スポンサーリンク

悪魔の弁護人・御子柴礼司8話(最終回)ネタバレあらすじと感想|結末と続編の可能性は?

連続ドラマ

ドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司」は、「正義の意味とは?贖罪とは何か?」、かつてないヒューマン法廷ミステリードラマです。
 
 
第8話(最終回)では、御子柴はひとりふるさとを訪れていた。
 
 
自分が幼少期を過ごした場所。かつて凄惨な事件を起こし、家族を不幸に追いやった場所。そして被害者家族に永遠の苦しみを与えるきっかけとなった場所。
 
 
自分は生まれてこなければ良かったのだ。そう思う御子柴のもとに一本の電話が。敵対する検事・岬(津田寛治)からだった。
 
 
「逃げる気か? 君の帰りを信じ待っている人間がいるぞ」
 
 
罪とは何か、罰とは何か――「大田区資産家夫殺し事件」、堂々の完結! はたして御子柴の贖罪の結末は……!?
 
 
今回は、「悪魔の弁護人・御子柴礼司」第8話(最終回)のネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

悪魔の弁護人・御子柴礼司8話(最終回)のネタバレあらすじと結末

洋子が御子柴の後を引き継ぐ!?

弁護士を廃業すると決めた御子柴(要潤)は事務所に退職金と置き手紙を置いて姿をくらましてしまいます。怪我が治り退院して出社した洋子(ベッキー)の所に宝来事務所の宝来(本山弁護士)がやってきて、「御子柴から後を引き継ぐように頼まれた」と言って資料を持っていきます。御子柴は「洋子が望むようならば、洋子を宝来事務所で雇ってほしい」ということも頼んでいました。

 

しかし、洋子は「私はあなたの事務所には行きません。ここで働きます。必ず先生は戻ってきます」と断りました。

そして、御子柴が置いていった退職金を宝来に突き付け、「これで成沢郁美さんの案件を譲ってください」と嘆願します、中を覗いた宝来は、思ったよりも思った大きな額にそれを了承しました。

しかし勿論洋子は弁護士資格を持っていません。困り果てた洋子に、あすみ(玄理)も協力して調査してくれることになりました。

 

成沢の妻は殺されていた

洋子とあすみが成沢家に行ってみると、部屋には成沢と元妻の佐希子が写った写真が飾ってありました。再婚後も元妻の写真を飾ってあるなんて、郁美は嫌ではなかったのでしょうか?

近所の人に話を聞いてみると、成沢と佐希子は本当に仲の良いおしどり夫婦で、佐希子が亡くなった後の成沢の落ち込みようといったら見ていられないほどだったそうです。

陽子たちは佐希子が病気で亡くなったと思っていましたが、本当は違いました。佐希子は無差別殺傷事件の被害者で、通り魔にワゴン車で轢き殺されていたのです!

岬(津田寛治)は御子柴に電話をし、陽子が今でも御子柴を待ち続けていること、1人で事件を請け負い調べ直していることなどを告げます。それを聞いて御子柴は事務所に戻ります。

陽子から佐希子は殺されていたことを聞いた御子柴は、急いでもう一度調べ直します。

 

この事件では、6人の被害者が殺されており、残された遺族たちが原告団を結成し、民事訴訟を起こしていました。しかし、成沢はそれに参加していませんでした。「裁判なんて起こしたら憎しみが減ってしまう。俺は佐希子のために一緒に犯人を憎しみ続ける」と、成沢は語っていたそうです。

実証実験

御子柴がデータの鑑定などを全て任せている研究所の氏家。元科は捜研で働いていました。

氏家は、御子柴が死体配達人だと知ってからも全く態度を変えません。「なぜだ」と御子柴が尋ねると「興味がないから。みんな自分の人生が上手くいかない不満を人にぶつけてるだけなんじゃないのか?お前が俺の研究所を信用して仕事を任せてくれれば、それ以外に知りたいことなんてない」と答えます。

氏家に復元してもらった成沢のパソコンの閲覧履歴を見ると、随分前から成沢は郁美が死体配達人の母親であることを知っていたようでした。

氏家は裁判に証人として出廷し、実証実験を行います。普通に縄を梁にかけて体重六十キロの男性を釣り上げた場合それはできましたが、滑車を使って釣り上げようとすると途中で重さに耐えかねて滑車の金具が抜けてしまいました。つまり岬検事が主張している「滑車を使えば女性でも簡単に成人男性を梁に吊るすことができる」という方法は物理的に不可能なのです。

 

偽装自殺に見せかけた自殺

それでも縄についた指紋を主張する岬。

しかしこれについても、御子柴は答えを用意していました。

 

成沢が死亡する2~3日前に、成沢と郁美はガーデニングで不要になった枕木を縄で絞って絞ってゴミに出していました。

「自分が枕木を支えているから、縄で縛ってくれ」と頼んだのは、成沢。そして「きつく縛るように」と何度も指示をしていました。

つまり、偽装自殺に見せかける偽装をした本当の自殺だったのです。郁美の指紋を残すため、あえて枕木を縛らせ、自らカーボン紙を使用して遺書を作成し、事前に滑車を取り付けた痕跡を残し、自分でアルコールを大量摂取し首を吊りました。

成沢は佐希子が死亡した後、「被害者家族を追え」というサイトを閲覧し、罪を犯したのに、罰を受けなかった事件やその家族について情報を集めました。その憎悪は膨らみ、自分の妻を殺した犯人に復讐できない代償行為として、他の事件で罪を逃れた犯人の家族に復讐をしようと思い立ったのです。

だから成沢は郁美が死体配達人の母であることを最初から知った上で近づき、復讐を果たすために再婚したのでした。

御子柴は法廷全体に向け「すべての不幸を生み出したのは私です」と語り出します。

佐原みどりを殺し、その遺族に何年もの苦しみを与え続けたこと、死体配達人の家族として自分の家族を誹謗中傷の的にし、父親を自殺に追いやったこと。

「成沢氏を死に追い込んだのも私です。私のせいで沢山の尊い人生を奪ってしまった。もしこの事件で誰かを断罪する必要があるのなら、それはこの私です。私を断罪してください」

「もういい!それ以上自分を責めるな!」御子柴を止めようとしたのは岬でした。

傍聴人席には佐原みどりの姉(奥菜恵)も来ていて、複雑な感情で法廷を出ていきました。

裁判が終わってから岬は起訴を取り下げることを宣言。

岬「冤罪を生まなくてよかった。次は負けんぞ」

 

郁美は本当は夫を殺していた

全てが終わりもうすぐ釈放されることを郁美に告げに行った御子柴。そこで御子柴は「園部謙造を殺したな?最後に本当のことを教えてくれ」と、郁美に迫ります。

御子柴が事件を起こした後、家の中はぐちゃぐちゃになり、父親はノイローゼになって会社を退社。収入がなくなり困り果てているところに、佐原家から慰謝料8000万円を請求されました。謙造は「自分の死亡保険金から工面するしかない。慎一郎が負担する分を少しでも軽くしてやるのが親の務めだろう」と言いました。

「1人で自殺する気が勇気がなくて悪い」と全てを郁美に相談し協力を仰ぎました。

「ごめんなさい、ごめんなさい…」と言いながら郁美が滑車を使って縄を引っ張っていたあの映像は、謙造の自殺を手伝っていた時代の回想だったのです!

郁美「世間から悪魔と言われようと、お父さんはあなたを愛してたのよ」

郁美にそう言われ、御子柴心から「すまなかった…」と言って涙を流しました。

 

御子柴のこれからの生き方

御子柴は佐原みどりを殺した現場に花を手向けに行きました。そこに亜季子が花を持ってやって来ました。

御子柴は亜季子に手をついて頭を下げ、「奈落の底から手を伸ばしてくる人を救うことが贖罪になると思っていた。しかしそのせいで余計にたくさんの人を傷つけた。私の償い方はまちがっていた」と話します。

「あんたのことは一生許さない。あんたに自分の人生なんてない。みどりの人生を奪った分、他人の為に生きなさいよ。誰かを救い続けなさいよ。

私と娘を救ったように。

あんたの生き方を私はこの先もずっと見てる。きっとみどりも見てるから」

と言って亜季子は去って行きました。

 

岬の心境にも変化

岬は罪を犯した父親をずっと許せずにいます。弁護士として尊敬していたからこそ余計に許せないのです。

父親もそんな岬の想いを知っており、不起訴になっても自分の罪を許せず、岬に顔向けできないため、弁護士の看板を下ろしていました。

しかし、父親が本当に反省していることをわかっている岬の弟の啓二は岬にも父親を許してほしいと願っています。

啓二「法律は罰を与えるだけなのか?罰に終わりはないのか?」

 

岬の息子は法曹界を嫌いピアニストになっていますが、そのリサイタルで久々に家族みんなで会えないかとチケットを渡されていました。

 

郁美の裁判を終え、自分の父親のことやずっと御子柴と戦ってきたことで罰について色々と考えた岬の心にも少し変化が生まれています。岬は息子のリサイタルに足を運びました。

 

 

ラストシーン。

亜季子の次女の倫子から手紙と荷物が送られてきました。荷物の中には倫子が作った松ぼっくりで作った人形が入っていました。それを見て御子柴は初めて笑いました。

スポンサーリンク

悪魔の弁護人・御子柴礼司8話(最終回)の感想

ちょっとだけ許された?

最後、亜季子は少しだけ御子柴のことを許してくれたと思っていいのでしょうか?罪は一生消えないけれど、それでもほんの少しずつ許されていってもいいのかもしれません。(本当に反省していたらの話ですが)

本当にこのドラマは、凶悪犯が本気で改心して苦しみ続けるという、加害者側からの視点を描いた斬新なドラマでした。これだけ自分の罪を悔いて改心しているのなら、”誰かの為に生きる”という生き方でもいいから、生きる意味を与えて、その人にももう一度人生をやり直させてあげてもいいのではないかなーと思ってしまいますね。

 

岬検事が「次は負けんぞ」と最後に言ったのも、暗に「弁護士辞めるんじゃないぞ」というメッセージですよね。

ベッキーも復活できたドラマかな?

最初は散々キャスティングに不満が出ていたベッキーの起用ですが、私は本当にこの役はベッキーにとってとてもありがたい役になったのではないかなと思います。罪と向き合う、罪を犯した人間はずっと苦しんでいる、傷つけてしまった人達の事は一生忘れてはいけない。このようなメッセージが毎回毎回何度も心に響いてきたので、もう本当に許してあげてよー!という気持ちになってきました。

 

全く関係のない人が世間の流れに乗って「悪魔」とか「死ね」とか色々言う中、洋子は御子柴のすぐ近くにいて、御子柴の本当の苦しみや気持ちを理解できる人間でしたね。

 

周りに便乗して、ここぞとばかりに言いたいことを言う人間もやはり悪であり、人を傷つけることになるのだという要素もこのドラマの中には入っていて、スキャンダルになった芸能人を安全な場所から好き放題叩くという自分たちの身も振り返って視聴者がドキッとさせられるようなドラマになったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

悪魔の弁護人・御子柴礼司の続編の可能性は?

原作のテーマである「贖罪」がドラマでも描かれていました。
 
 
人を殺した事実は消えないし、償えない。
 
 
8話(最終回)でドラマは、終了しましたが、原作ありきのドラマなので、原作が新たに書かれたら、ドラマの続編があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

悪魔の弁護人・御子柴礼司8話(最終回)の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

ドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司」8話(最終回)をもう一度見たいという方に朗報です。
 
 
「悪魔の弁護人・御子柴礼司」8話(最終回)は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」見逃し動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「FODプレミアム」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「悪魔の弁護人・御子柴礼司」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「悪魔の弁護人・御子柴礼司」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました