女子高生の無駄づかい(ドラマ)の見逃し動画を無料視聴する方法!Pandoraや9tsuでは見れない?

無料動画配信

ドラマ「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」は、2020年1月24日からテレビ朝日系列で放送が始まります。
 
 
「女子高生の無駄づかい」は、「バカ」「ヲタ」「ロボ」という特徴的な呼び名のJKたちのハナクソレベルの日常を描く、超挑戦的コメディードラマです。
 
 
今回は、「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」1話の見逃し動画を無料視聴できる方法を調べてみました。
 
 
「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の見逃し動画を無料視聴する方法について、調べてみましたので、ご紹介いたします。
 
 

▼今すぐ「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

U-NEXTの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

U-NEXTは31日間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。

女子高生の無駄づかい(ドラマ)のフル動画を無料視聴する方法

SHO
SHO

「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の動画を安全に無料で見れるサイトってある?

JUN
JUN

「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」は、これらの動画配信サイトで視聴できるよ!

「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」が視聴できる動画配信サイトは、こちらです。
 
 

動画配信サービス 配信状況
FODプレミアム ×
U-NEXT
Hulu ×
TSUTAYA DISCAS&TV ×
dtv ×
Paravi ×

 
※ 2020年4月時点の配信状況となります。
 
 
「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の見逃し配信はU-NEXTのみとなります。
 
 
U-NEXTでは、「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」だけでなく、さまざまなドラマの動画を視聴することができます。
 
 

▼1ヶ月は無料で視聴できます▼

女子高生の無駄づかい(ドラマ)を無料視聴する

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

U-NEXTの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

U-NEXTの特徴と登録方法

SHO
SHO

U-NEXTに登録するのって、面倒?

JUN
JUN

そんなことないよ!5分もあればできるし、簡単だよ

U-NEXTへの登録は、5分もかからず、簡単にすることができます。
 
 
U-NEXTへの登録手順はこちらを見てみてください。
 
 

 
 
U-NEXTでさまざまな作品を視聴することができます。
 
 
<U-NEXTで視聴できる主な作品>
 
【邦画】
スマホを落としただけなのに
疾風ロンド
カイジ1~人生逆転ゲーム~
カイジ2~人生奪回ゲーム~
十二人の死にたい子どもたち
寝ても覚めても
 
【洋画】
ジュマンジ2
ワンスアポンアタイムインハリウッド
マレフィセント1
マレフィセント2
ジョーカー
 
【ドラマ】
ケイジとケンジ
連続殺人鬼カエル男
ハムラアキラ
・女子高生の無駄づかい
 
 
 
▼1ヶ月は無料で視聴できます▼

女子高生の無駄づかい(ドラマ)を無料視聴する

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

U-NEXTの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

女子高生の無駄づかい(ドラマ)はパンドラ、9tsuで見れない?

SHO
SHO

「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」は、パンドラや9tsuで見れる?

JUN
JUN

見れるかもしれないけど、危険だよ。オススメできないよ!

パンドラ、9tsuなど、違法アップロードが行われているサイトがあります。
 
 
主な違法アップロードサイトはこちらです。
 

・Pandora(パンドラ)
・dailymotion(デイリーモーション)
・9tsu
・veoh
・streamin
・Kissanime
・AnimeNova
・b9dm
・gogoanimetv
・アニチューブX
・アニポ

 
以前なら、これらのサイトに動画がアップロードされて視聴することができましたが、現在は、著作権に厳しくなり、映画がアップロードされてとしても、すぐに削除されてしまいます。
 
 
また、視聴できたとしても、画質が悪くて、見づらかったり、動画が止まってしまったりして、まともに見ることができません。
 
 
これらのサイトがオススメできない理由は、見れないというだけでなく、ウィルスに感染することもあります。
 
 
ウイルスに感染すると、最悪の場合、個人情報が抜かれたりする可能性があるので、危険です。
 
 
海外の無料動画サイトではなく、安全に動画を視聴したい方は、動画配信サービスで視聴する方法をおすすめします。

女子高生の無駄づかい(ドラマ)の作品紹介


「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」は、「バカ」「ヲタ」「ロボ」という特徴的な呼び名のJKたちのハナクソレベルの日常を描く、超挑戦的コメディードラマです。

出演者

・田中望(あだ名:バカ):岡田結実
・菊池茜(あだ名:ヲタ):恒松祐里
・鷺宮しおり(あだ名:ロボ):中村ゆりか
・山本美波(あだ名:ヤマイ):福地桃子
・一奏(あだ名:マジメ):浅川梨奈
・百井咲久(あだ名:ロリ) 畑芽育
・久条翡翠(あだ名:マジョ)井本彩花
・警察官:横山涼
・シーキョン:内藤理沙
・佐渡正敬(あだ名:ワセダ):町田啓太
・教頭:大倉孝二

第1話のあらすじ

街に溢れるキラキラな女子高生たち。タピオカ、自撮り、盛れた?いいね!いいね!
 
 
そんな中…ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。
 
 
彼女たちの名は田中望=バカ(岡田結実)、菊池茜=ヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおり=ロボ(中村ゆりか)――さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。
 
 
入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカ。
 
 
しかしクラスを見渡し衝撃的事実に気づく。「なんで女しかいねーんだ?」
 
 
受験したのが“女子高”だったことに今更気づき、悲嘆にくれるバカ。
 
 
これじゃ男子との出会い、絶望的じゃん。高校入ったらモテまくってイケメンの彼氏作るはずだったのに!こうなったら担任教師に期待するしかないじゃん!
…しかしバカのそんな願いもむなしく、現れた担任の佐渡正敬=ワセダ(町田啓太)は、着任の挨拶でゴリゴリの“女子大生派”だ、と宣言する。
 
 
華のJK生活に危機感を感じたバカは、他のクラスメイトと距離を詰めようとするも、重度の中二病・山本美波=ヤマイ(福地桃子)、優等生すぎて面白みゼロの一奏=マジメ(浅川梨奈)、無駄にオラつくお子ちゃま・百井咲久=ロリ(畑芽育)、コミュ障オカルトマニア・久条翡翠=マジョ(井本彩花)など、超個性的な面々にげっそり。
 
 
かくして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常――彼氏を渇望するバカに明るい未来はあるのか?

 
 

女子高生の無駄づかいのネタバレあらすじと感想

第1話のネタバレあらすじ

救いようのないバカ

高校に入学した田中望は、友人の菊池茜と鷲宮しおりと一緒に、教室を眺め驚きの声をあげていた。

望は、女子しかいない教室をかけまわり茜になぜ女子しかいないのかと聞いていた。

すると茜としおりは、ここが女子高であることを教え、入試を受けたときに気づかない望に呆れていた。

高校に入ったらモテまくってイケメンの彼氏を作ることを目標にしていた望は、入学初日に出鼻をくじかれてしまう。

望は教師に期待するも、担任の佐渡はイケメンたが女子大生しか興味がないと語る変わり者であった。

そんな望たちは、華の女子高生生活をスタートさせるのであった。

仲間を作る

授業を受けながら妄想にふける望は、感情が死滅しているしおりや、BLにしか興味がない茜のことを見つめていた。

放課後、望は自分がモテないのは茜やしおりが近くにいるからではないかと仮定し、新たにつるむ人材を探すと言って教室を後にする。

歩いていた百井咲久に声をかけるのだが、見た目や発言が幼いものの、反抗期のような態度を見せられ諦めてしまう。

次に声をかけた山本美波は、望の質問に独自の世界観を見せるなど、かなりの中二病を患っていた。

その後も、真面目すぎる一奏やオカルトマニアの九条翡翠と出会うのだが、彼女たちの強力なキャラに圧倒されてしまうのだった。

教室に戻ってきた望は、茜やしおりが、かなりまともであることに気がつき、一緒に帰ろうと誘うのであった。

あだな

そんなある日、望は独断と偏見でクラス全員のあだなを決めたと、茜としおりに見せていた。

担任をワセダと名付けたり、見た目やインスピレーションのみで、かなり個性的な名前を着けていた。

さらにオタクの茜はヲタ、感情が死滅しているしおりにはロボと付けるのだが、自分だけはつけれなかったと話す。

するとロボから色々と候補をあげられ、実際にそのあだなを試してみることにした望。

しかし、どれもしっくりこず頭を悩ませる望だったが、最終的にロボから「バカ」というあだなをつけられ、満足顔の望であった。

バカの悩み

数学の補習を受けていたバカは、ある問題に頭を悩ませており、ワセダが声をかけていた。

すると、バカは何故自分がモテないのかという問題が解決しないと語り、ワセダは呆れていた。

すると、バカがモテていたことに気づかなかっただけではないかと考え、アプローチに気づかなかったのではないかと話し始める。

そう思ってしまったバカの勢いは止めることが出来ずに、これまでの男子たちに確認すると言って教室を飛び出してしまう。

引き留めようと追いかけるワセダの姿を見た教頭が、なにかあったのではと追いかけていく。

昇降口で立ち止まるバカは、確認して全員に好かれていたらどうしようという新しい悩みを抱えてしまう。

ワセダに気がついて振り返ったバカが鼻を垂らしていることに気がついたワセダは、頑張れよと声をかけ去っていくのだった。

ヲタの夢

ある日屋上で、自作のマンガをロボに見せるヲタは、感想を聞きたいとお願いしていた。

ロボはどうしてバカではないのかと聞くと、バカに見せたらおちょくられそうだと話すと、それに同意するロボだった。

マンガを見終わったロボは、作画ミスや描かれたキャラの膝が曲がっていないことにツッコミをいれる。

自分の未熟さが恥ずかしくなってしまったヲタは、勉強し直すと言って家に帰っていくのだった。

その夜、自分が描いたマンガが実写となって夢に出てきてしまい、目を覚ましてしまう。

すると深夜にも関わらず、はまっている自撮り写真を送り続けるバカからの連絡に、冷たい表情をするのであった。

友達の理由

試験勉強をするためにファミレスに来たバカとヲタだったが、誘ったバカは勉強もせずだらだらしていた。

一人勉強を続けるヲタは、自由奔放なバカを見て、何故友達でいるのかと思い始めてしまう。

バカやロボという変わった人が近くにいるということで、自分がまともだと感じたいからではと思ってしまう。

そんな自分に嫌悪感を感じてしまったヲタは、トイレに行き頭を冷やして帰ってくると、ジュースを一気に飲み干す。

しかしそのジュースは、バカが色々と混ぜて作った激マズジュースだったため、ヲタは気を失ってしまう。

その時中学の頃、漫画家になりたいとバカに相談した記憶が蘇り、そこで夢を応援されていたことを思い出すのだった。

目を覚ましたヲタは、そこに水を持ってやってきたロボや、心配するバカの顔を見て、楽しいから友達なのだと笑顔になるのであった。

第1話の感想

自由でおバカな女子高生の頭の中を覗いているようなドラマで、型破りなバカたちがとても楽しそうです。

ロリやマジョ、ヤマイといった強烈なキャラのクラスメートたちも、今後絡みがあるようで、とても楽しみです。

次回も、中学生のように破天荒なバカたちの生活を楽しみにしていきたいと思います。

第2話のネタバレあらすじ

ロリの言葉

さいのたま女子高校に通う田中望、通称バカは授業でさされても、臆することなくバカっぷりを披露する。

そんな大胆すぎる発言を聞いた反抗期まっさかりのロリは、バカのやばさに驚いていた。

いつもバカの手玉にとられてしまうロリは、今日もだまされてしまい、無駄なことをさせられる。

怒ったロリは、バカに文句を伝えに来ると、孤独死しろと言って去っていくのだった。

その日の放課後、ファミレスにきたバカとヲタとロボの3人は、ロリの言葉を思い出していた。

するとロボが、心のドキドキはパートナーがいることよりも大切だと教えると、2人はバカのためにドキドキを探しに行くのだった。

しかしバカの好みがまったくわからず、そんな時ヲタは、推しているボカロPの新曲が出たと言って帰ってしまうのだった。

着衣のまま濡れるのが好き

翌日、ヤマイの進路指導をする担任のワセダだったが、中二病全開のヤマイに困惑していた。

困り果てたワセダは、親を呼ぶと伝えると、すぐに進路を決定するヤマイなのであった。

その頃、勉強ばかりで女子の話題に乗れないことに悩んでいるマジメは、同じ匂いのするロボに興味を持っていた。

しかし勉強一筋だったマジメは、会話の内容やタイミングをはかれずにモヤモヤしていた。

そんな時、バカを見て笑うロボを見たマジメは、バカを研究することできっかけが掴めるかもしれないと、観察日記をつけ始める。

そんなある日、急な夕立に困っていたロボを見つけ、勇気を出して声をかけたマジメは、持っていた傘を貸すことにする。

自分の心配をされたマジメだったが、雨の中外に出ると「着衣のまま濡れるのが好きなんです」と笑顔で雨を浴びるのだった。

しかし、無理がたたったマジメは、その夜風邪をひいてしまうのだった。

おばあちゃん

ロリは、バカたちを手懐けるために不本意だが食べ物で従わせようと画策し、お菓子を差し出していた。

しかし、ロリの予想外をはるかに超えるバカの行動に、ロリは思わず泣き出してしまうのだった。

家に帰ったロリは、VRゲームをする大好きなおばあちゃんを見て癒されており、おばあちゃんから学校のことを聞かれるのだった。

さらに友達は出来た?と聞かれたロリは、思わず嘘をついてしまい、おばあちゃんもそんなロリを心配そうな表情で見るのだった。

一方ワセダは、小テストの裏に落書きばかりするヤマイを呼び出し、説教をしようとしていた。

しかし、重度の中二病のため、わけのわからないことばかり言われたワセダは、ストレスが溜まるのだった。

いらき

面談を終えたワセダは、校門のところに不登校のマジョがいることに気がつき、声をかけていた。

しかしなかなか入ってこれないマジョは「森に帰ります」と言って、そのまま帰ってしまうのだった。

疲れきったワセダが校舎に入ると、自分の胸の小ささにキレているバカとすれ違う。

そんなバカを見ていたロボとヲタは、バカに定期的にやってくる「いらき」が来たのだと話すのであった。

いらきのバカを落ち着かせようと、お気に入り曲を聞かせるヲタだったが、効果がないどころか、悪口を言われヲタまで怒りだすのだった。

イライラの収まらないバカは、コンビニでカップ麺を買って帰っていくのであった。

その頃お気に入りのボカロPにメッセージを送ったヲタは、返信が来たことにテンションをあげていた。

ヲタが好きなボカロPは、実はワセダであり、メッセージが来たことに喜び、昼間の疲れが吹き飛ぶのだった。

翌日、それぞれがすっきりしたようで、いつもの朝の光景に戻るのであった。

マジメの苦悩

バカを観察するマジメは、いつもより元気がないことを気にしていると、突然目の前にバカがやってくる。

そして、補修を回避するためのアホらしい作戦のために、ノートを貸してほしいと言われるのだった。

断るマジメだったが、唐揚げをあげるかりと粘られてしまい、結局ノートを貸すことになり「唐揚げが通貨になればいいのに」といって去っていくバカであった。

その日の休み時間中に、ロボと話すチャンスを得たマジメは、バカと同じセリフを言ってみることにする。

しかし、話題が広がることも笑ってくれることもなく、落ち込んで家に帰っていくのだった。

その夜、反省をしようと観察日記を見返そうとするが、ノートを全てバカに貸してしまったことを思い出し慌てるのだった。

翌日、ノートを心配するマジメをよそに、バカ全開でやってきたバカは、ノートを写せなかったとお礼を言うのだった。

体操着の忘れ物

ロリは、自分の体操着を忘れたことに焦っていた頃、家で忘れ物に気がついたおばあちゃんが届けにやってくる。

校門の外におばあちゃんを発見したバカは、せっかくだからと案内することにするのだった。

その途中、ロリが両親と離れて暮らしていることや、自分にはおばあちゃんがいないことなどを話していた。

するとそこに、勇気を出して体操着を借りたロリが現れ、おばあちゃんの姿に驚くのだった。

ロリが頑張ったことを理解したおばあちゃんは、散歩に来ただけと言って帰っていくのだった。

そして、校庭にあったバスケットボールを手に取りゴールを決めると「まだまだ若い者には負けてない」と笑顔を見せるのだった。

第2話の感想

絶賛反抗期中のロリのいいこな反抗期姿は、文字では表せないくらい可愛らしいですね。

そしてすこぶるバカ全開で、考えがすべて口から出ているようなバカには感心すらしてしまいます。

かなり個性の強いキャラばかりで、ずっと笑わされてしまい、次回はどんなバカをするのか、楽しみにしたいと思います。
 
 
女子高生の無駄づかい2話のロケ地や撮影場所はこちらを見てみてください。

第3話のネタバレあらすじ

バカの脱ぎたてのパンツ

登校してきたバカは、近くで靴を履き替える女子生徒を見ると、ヲタとロボにあることを考えたと話し始める。

仕方なく話を聞いてあげるヲタとロボに、バカは「自分の脱ぎたてのパンツはどのくらいの価値があるのか」と話し始める。

お金持ちのおじさんであれば10万くらいで買い取ってくれるのではないかと話していた。

それを聞いて呆れるヲタは、お金持ちはバカのパンツなんか買わないと伝えていた。

さらにロボからは有害物質に指定するべきだと言われてしまい、その話を聞いていた担任のワセダが呆れているのであった。

クラスメートたちの日常

ある日、教室の前でヤマイに声をかけられたワセダは、パーカーのフードをで顔を覆った状態に驚く。

髪の毛がジッパーにかんでしまったのだと助けを求めるヤマイだったが、ワセダは前髪を切るしかないと伝える。

前髪を切ることを拒むと、ワセダはあることを思いつき、ヤマイを教室にいれるのだった。

取れなくなってしまったフードの目だけだせるように切り取って授業をうけさせるのであった。

その姿に笑いを抑えることができなくなってしまったバカは、笑いすぎで窒息しそうになるのだった。

転校生

ある日バカたちのクラスにハーフの転校生染谷りりぃがやってくると、彼女が女の子が好きなのだと告白していた。

バカたちは、彼女がアブノーマルであることに興味をしめすと、りりぃは男アレルギーだと話していた。

りりぃは男に触ったりするとくしゃみが出るのだと言って、バカの手を触るとりりぃはくしゃみが出てしまう。

男性にしか反応しないはずなのに、バカに触るとその症状が出てしまうことを疑問に感じていた。

翌日、大量のティッシュを持ってバカへの対策を万全にしたりりぃを不思議そうに見るバカ。

なんとか関わらないようにするりりぃだったが、すぐ寝てしまったりと予測不能の行動に、謎が深まるりりぃであった。

ヤマイとマジメ

ヤマイは校庭にある木に登っていたのだが、降りれなくなってしまっていたのだった。

ヤマイはマンガやアニメのようにかっこよく降りれるものだと思っていたようで、困り果てていた。

そこにマジメがやってきて、声をかけるとヤマイはりりぃのことを見張っているのだと答えていた。

あまりにも幼稚な考えを聞かされたマジメだったが、ヤマイが降りれなくなったのだと悟る。

すると颯爽と木に登り、ヤマイを抱えて飛び降りたマジメを、ヤマイはマンガのようだと感動するのであった。

BLアイズ

ヲタは、お気に入りのBLマンガを見て、興奮で大声をあげていた。

バカは、ヲタの好きなものが色々な方面にありすぎると、その幅広さに驚くのであった。

すると、外で教頭とワセダが話しているのを見つけたロボは、あの二人でもBLを感じとることができるのかと聞いていた。

早速2人をBLの観点から見てみたヲタは、2人の絡みが「あり」であることに驚いてしまう。

バカとロボには、秘密にするのだが、1人トイレに行ったヲタは、ワセダ×教頭の関係に悶えるのであった。

迷子のロリ

マジョこと北条翡翠は、入学式以来なかなか学校に来れない状態が続いており、ワセダが心配していた。

すると学校に警察から連絡が入り、ロリになにかあったようで、ワセダが慌てて出ていくのだった。

交番に着いたワセダは、ロリが迷子の子供を送って行こうとしたが、逆にロリが迷子になってしまったと言われる。

その帰り道、ワセダは無理に大人になろうとしなくていいと伝えると、ロリはそのワセダの背中に父の姿を重ね合わせるのだった。

そして、ワセダの手を繋ぎ歩いていくのだったが、周囲の目もあり急いで手を離すワセダであった。

妹の琥珀

学校の帰りにマジョの双子の妹である琥珀が、バカたちに声をかけると、マジョと友達になってほしいと頼むのだった。

ファミレスに着いたバカたちは、琥珀からオカルトにはまりすぎて家から出られないマジョが心配なのだと話す。

友達がいれば学校へいく気が出るはずだと考え、バカたちに声をかけたのだった。

バカはその琥珀の提案を受けることにすると、マジョを呼び出しバカたちに会わせるのだった。

すると、切った爪を瓶に入れて持ち歩くなどの奇行に驚くヲタだったが、バカはそんなマジョに面白いと声をかけるのだった。

翌日、またもマジョが欠席なのかと思っていたワセダだったが、そこにマジョが現れ、喜ぶのだった。

髪が短くなったマジョに声をかけるバカたちに、友情の証として自分の髪で安代ミサンガをプレゼントするマジョなのであった。

第3話の感想

相変わらずのバカっぷりに笑わされっぱなしでしたが、それぞれのキャラクターに愛着がどんどん沸いてきてしまいました。

そして木から飛び降りる芸当を披露したマジメでしたが、かなり運動神経もいいみたいですね。

不登校のマジョを登校させることができたバカの純粋ながらも、まっすぐという新しい一面がみれた回でした。

第4話のネタバレあらすじ

自分磨きとごま油

女子高生というものは、自分磨きに余念がなく、可愛く見せるための努力を惜しまない。

ロリもまた、その一人であり、学校でメイクを直していたのだが、保険の先生であるシーキョンがロリを見て驚く。

メイク慣れしていないロリの眉毛はかなり太く書かれており、さらにメイクもかなり濃くなっていたのだ。

自分磨きをしているのは、バカも同じでヲタとロボに、自分の変化に気づいてほしそうに近づいていく。

まったくわからない2人に、リップをごま油にしたことを告げると、ヲタからドン引きされてしまう。

しかし、食べれるリップだと自慢げなバカは、2人にもそれを強要しようとするのであった。

高橋(仮)

バス停にいる1人の男子高校生、高橋(仮)は、いつもバスの中で見るロボに心惹かれていた。

ロボの持つ独特の雰囲気や、毎日読んでいる少し変わった本など、ロボを毎日のように観察していた。

今日もまたバカとヲタととの何気ない会話を盗み聞きする高橋(仮)は、ロボとの妄想に思いを馳せる。

そんなある日、バスの中で見かけたロボたちの会話に耳を傾けていると、バカから欲しいものの話になり、ロボの欲しいものがなんなのか、気になっていた。

ロボは、歳を取らないための実験サンプルだと答えると、自分が実験台になる妄想をして、一人悦に入る高橋(仮)なのであった。

ヤマイとシーキョン

オッドアイに憧れるヤマイは、カラーコンタクトを手に入れると、なんとか入れようと必死になっていた。

しかし、コンタクト初心者のヤマイにとって、コンタクトを入れることにかなりの苦戦を強いられる。

結局入れられないまま学校に行ったヤマイは、片目だけ赤いことに気がついたワセダに「まるでオッドアイみたいだ」と指摘され、保健室に行くよう指示される。

オッドアイと言われたヤマイは、テンションが上がってしまい、ウキウキで保健室に向かっていく。

さらに、保健室でシーキョンに眼帯をして貰ったヤマイは、鏡でその姿を見ると、そのかっこよさにうっとりしてしまう。

そんなヤマイに、シーキョンがなぜ包帯をずっと巻いているのかと質問をすると、ヤマイは中二病全開の話をし始める。

それを聞いていたシーキョンは、なんとか教室に返そうとその話に乗っかり、自分も悪魔属だと、腕の大きな絆創膏を見せる。

そのシーキョンの話に納得したヤマイは、秘密は守ると言って教室に帰っていくのであった。

無自覚系モテ女子

リリィは、女子からモテるための努力を毎日のようにしており、多くの女子生徒に囲まれていた。

そんなリリィが、学校一モテる女子として注目していたのが、ボーイッシュなマジメであった。

マジメは、そのルックスや気遣いの上手さと何気ない優しさなど、天然のモテる女子であった。

そんなマジメをからかおうと近づいたリリィだったは、マジメの秘密を知っていると語りかける。

するとマジメから真剣な表情で壁ドンされてしまったリリィは、その表情などに少し惹かれてしまう。

計算高いリリィですら恋してしまう、無自覚系モテ女子の恐ろしさを、身をもって体験するのであった。

あの日の曲

ヲタは、お気に入りのボカロPの新曲を聞いて、その素晴らしさに悶えるほどの感動を受けていた。

そのボカロPとは、ワセダの裏の顔であり、ワセダは自宅でこの曲を作った日のことを思い出していた。

2000円という金額に釣られ、奇抜な美容室に入ったワセダは、突っ込みどころ満載の美容室に驚いていた。

そして、3時間かけてまったく代わり映えのない出来に、かなりの苛立ちを覚えて、作ったのだった。

視聴数が伸び悩んでいると画面を見ていると、そこにヲタがその曲の歌ってみたの動画をアップした知らせが届く。

それを聞いたワセダは、その歌声を聞いて、あの日のことを思い出し、苛立ちを再燃させるのであった。

翌日、ワセダとは知らないヲタは、返信が来たことにテンションを上げ、ニヤニヤしていた。

それを見てバカからからかわれている声を聞いて、歌ってみたの声に似ていると気づくが、気のせいかと気持ちを切り替えるワセダであった。

バカのエクソシスト

ある日の帰り、バス停にいたロボ達を見つめていた高橋(仮)は、勇気を出して声をかける決意をする。

気を使ったヲタは、嫌がるバカを引き連れロボと高橋(仮)の2人きりにするのであった。

高橋(仮)は、会話の武器として本好きという共通の趣味を持ち出し、ロボが読んでいる本が気になり探していると声をかける。

するとロボは、相当困っているようだとその本を高橋(仮)に渡し、バスに乗り込んでいく。

その本のタイトルを見た高橋(仮)は、かなり独特な内容の本に、ロボへのヒントを読み解くのだと決意を新たにするのだった。

翌日学校でロボに絡むバカたちは、あのあとの事を聞いていたのだが、ロボは本を貸しただけだと告げる。

信じないバカは、ブリッジした体勢になり「モテたい」と叫び始め、それを見た教頭は、冷たく「頑張れよ」と声をかけるのだった。

第4話の感想

ロボに恋の話がやってきたのですが、やはりロボの感情では、そんなこと興味がなさそうでした。

1話から見てきていますが、緩くてなんとなくずっと見ていられるような不思議な魅力のあるドラマです。

一人一人の個性もどんどん魅力的になってきていて、次回もどんなバカらしいことがあるのか、楽しみにしたいと思います。

まとめ

SHO
SHO

早速、U-NEXTに登録して、「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」を楽しんでみるね。

JUN
JUN

ドラマ好きなら、U-NEXTはめっちゃ楽しめるよー

SHO
SHO

自宅で「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」を楽しんでみるね!

 
 
これまで説明してきましたが、「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の動画を無料視聴できるのは、U-NEXTです。
 
 
31日間は無料でいろんな動画を視聴できるし、登録直後に600ポイントもらえるので、登録するだけで見たいドラマから新作ドラマまで無料視聴ができます。
 
 
海外の無料動画サイトでの視聴ができなかったという方も、ぜひU-NEXTを試してみてください。
 
 

▼今すぐ「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

U-NEXTの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

U-NEXTは31日間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「女子高生の無駄づかい(ドラマ)」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました