桐生浩介は、妻の望と共に、医療への導入を目指すべく最先端の人工知能AIの研究開発を進めていました。

その可能性は医療のあらゆる分野にまで広がり、現実的なものへとなっていきます。

しかし浩介と、望の弟・西村悟はAIによる癌細胞に効く新薬の開発を焦っていました。

望が末期癌に蝕まれていたからです。

桐生は望を救うために、医療AI「のぞみ」の開発を成功させて、治療法の認可を申請しますが国がなかなか認可を下ろしてくれません。

姉に「のぞみ」を使ってでも治療するべきだと西村は主張しますが、人間が作ったルールを守ることがAIにとって大事なことであり、ルールを破ってまでは出来ないと桐生と望は考えます。

その結果、認可が間に合わなかったために新薬による治療が出来ず望は息を引き取ります。

翌年、本来の目的を達成できなかった「のぞみ」でしたが、認可を下ろさなかった政府の中心にいたAI慎重派の厚生労働大臣・田中英子の心筋症を治療したことで、急展開を迎えます。

田中の命を救ったことで国民の信用を得て、世論の後押しも受け、AIを認可せざるをえなくなってしまったのです。

そして、ついに医療AI「のぞみ」の認可が下りました。

悟は、「のぞみ」を管理するHOPE社を設立して、姉である望の思いを継ぎ、人を幸せにするAIを目指して管理・運営を続けていき世界的企業へと発展させていきます。

2027年、医療AI「のぞみ」は自立学習することで進化し、医療現場では医師のサポートを担うまでになっていました。

開発者の浩介は望のがん治療にAIが間に合わなかった後悔から、全てを悟に託して、娘の心と日本を離れ、シンガポールで暮らしていました。

2030年、超少子高齢化社会の日本。

全人口の50%が労働人口、子どもの数が10%未満、残りの40%強は高齢者と生活保護者という社会。

そこで医療AI「のぞみ」が大きく台頭します。

「のぞみ」は全国民の個人情報と健康を管理し、医療分野だけでなく生活には欠かせないライフラインにまでなっていました。

その「のぞみ」を開発した桐生浩介は帰国すると英雄のように称えられ、多くの国民から支持されています。

そんな日本の社会にとって欠かせない「のぞみ」が、突如暴走し始めます。

全国各地で「のぞみ」端末の不具合が多発し、大規模なシステム障害も発生したことで、日本中で異変と混乱が巻き起こっていました。

突然倒れだす人々、度重なる事故による大渋滞、医療機器の誤作動。

「のぞみ」が命の選別方法を学習し、生きる価値のない人間を勝手に殺戮しはじめたのです。

未曽有の危機に陥る日本。

捜査当局はこれを受けて、「のぞみ」を開発した桐生浩介を、テロリストと断定します。

天才科学者から一転、全国指名手配犯になってしまった浩介は、「のぞみ」の暴走によって危険にさらされている娘の心を助けるため、そして自分をはめた真犯人を追うために逃亡を図るのでした。

スポンサーリンク

映画「AI崩壊」のロケ地や撮影場所

本作では自身が開発したAI「のぞみ」が暴走したことで、

テロリストとみなされ全国指名手配となった科学者・桐生浩介が壮大な逃亡劇を繰り広げることもあり、

日本各地で撮影が行われました。

【東京都】明星大学

大沢たかおさん、松嶋菜々子さん、賀来賢人さん、広瀬アリスさん、三浦友和さんなどのキャストの方々が撮影に来られたそうです。

大学のホームページのこちらで紹介されています。

住所:〒198-0052 東京都青梅市長淵2丁目590

 

 

 

【東京都】数寄屋橋交差点

映画の中で上空から街を捉えたシーンに使われてます。

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目1

【埼玉県】深谷市

入江監督の地元です。

【群馬県】高崎市・前橋市

大勢のエキストラを募集してどちらも大規模な撮影が行われたようです。

 

 

【茨城県】水戸市赤十字病院

AI「のぞみ」が暴走をし始め、

全国で大規模なシステム障害が発生した際の医療現場の混乱のシーンが撮影されました。

住所:〒310-0011 茨城県水戸市三の丸3丁目12−12番48号

【栃木県】栃木県本庁舎

余貴美子さん演じる内閣総理大臣が倒れたあのシーンの現場がここですね

撮影時の様子がこちらで紹介されています。

住所:〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1丁目1−20

【愛知県】名古屋商科大学日進キャンパス

大規模な抗議デモのシーンの撮影はこちらの正門前で行われたそうです。

住所:〒470-0193 愛知県日進市米野木町三ケ峯4−4

【大阪府】大阪市浪速区 新世界本通商店街

入江悠監督が撮影当時このようなツイートをしていました。

住所:〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東1

 

 

【大阪府】寝屋川の地下河川

桐生が逃亡する際のルートに使われた地下水道はこのあたりですね。

住所:〒572-0813 大阪府寝屋川市讃良東町6 南寝屋川公園

【和歌山県】白良浜海岸

望がまだ生きていた頃に家族で過ごした思い出の砂浜です。

切ないシーンに使われています。

住所:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町 864

【岡山県】備前日生大橋

劇中の夜のカーチェイスシーンはここで撮影されました。

【岡山県】美作岡山道路

玉突き事故のシーンが撮影された場所です。

撮影時の様子がこちらで紹介されています。

タイトルとURLをコピーしました