トップナイフの見逃し動画配信は無料?pandoraやmiomioでは見れない?

無料動画配信

「トップナイフ」は2020年1月11日から放送されています。
 
 
0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャーと戦い、常に完璧を求められ、手術は全て成功して当たり前という最高の医師「トップナイフ」たちが抱える秘密などを巡るドラマ。主演は、女優の天海祐希さん。
 
 
今回は、「トップナイフ」の見逃し動画を無料視聴できる方法を調べてみました。
 
 
今すぐ、ドラマ「トップナイフ」の無料動画をフル視聴したい方は、こちらからどうぞ!
無料でトップナイフの動画を見る
(無料期間中に解約すれば、お金はかかりません。)
 
 

快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「トップナイフ」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はhuluのサイトでご確認ください。

トップナイフの見逃し動画を無料視聴する方法

「トップナイフ」の見逃し動画が視聴できる動画配信サイトは、こちらです。
 
 

動画配信サービス 配信状況
FODプレミアム ×
U-NEXT ×
Hulu
ビデオパス ×
TSUTAYA DISCAS&TV ×
dtv ×
Paravi ×

 
※ 2020年3月時点の配信状況となります。
 
 
「トップナイフ」は、日本テレビ系列で放送されたテレビ番組で、見逃し視聴できる動画配信サービスは、huluのみとなっています。
 
 
Huluでは、日本テレビ系列で放送される最新ドラマを見ることができます。
 
 
また、2週間の無料期間があるので、2週間のみの登録なら、無料で視聴することができます。ポイントが新たにかかったりすることなく、登録するだけで、すぐに視聴することができます。
 
 
「トップナイフ」は、見放題作品なので、無料登録するだけで視聴することができます。
 
 
今すぐ、ドラマ「トップナイフ」の無料動画をフル視聴したい方は、こちらからどうぞ!
無料でトップナイフの動画を見る
(無料期間中に解約すれば、お金はかかりません。)
 
 

快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「トップナイフ」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はhuluのサイトでご確認ください。

huluの特徴と登録方法

SHO
SHO

huluに登録するのって、面倒?

SHIORI
SHIORI

そんなことないよ!5分もあればできるし、簡単だよ

Huluは月額料金だけで動画が見放題の動画配信サービスです。月額料金は933円ですが、初回登録で2週間無料で利用することができます。
 
 

 
 
「トップナイフ」は、Huluで見放題視聴できる作品なので、第1話から最新話まで全話、無料登録すれば、全部見ることができます。無料期間内に解約すれば、一切、お金がかからないので、安心してみることができます。
 
 

「トップナイフ」を無料視聴する


 
 
Huluは、別途ポイントが必要な作品などがなく、すべての作品が見放題となっています。2週間のトライアル期間があるので、2週間は無料で全部の作品が見放題で視聴することができます。もちろん、「トップナイフ」のフル動画が0円で視聴できちゃいます!
 
 

 
 
50,000本の映画やドラマが見放題で、自宅でも外出先でも動画を楽しむことができます。
 
 
今、放送されているドラマでは、以下のドラマを視聴することができます。
 
 

 
 

 
 
Huluへの無料登録は、3分もあれば、簡単に登録することができます。
 
 

 
 
Huluでは、パソコンで動画が見れるだけでなく、スマホやタブレットでも視聴することができ、見たい時間に見たいだけ、動画を楽しむことができます。
 
 
お金を動画配信サービスにかけたくないという方は、無料期間がいつまでなのかを気をつけて、2週間の無料期間内に解約すれば、一切お金は請求されることがないので、安心して利用することができます。
 
 
今すぐ、ドラマ「トップナイフ」の無料動画をフル視聴したい方は、こちらからどうぞ!
無料でトップナイフの動画を見る
(無料期間中に解約すれば、お金はかかりません。)
 
 

快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「トップナイフ」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はhuluのサイトでご確認ください。

トップナイフはpandora、miomioで見れない?

SHO
SHO

「トップナイフ」は、pandoraやmiomioで見れる?

SHIORI
SHIORI

見れるかもしれないけど、危険だよ。オススメできないよ!

pandora、miomioなど、違法アップロードが行われている動画サイトがあります。
 
 
主な違法アップロードサイトはこちらです。
 

・Pandora(パンドラ)
・dailymotion(デイリーモーション)
・9tsu
・veoh
・miomio
・streamin
・Kissanime
・AnimeNova
・b9dm
・gogoanimetv
・アニチューブX
・アニポ

 
以前なら、これらのサイトに動画がアップロードされて視聴することができましたが、現在は、著作権に厳しくなり、動画がアップロードされてとしても、すぐに削除されてしまいます。
 
 
また、視聴できたとしても、広告が表示されたり、画質が悪くて、見づらかったりするので、まともに見ることができません。
 
 
これらのサイトがオススメできない理由は、見れないというだけでなく、ウィルスに感染することもあります。
 
 
スマホであってもウイルスに感染してという報告がります。
 
 
ウイルスに感染すると、最悪の場合、個人情報が抜かれたりする可能性があるので、危険です。
 
 
海外の無料動画サイトではなく、安全に動画を視聴したい方は、次にご紹介する視聴方法をおすすめします。

トップナイフの番組内容


0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャーと戦い、常に完璧を求められ、手術は全て成功して当たり前という最高の医師「トップナイフ」たちが抱える秘密などを巡るドラマ。

日テレ系土曜ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」第一話ダイジェスト

トップナイフのネタバレあらすじと感想

第1話のネタバレあらすじ

脳外科にも変化を

脳外科医の深山瑶子は、深夜に変な夢を見て飛び起きる。その頃黒岩健吾と西郡琢磨も同じような夢を見ていた。

翌朝、電話の音で目を覚ました瑶子は、上司である今出川孝雄からの着信に面倒くさそうな表情をする。

電話に出た瑶子は、脳外科に3人も新しく赴任してくることに、文句を言っていた。

しかし今出川は、脳は変化を感じとることで成長していくのだと説明され、それは脳外科も同じだと伝えられるのだった。

すっかり丸め込まれてしまった瑶子は、反論の隙すら与えられずに電話を切られてしまうのだった。

新任の脳外科医

ロッカーに向かっていく看護師の小沢真凜は、鏡に向かって面接の練習をする小机幸子を発見する。

恥ずかしいところを見られてしまった幸子だが、真凜から工場爆発事故の患者が運ばれてくることを伝えられる。

しかし勉強はできるものの、現場での経験が全くない幸子は、対応しきれずフリーズしてしまう。

するとそこに現れた瑶子が、的確な指示や対応でその患者の命を救うことになるのだった。

オペが終わり、幸子の使えなさを今出川に嘆くが、またうまく交わされてしまい逃げられてしまうのだった。

トップナイフ

その頃脳神経外科にやってきた琢磨は、患者のカルテを見ると手術させて欲しいと今出川に直訴に向かっていった。

看護師の犬飼剛は、同僚の真凜に琢磨のことを聞くと、脳神経外科だけでなく外科やカテーテルもこなす二刀流だと説明される。

瑶子を”女帝”と称する剛は、自信家の琢磨と瑶子の衝突を予見するのであった。

そしてもう一人の新任は「世界のクロイワ」と称されるほどの実力者で世界のトップナイフにも選ばれたことがあるのだという。

黒岩は、手術の腕は一流だが人間としてはクズ中のクズと言われるほど女癖が悪いことで有名であった。

オペを断る!?

脳腫瘍を患い入院中の宅間は、家族を送り出すと自分も手術室にいっていますと笑顔を見せていた。

病室を出た家族たちは、手術すれば父親が元に戻るのかと不安な表情を浮かべていた。

すると宅間の妻みどりが、脳神経外科を訪れ、黒岩のオペを断ると伝えに来る。理由を聞いた瑶子は自分が執刀するとみどりに伝えるのだった。

その事を受けカンファレンスが行われると、画像を見た黒岩が手術を降りると言って部屋を出ていく。

後を追っていく瑶子は、患者に寄り添うことも必要だと説得するが、反対に瑶子には優しすぎるところがあると、言い返されてしまう。

それを聞いていた琢磨は、黒岩をライバル視していることから、オペの助手に回ると提案されるのだった。

本当の理由

宅間のオペ当日、瑶子の元へやってきたみどりは、宅間がDV夫だったことを告白し、腫瘍で入院してから温厚な夫になったことを話始める。

それでも腫瘍の大きさから、命の危険があると説明されると、手術を受けることを決意するのだった。

その頃待合室では、幸子が問題なしと診断した患者の容態が急変し、その患者が頚椎に損傷があることを黒岩が見抜く。

緊急性があると判断した黒岩は、幸子を引き連れオペを開始するのだった。

瑶子がオペを進めていくと、腫瘍かと思われたものはサナダムシの卵であり、無事それを切除に成功する。

黒岩も判断の早さから、患者の命を救うことに成功するのだった。

元に戻るのか

みどりに腫瘍ではなかったことを伝えた瑶子は、性格が元に戻るか不安な表情をするみどりに、大きな手術が人生観を変えることもあると説明する。

不安の残る宅間の家族が、手術を終えた宅間の病室に入り、寝ている宅間を囲んでいた。

目を覚ました宅間は、家族の顔を見ると「ただいま。やっと帰ってこれた」と握手を求める。

その様子にホッとした家族は、温厚な宅間に戻ったのだと安心し、宅間の手を握るのであった。

手術も終わり、2つの手術が無事に終わったことを今出川に報告し、歓迎会も兼ねてバー「カサブランカ」へと向かっていった。

そこで黒岩は、宅間が腫瘍ではないことに気づいていたことを話し、帰っていってしまう。

琢磨も明日が早いからと帰っていってしまう。今出川が瑶子に「変化は楽しめましたか?」と声をかける。

黒岩、琢磨そしてバーで下手な踊りを披露する幸子を見た瑶子は、気合いを入れ直すのであった。

第1話の感想

曲者だらけの脳神経外科の集まりになり、かなり個性的なキャラクターにとても魅力のあるドラマです。

瑶子の技術もさることながら、黒岩もかなりの実力者のようでこれからのオペシーンに期待ができます。

そして、シリアスになりすぎないような幸子のキャラクターもこのドラマの人間関係にいいスパイスだと感じました。

さらに、瑶子や黒岩そして琢磨が深夜に聞いたあの声とは一体なんなのか、とても気になりました。

これからどんな病気や症状が出てくるのか、さらに琢磨の腕にも興味があり、次が楽しみなドラマです。

第2話のネタバレあらすじ

黒岩のセクハラ発言

若い医師たちの前で説明しながらオペをする黒岩だったが、幸子の要領の悪さに怒ってしまう。

オペが終わった黒岩に謝る幸子だったが、そこで「女は脳外に向いてない、やめちまえ」と言われてしまう。

その言葉に怒った幸子は、瑶子に相談すると真凜と幸子を引き連れセクハラだと伝えに来る。

そこでも女性蔑視の発言をする黒岩に、理事会にこの発言があったことを報告すると言って去っていくのだった。

瑶子はこのことを部長の今出川に相談するも、瑶子ならなんとか出来るはずとまたも話をはぐらかされるのであった。

その頃、とある女性がお酒を煽るように飲むと、自室の窓から飛び降りてしまうのだった。

ストーカー行為に悩む女性

そんな東都病院に、1年前の交通事故で脳挫傷を負った外来患者の牧羽由香里という女性を診察する瑶子。

由香里は、脳挫傷が回復したあとも頭痛に悩まされると話す一方、元恋人から執拗に付きまとわれていることを相談する。

さらにその元恋人が黒岩だと告げ、そのことを相談しにきたのだと瑶子に告げるのであった。

その頃自殺を謀った桑原和子を処置する西郡は、そんな彼女に嫌悪感を抱き厳しい言葉をかけていた。

瑶子は、黒岩の元を訪れ由香里の話をすると、心当たりがあると言ってある女性に電話をかける。

すると、黒岩に会いに来ていたその女性と直接会った黒岩は、付きまとうなと話し瑶子の話をする。

しかしその女性は、外来になどかかっていないと告げ帰っていくのであった。

瑶子の違和感

翌日も外来にやってきた由香里は、ストーカー行為が収まっていないと文句を言っていた。

瑶子は由香里が今度は西郡を指差したことや、黒岩とすれ違ってもなんの反応もしないことに違和感を感じていた。

西郡を問い詰める瑶子だったが、こちらも心当たりがあるといって、とある女性に電話をかける。

女性と話す西郡は、人違いであることを指摘されると、その会話の最中に右手の震えを覚えるのであった。

翌日も現れ、今度は今出川を指差す由香里の言葉を信じ、今出川を問い詰めるも、由香里とはなんの関係もないと言われるのであった。

そんな中、和子の診察をしていた西郡は、自殺の理由が原因不明の顔面の痛さなのだと伝えられるのであった。

それぞれの理由

和子の言葉で何かに気がついた西郡は、CT画像から脳腫瘍を発見し、それが三叉神経を圧迫していることを発見する。

それを和子とその夫に伝え、手術で良くなる可能性があることを伝えると、その可能性にかけたいと手術を承諾されるのだった。

瑶子は、話の整合性のない由香里を診察すると、元恋人の話を聞き出そうとするのであった。

すると由香里は、妻子ある上司を好きになってしまい、実らない恋が辛くなり会社を辞めたと話す。

そしてその気持ちを消化させられないまま、事故にあってしまったのだと説明されるのであった。

その頃今出川や黒岩を集めた瑶子は、由香里のコロコロ変わる発言が、フレゴリ妄想ではないかと話をする。

1年前の事故の脳腫瘍により、顔を認識する部分が異常をきたし、どの顔を見ても元恋人に見えてしまっているのではと推測する。

2つの手術

その時瑶子に、由香里が倒れたことを知らせる連絡があり、脳内出血していることを発見する。

黒岩が執刀することになり、瑶子は由香里を頼むと告げ、和子の手術をする西郡の元へと向かっていく。

西郡のオペ室に入った瑶子は、順調な手術に感心し、由香里の症状を伝えていた。

忘れようとするあまり、かえってそれが脳に刻まれてしまうと話し掛けられた西郡は、過去の記憶が蘇ってしまう。

すると、急に集中力を失くした西郡はさらに右手の震えを覚え、慌てて瑶子が変わるのだった。

なんとか無事手術を終えた瑶子は、腫瘍発見まではスムーズだったと肩を叩くのであった。

恋の消化

手術を終えた由香里の元を訪れた瑶子は、記憶がまだ混濁していることを悟ると、黒岩に対応を依頼する。

断る黒岩だったが、セクハラ発言のことを脅しに使われた黒岩は、由香里の手を握る。

そして由香里の好きだった人になりきり、優しい言葉をかけるとゆっくりと眠りにつく由香里なのであった。

一方手術の後、顔の痛みがなくなったことに喜ぶ和子に、看護師の犬飼が瑶子のメイク道具を手渡す。

そこに連絡を受けた夫がやってくると、メイクができるようになった和子を見て「綺麗だよ」と声をかける。

その言葉に、目に涙をためながら喜びを見せる和子なのであった。

バー「カサブランカ」に真凜と来ていた幸子は、脳の不思議さに脳外科の大変さを知る。

そこに来たマスターの来島から優しい言葉をかけられた幸子は、一瞬にして恋に落ちてしまうのだった。

2人の子供たち

手術を終えた黒岩は、すれ違った西郡に「脳外科医はセンスだ」と声をかけ、西郡の実力不足を指摘するのだった。

外に出た黒岩は、先日の女性が待っていることに気がつくと、うんざりした表情を浮かべる。

すると近くのベンチを指差した女性は、そこに座る1人の少年を見せると「あなたの子供よ」と伝えるのであった。

その頃家の近くまで帰って来た瑶子は、玄関の前に立っている少女を発見し、固まってしまうのであった。

第2話の感想

今回もとても珍しい症例で、脳が感情や視覚さえも影響していることに驚かされてしまいました。

間違った情報でも、それの辻褄を合わせようとする脳の働きで、妄想すら見せてしまうことに複雑さがわかりました。

そして、西郡の過去や黒岩と瑶子の前に現れた子供たちも、今後の展開にどう絡んでいくのか、楽しみにしたいと思います。

第3話のネタバレあらすじ

瑶子が逮捕される!?

突然瑶子の家の前にやってきた、娘の真実は、しばらくここから学校に通うと言い出し、家出をしてきてしまったのだった。

一方黒岩も「あなたの子供よ」と言われ、タモツという6歳の男の子を預けられてしまっていた。

さらに幸子は、バーのマスターの来島に恋をしてしまったようで、それを真凜に指摘され動揺していた。

黒岩と瑶子から話を聞いた今出川は、シフトを変更しようと気を使うが、二人ともそれを断っていた。

そんな中、赤坂進次郎という患者が外来にやって来て、東京生まれだが、外傷性くも膜下出血の後から関西弁が出てくるようなったと相談していた。

それを聞いた黒岩は、脳の損傷によって外国語訛りが出てしまうという「外国語様症候群」と診断する。

その頃、連日連夜オペばかりしている西郡の右手の震えを心配していた瑶子の元に、殺人容疑で警察がやって来るのだった。

もう死んでいる

警察を呼んだのは、外来に来た神戸一郎
であり、1年瑶子に手術をされてから生きた感じがしなく、殺されたのだと話すのだった。

カンファレンスが行われ、神戸が「コタール症候群」という、珍しい症例であることが判明する。

瑶子と黒岩は、珍しい症例の患者と突然生活にやってき子供のことで、ストレスを感じる生活を送るのだった。

幸子は、来島目当てでバーに来たのだが、来島がサーフィンで留守にしていることを聞いて肩を落とす。

翌日、来島がタヒチに行っていると真凜に話し、タヒチにハリケーンがやって来ていると聞いて心配になる幸子だった。

プロポーズの練習

赤坂の診察にやってきた幸子と真凜は、彼女にプロポーズをしようと考えていると伝えられる。

しかし彼女が関西弁のことを嫌っていると話す赤坂は、このままでは成功しないかもしれないと不安になっていた。

同じ部屋の隣のベッドでは、検査入院することになった神戸が、死んでいるのだから検査は不要だと話す。

それでも検査を勧める瑶子たちは「何故人は生きているのか」という質問を投げ掛けられ、返答に困るのであった。

その夜、真実が寝た後に元夫に連絡をした瑶子は、突然の申し出に元夫も困っていると話すのだった。

黒岩の方もまた、完全に姿を消してしまったタモツの母親がなかなか見つからず、困り果てるのであった。

誰かの息遣い

タヒチに行った来島を心配する日々を送る幸子は、真凜と一緒に神戸や赤坂の病室を訪れる。

神戸に検査の用紙を渡し、診察を幸子から受けていた赤坂は、幸子の元気がないことをしてきしていた。

そんな幸子は、好きということは一体なんなのかと質問をすると、ずっと笑顔を見ていたくなることと言われ、来島の笑顔を思い出す。

さらに誰かの息遣いを聞きながら生活することが幸せだと話し、赤坂は結婚を強く望んでいるのだった。

一方検査に向かっていった神戸は、死んでいるのだから検査など無駄だと感じていた。

ロビーにやってきた神戸は「どうせ死んでいるんだから」と、手すりに手をかけると、そのまま飛び降りてしまうのだった。

容態の急変

なんとか一命をとりとめた神戸は、リカバリールームで監視されることになり、勝手な行動を瑶子に叱られるのだった。

すると神戸は、ずいぶん前に別れた家族や娘がいるかとを話すと、仕事ばかりしていた自分には何も残っていないと話すのだった。

その話を聞いた瑶子は、神戸の別れた妻になんとか連絡をとるが、何年も経っているため、会う必要はないと断られてしまう。

この症状の回復に、脳への刺激になるのではと考えていた瑶子だったが、思うように進まずモヤモヤを抱えるのだった。

その頃赤坂の病室では、見舞いに来ていた彼女に、赤坂から手術の前に話しておきたいことがあると、立ち上がる。

彼女と向き合った赤坂は、緊張し関西弁を抑えながら彼女にプロポーズをするのだった。

急なプロポーズに驚いた彼女は、赤坂から目を離した途端、赤坂は苦しそうに倒れてしまうのだった。

甲状腺クリーゼ

容態が悪化した赤坂の緊急手術が始まった頃、家政婦が休んでしまい、仕方なく病院に連れてこられたタモツは、待合室にいた。

リカバリールームにいた神戸は、誰かを巻き込んで死ぬことを考えはじめてしまい、そっと抜け出してしまうのだった。

手術を始めた西郡だったが、赤坂の容態が悪くなってしまい、原因を突き止められずにいた。

そこにやってきた幸子から診察の時に、喉を抑える仕草や腫れがあったことを報告する。

すると何かに気がついた瑶子と西郡は「甲状腺クリーゼだ」といって処置を始めるのだった。

その頃、神戸がいなくなったことに気がついた黒岩は、病院内を探し回る。すると家族待合室にいたタモツの元に神戸がやって来るのだった。

笑うことは回復の兆し

家族待合室でタモツとお笑い動画を見ていた神戸を発見した黒岩は、安心し声をかける。

すると神戸は、自分が笑っていたことに驚き、自分がまだ生きていることを実感することができたのだった。

そのことを今出川に報告した黒岩は、笑うことは回復の兆しでもあると、神戸の回復に期待するのだった。

瑶子と西郡の予想通り、甲状腺クリーゼだった赤坂は、手術を無事終え病室に帰ってくる。

すると心配していた彼女が赤坂に駆け寄り、手を握りプロポーズを受けることを伝えるのだった。

そして、病室に戻った神戸の元に娘がやって来ると、成長した娘を見て、一緒に過ごせなかったことを後悔するのだった。

誰かがいること

仕事が終わり、ロッカーで着替えていた幸子は、来島が帰った来たことを知らされ大慌ててでバーに向かっていく。

ハリケーンを心配する幸子に、来島は「日本のタヒチ」である新島だと伝えるのだった。

そしてお土産のくさやを差し出し、幸子に食べさせようとする来島なのであった。

その頃家に帰って来た瑶子は、ソファーで寝ている真実の姿や寝息を聞いて、家に人がいることに喜びを感じるのであった。

そんな中、緊急で運ばれた70代の女性の処置に向かっていった西郡は、その女性の顔を見て表情を曇らせるのであった。

第3話の感想

突然関西弁になってしまうという、不思議な症状があることに本当に驚きましたが、何がそうさせるのですかね。

さらに感情がなくなり、死んでいると感じる病気もやはり怖いものがあり、脳の不思議をさらに感じました。

それにしても西郡は、謎が多くて、ラストシーンや右手の震えなど、これから明らかになることを期待しています。

第4話のネタバレあらすじ

物忘れ

真実を送り出す瑶子は、捨てたくせに母親顔するなと言われていたことを思い出していた。

そんな中、運ばれてきた女性が逆行性健忘症だと診断し、その女性の身元がわからないことを伝えられていた。

その頃病院に受診しにきていた60代の男性の山口清が、幼馴染みの内田正を連れて歩いていた。

内田と少し会話を交わした今出川は、彼がコルサコフ症候群を患っていることを見抜くのだった。

そんな中、瑶子に逆行性健忘症の女性のことで相談に来た西郡は、彼女が自分の母親だと告げるのだった。

息子を忘れた母親

健忘症の女性は、この世界では名前を知らないものがいない、山田喜和子だと判明し、そんな彼女が脳の手術を受けていたことが判明する。

そして、その手術を執刀したのが息子である西郡だとわかり、彼の手術により逆行性健忘症が発症してしまったのだった。

喜和子の見舞いにやってきた西郡の妹は、優秀な兄弟を見返すためや、蔑んできた喜和子を殺そうとしたのだと話すのだった。

そして、喜和子のカンファレンスが行われると、西郡からその経緯を伝えられ、瑶子は西郡が間違っていなかったと擁護する。

しかし、その手術に自信のある黒岩は、西郡の理由は言い訳であり、責任を取ろうとしない弱さだと伝えていた。

そんな黒岩の言葉に苛立った西郡だったが、今出川の制止によりその怒りをおさめるのであった。

内田の症状

内田が発症しているコルサコフ症候群は、3分と記憶が持たず、そのせいで一定の時期から時間が止まってしまっていると話す。

内田の診察をする幸子は、自分の顔も認識できていないことに驚き、内田の病状を認識するのだった。

そんな幸子は、バーの来島に完全に恋をしてしまい、毎日のように訪れては、話す機会を伺っていた。

するとそれを気にかけた真凜は、強引に幸子をバーに連れていくと、そこにいた瑶子に気がつき気まずそうにするのであった。

幸子を置いて病院に戻った瑶子は、当直で残る西郡の元へやってくると、仕事が残っていただけだと話す。

すると西郡は、喜和子の手術当日の話をすると、コンプレックスを持っていた自分を認めてほしいという気持ちがなかったわけではないと伝えるのだった。

西郡の思い

内田の付き添いに来ていた山口は、瑶子のところへ行くと、記憶があるのに隠しているのではないかと相談に来ていた。

この病気は、本当に3分間しか記憶が持たず、山口の期待のする望は薄いことを伝えるのだった。

その頃、喜和子の再手術に同意か得られないと話していた黒岩のもとに、西郡が偶然やってくる。

すると黒岩は、喜和子がリハビリセンターに移されることが決まったことを伝えていた。

さらに西郡のミスを一生背負って生きていくのだと、さらに厳しい言葉をかけていた。

そんな時、瑶子は病室に内田と山口の姿がないことに気がつき、2人で外に出掛けていったことを知る。

山口の本当の狙い

雪が舞う中、山口は内田の乗った車椅子を押しながら、病院の外を散歩していた。

急に車椅子を止めた山口は、バブルがはじけたあと、入社した証券会社のことを聴こうとしていた。

すると内田は、高卒たどいうことをバカにされないために、一生懸命働いたと笑顔で語っていた。

すると山口は、長野のとある旅館を買い取ったことを覚えていないかと、厳しい表情を見せていた。

山口の話がまったく理解できず、不安そうに寒さを訴える内田に、買い取った旅館は山口の父親が経営していたことを話す。

そして、そのことが原因で資金繰りがうまくできずに、父親が自殺してしまったことを悔しそうに語る。

そして、内田に厳しく詰め寄った山口は、腰に差していた包丁に手をかけるのだった。

心は覚えている

するとそこにやってきた瑶子は、山口の異変に気がつき、山口の名前を叫ぶのであった。

病室に戻ってきた山口と瑶子は、そこで自分の過去の出来事を話しており、内田に復讐をするつもりだったと話す。

すると瑶子は、記憶は3分間しかもたない病気であるが、感情と記憶は別々の場所に保存されると伝える。

記憶をなくした内田だが、山口といると様子が安定することから、記憶ではなく感情で山口を覚えているはずだと伝えるのだった。

内田の病室に向かった山口は、カバンから落ちたリンゴを食べようと皮を剥きはじめる。

すると内田は、山口とよくリンゴを盗みに行っていたことを、笑顔で話し始めるのだった。

瑶子の思い

仕事が終わり、家に帰った瑶子は真実を捨てたわけではなく、自分の志のために自ら出ていったと話す。

そして娘として愛してることや、大切に思っていることを伝え、真実も瑶子の気持ちを理解するのだった。

その頃、お店で寝てしまっていた来島は、カウンターで眠っている幸子の姿を発見する。

来島と話したくて待っていたと話す幸子の気持ちに気がついた来島は、そっと幸子に近づいていく。

すると来島は、優しく幸子にキスするのであった。

第4話の感想

記憶がなくなっている2人の患者のストーリーでしたが、喜和子が西郡の母であり、右手の震えの理由だとわかりました。

同じ脳の中であっても、記憶と感情が別々の場所に残されていることにも驚きましたが、内田にもそれがあることにホットしました。

そして、喜和子が目覚め発した言葉の意味はなんなのでしょうか。西郡は喜和子とのことを克服することができるのでしょうか。

第5話のネタバレあらすじ

失くした自信

喜和子は黒岩のオペにより、見事回復の一途をたどるのだが、目を覚ました喜和子は、息子である西郡に「才能がない」と声をかけていた。

その頃、ピアニストとして有名になっていた景浦佑樹は、その容姿からも人気を博しテレビ出演をしていた。

しかしある時、耳が聴こえづらいということから、東都総合病院を受診しにくるのだった。

景浦は、聴覚神経に腫瘍が発見され、それに付随する顔面神経の温存も確約した手術を行ってほしいと語るのだった。

カンファレンスが行われ、難しい手術が予想されるのだが、今出川から主治医として西郡が指名されるのだった。

さらに、ピアノ講師という職を失ってしまった根岸麻理恵という女性が3階から転落し、病院に運ばれてくる。

西郡は麻理恵の主治医になることも指名され、抗議に向かった瑶子は「失くした自信は、手術でしか取り戻せない」と今出川の方針を聞かされるのであった。

悩める若者たち

手術のイメージトレーニングをしていた西郡のもとに、声が聞こえたからと麻理恵が顔を見せる。

すると西郡は、才能がないぶん努力を重ねなければならないのだと告げ、麻理恵が自殺しようとしていたことを見抜くのだった。

その頃、職場に来ても元気がなくどこか上の空の幸子を気にかけた瑶子は、幸子の相談に乗ることにする。

幸子は、勉強だけが取り柄なのだがその勉強が身に入らないのは、恋をしているせいだと話す。

カサブランカの来島に恋をしてしまったと話す幸子に、告白したのか確認した瑶子だったが、幸子から「寝た」と言われ驚くのであった。

それぞれの理由

西郡の診察を受ける麻理恵は、自分が話題の景浦と同じ大学にいたことを話し、その景浦と差が開いてしまったことを伝えていた。

すると西郡は、才能ではなく諦めてしまったその気持ちがいけないのだと、厳しい言葉をかける。

しかし、その厳しい言葉も麻理恵にとっては激励に聞こえたようで、作曲始めることを決意するのだった。

一方、顔に痙攣が起きてしまった景浦は、入院することになり、自分の病気に不安が募っていた。

話を聞きに行った瑶子は、ピアニストとしての才能が枯渇しており、今は顔だけが唯一の仕事道具なのだと伝えられる。

景浦は、ピアニストではなくタレントとして生きていくために、顔面神経の温存を強く願うのだった。

大人たちの行動

黒岩は、家に居続ける保との同居を終わらせるために、DNA鑑定をするのだと瑶子に伝えていた。

そんな瑶子は、幸子の悩みを解消するために、カサブランカへ向かうと来島に説明を求めるのだった。

すると来島からは、その日は疲れてしまい添い寝をしただけだと言われ、呆れる瑶子は「本気じゃないなら手を出すな」と忠告するのだった。

喜和子の病室を訪れた今出川は、西郡がトップナイフとしての才能があるのか聞かれていた。

すると今出川は、努力も才能の一つではないかと、西郡を援護する話をするのだった。

その話を病室の外で聞いていた西郡は、部屋に入ることなく去っていってしまうのだった。

自分の限界

景浦への難しい手術が始まり、緊迫する中西郡が手際よく手術をしていく。

そして、聴覚神経と顔面神経の温存と腫瘍摘出を無事終えることができた西郡は、瑶子から称賛の言葉を受けるのだった。

しかし西郡は、神経の位置が運良く手術しやすい場所にあっただけだと、力なく話していた。

するとそこに、景浦のマネージャーがくも膜下出血で倒れてしまったと連絡を受け、緊急オペが開始される。

血管が一本しかないという、希な状態の彼女の手術をかってでた西郡だったが、上手く進まない。

そこに現れた黒岩が、西郡と代わり、なんとか大動脈瘤を取り除くことに成功するのであった。

西郡は、黒岩との埋められない才能の差を改めて感じてしまい、自分の限界を知るのであった。

サヴァン症候群

作曲作業が順調にいっていた麻理恵だったが、脳に腫瘍が見つかり、手術を余儀なくされる。

西郡は、夢が順調に進んでいることからその手術を断念し、放射線での治療に切り替えるのだった。

しかし、幸子が麻理恵の働くカフェに行くと、麻理恵の作曲が無意識の内にコピーをしてしまっている曲だと気づく。

麻理恵は、脳の腫瘍のせいで後天的にサヴァン症候群を発症していることがわかるのだった。

そのことを聞いた西郡は、麻理恵へ説明しに行き、手術をしなければならないことを伝える。

才能だと思っていたものが消えてしまった麻理恵は、泣き出してしまうが、作曲を続ける決意をするのだった。

才能のない人達

西郡は、喜和子の病室を訪れると、自分には才能がないことに気がついたと、伝えるのだった。

病室を出た西郡は、今出川の姿に気がつき、足早に去っていこうとすると、自分の壁にぶつかっていった西郡に拍手を送るのだった。

その夜、カサブランカに訪れた今出川と幸子は、今出川から「脳は心だ」と言われたことを思い出していた。

自分の気持ちに決心がついた幸子は、後から入ってきた瑶子に恋愛を解禁することを告げ笑顔をみせるのだった。

その頃、DNA鑑定の結果を見ていた黒岩は、保との親子関係が認められた事実に驚きの表情を浮かべるのであった。

第5話の感想

才能がメインの話になりましたが、誰しも通るこの難題に、乗り越えなければならない強さが必要なことを感じました。

それぞれ色んな才能があり、開花する人もいれば、そうでない人もいて、努力することが何よりも大切なのかなと思います。

そして最後に保と親子関係がはっきりしてしまった黒岩の今後に注目していきたいと思います。

第6話のネタバレあらすじ

リストラの噂

東都総合病院の脳外科では、医師のリストラの噂が囁かれており、それを耳にした幸子は自分ではないかと焦っていた。

その頃瑶子は、脳外科の雑務を押し付けられてしまい、なかなかオペに入れないことを今出川に文句を言いにいっていた。

そんな中行われたカンファレンスで、事故に巻き込まれ右手を切断した原田保がないはずの手に痛みがある”幻肢痛”に悩まされているという。

さらに、木元佐代美という女性が緊急搬送されてきており、経過観察することになるのだった。

そのカンファレンスで、自分の立ち位置を確立しようと張り切る幸子だったが、今出川はその患者を西郡に任せることにする。

ドッペルゲンガー

その西郡は、外来でやってきた大澤卓司という男性が、もう一人の自分が見えてしまう症状を患っていることを報告する。

大澤は、脳に腫瘍がありそのせいでもう一人の自分という幻が見えているのではないかと話していた。

その名前に聞き覚えのあった瑶子に、西郡は10年前まで、ここの脳外科で医師をしていた男性だったと告げる。

大澤は、研修医時代から脳外科一筋だったが、瑶子からリストラを言い渡され、今は実家を継ぎ内科医として働いているのだと話すのだった。

ここ数年、謎の頭痛に悩まされ、そしてドッペルゲンガーを見るようになった大澤は、そのドッペルゲンガーと会話するほどなのだと説明する。

それを聞いた黒岩ですら、その大澤の珍しい症状に頭を悩ませるのであった。

満足しているのか

そんな黒岩は、預かっている子供と親子関係があることを誰にも言い出せずにいるのだった。

すると同じ保という名前の原田を気にかけた黒岩は、未だに幻肢痛に悩まされる原田の様子を見に向かった。

すると原田は、トップナイフとして有名な黒岩に、現状を満足しているのかと質問する。

黒岩は、そのために努力をしてきたのだ告げると、後悔もないときっぱりと宣言するのだった。

そして、事故のことはまったくの不運だと慰めようとするのだが、原田はそんなことじゃないと泣き出してしまうのだった。

自分の体への違和感

入院中の大澤に挨拶に向かった瑶子だったが、タイミングがなかなか合わずに、顔を見ることができない状態が続いていた。

そんな大澤は、自分を脳外科から追い出した瑶子に恨みを持っているようで、ドッペルゲンガーから恨みを晴らすよう声をかけられていた。

そんな中、看護師に呼ばれた西郡は、線路上で見つかった木元から左足を切断して欲しいと頼まれる。

木元は、自分の体が自分のものではないと感じてしまう病気を患い、切断しようと線路に居たのだと話す。

木元を落ち着かせた西郡は、原田同様脳内のマッピングが上手くいかずに、体の一部に違和感を覚えてしまうのだと話す。

原田も木元も、その症状を外科的アプローチで治すことができない症状なのだと黒岩が話すのであった。

大澤の強行

移動販売に来ていた来島と瑶子がエレベーターに乗り込むと、慌てて入ってきた大澤の姿に気がつき、声を掛けようとしていた。

すると大澤の細工によってエレベーターが止まってしまい、大澤は話がしたかったと告げる。

するとそこに乗り合わせていた木元が倒れてしまい、左足が大きく腫れ上がっていたのだった。

左足を切断してもらおうと、ずっと足の血管を圧迫していたと話す木元は、そのまま気を失ってしまう。

大澤に、ここでオペをすることの承諾を得ると、外にいる幸子に機材を運んでくるように指示を出す。

瑶子が語る真実

その機材を待っている間、大澤は瑶子が脳外科医の認定試験の許可をしなかったことを恨んでいるのだと伝える。

すると瑶子は、大澤の記憶が混同していることを伝えると、10年前のある患者の話をし始める。

大澤は、研修医時代から担当していた幼い患者の死に心を痛め、自殺未遂をしていたのだった。

それを知った瑶子は、脳外科医には向いていないと判断し、サインをしなかったのだと告げる。

そこに機材を持ってやってきた幸子とともに、木元の緊急オペを始めると、そこにいた来島がある話をし始める。

瑶子は、部下の査定時期に入ると決まってテキーラをストレートで飲むのだという。

そして、査定する側にも大きなストレスがあることを知った大澤は、膝から崩れ落ちるのだった。

乗り越える

その後、大澤も意識を失ってしまい緊急オペが始まり、なんとか腫瘍を取り除くことに成功する。

その頃、原田は自分のエラーにより甲子園に行けなかったことを告白し、その事が幻肢痛に繋がっていると考えた黒岩は、原田のかつての仲間を呼び寄せる。

その仲間たちに声をかけられた原田は、その時のエラーを詫びると、その心の傷を乗り越えていくのだった。

さらに手術を終えた大澤も、ドッペルゲンガーから「お前はよく頑張った」と声をかけられるのだった。

外科手術では治せない心の傷を、少しずつ乗り越えていく患者たちなのであった。

第6話の感想

幻を見てしまうということが今回のテーマになっていましたが、心と体の不一致は本当に難しい問題だと感じました。

それを乗り越えるのも、また心の問題であるので、複雑な脳や心の奥深さに考えさせられました。

それにしても、リストラをびびって自己主張する幸子の姿がとても可愛らしく、いいキャラに癒やされる回でした。

第7話のネタバレあらすじと感想

まとめ

SHO
SHO

早速、動画配信サービス「hulu」に登録して、「トップナイフ」を楽しんでみるね。

SHIORI
SHIORI

ドラマや映画が好きなら、huluはめっちゃ楽しめるよー

SHO
SHO

「トップナイフ」を楽しんでみるね!

 
 
これまで説明してきましたが、「トップナイフ」の動画を無料視聴できる動画配信サービスは、huluです。
 
 
2週間は無料でいろんな動画を視聴できるし、すべての動画が見放題なので、登録するだけで見たいドラマから新作ドラマまで無料視聴ができます。
 
 
海外の無料動画サイトでの視聴ができなかったという方も、ぜひ、動画配信サービス「hulu」を試してみてください。
 
 
今すぐ、ドラマ「トップナイフ」の無料動画をフル視聴したい方は、こちらからどうぞ!
無料でトップナイフの動画を見る
(無料期間中に解約すれば、お金はかかりません。)
 
 

快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「トップナイフ」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はhuluのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました