ねんとな(病室で念仏を唱えないでください)の見逃し動画を無料視聴する方法【全話ネタバレ感想も】

無料動画配信

ドラマ「ねんとな(病室で念仏を唱えないでください)」は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。
 
 
2020年1月17日からTBS系列で放送が始まっている、主演は伊藤英明さんです。
 
 
今回は、「病室で念仏を唱えないでください」の見逃し動画を無料視聴できる方法を調べてみました。
 
 
第1話から最新話まで安全に見逃し動画を視聴できるサイトを調べましたので、ご紹介いたします。最後には、「病室で念仏を唱えないでください」全話のあらすじと感想もお伝えしたいと思います。
 
 

▼今すぐ「病室で念仏を唱えないでください」の見逃し動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

Paraviの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

Paravi(パラビ)は登録後30日間が無料です。
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ 本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

ねんとな(病室で念仏を唱えないでください)の見逃し動画を無料視聴する方法

しょうた
しょうた

「病室で念仏を唱えないでください」の動画を安全に無料で見れるサイトってある?

なな
なな

「病室で念仏を唱えないでください」は、これらの動画配信サイトで視聴できるよ!

「病室で念仏を唱えないでください」が視聴できる動画配信サイトは、こちらです。
 
 

動画配信サービス 配信状況
FODプレミアム ×
U-NEXT ×
Hulu ×
ビデオパス ×
TSUTAYA DISCAS&TV ×
dtv ×
Paravi

 
※ 2020年2月時点の配信状況となります。
 
 
「病室で念仏を唱えないでください」はParaviの独占配信ドラマなので、視聴できる動画配信サービスは、
 
Paravi
 
のみとなります。
 
 
Paraviで、「病室で念仏を唱えないでください」は見放題作品なので、無料登録するだけで、視聴することができます。
 
 
別途ポイントの必要もないので、安心して視聴することができます。
 
 

▼登録後30日間は無料で視聴できます▼

病室で念仏を唱えないでくださいを無料視聴する

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

Paraviの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

Paraviの特徴と登録方法

しょうた
しょうた

Paraviに登録するのって、面倒?

なな
なな

そんなことないよ!5分もあればできるし、簡単だよ

Paraviへの登録は、5分もかからず、簡単にすることができます。
 
 
Paraviへの登録手順はこちらを見てみてください。
 
 

 
 
無料登録で「病室で念仏を唱えないでください」の動画を視聴することができます。
 
 
「病室で念仏を唱えないでください」以外にも、「Paravi」では、最新ドラマが楽しめます。
 
 
・恋はつづくよどこまでも(上白石萌音主演)

 
・来世ではちゃんとします(内田理央主演)

 
・僕はどこから(中島裕翔主演)

 
・コタキ兄弟と四苦八苦(古舘寛治・滝藤賢一主演)

 
・テセウスの船(竹内涼真主演)

 
 
ドラマだけでなく、バラエティ番組も視聴することができます。
 
 
・ダブルベッド

 
 
最新ドラマもバラエティ番組も、見放題作品なので、無料登録するだけで、動画を視聴することができます。
 
 
▼登録後30日間は無料で視聴できます▼

病室で念仏を唱えないでくださいを無料視聴する

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

Paraviの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

ねんとな(病室で念仏を唱えないでください)の作品紹介


「病室で念仏を唱えないでください」は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。

ドラマの内容

ビッグコミック増刊号で現在も連載中の「病室で念仏を唱えないでください」(小学館ビッグコミックス・既刊5巻)を原作とした本作は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。
 
 
松本は、幼少期に目の前でおぼれている幼馴染を救えなかったことから仏門に入り、さらに大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した。病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任しているため、法衣のまま救急センターに運びこまれた患者の処置にあたることもあり、時に患者に「自分が亡くなってしまったのでは?」と勘違いさせるなど騒動を起こしてしまうことも。また、何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで、患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまうが、本人は医師としても、僧侶としても明るく真面目に取り組んでいる。その一方で、美人に気をとられるなどの煩悩たっぷりな一面もあり、周囲の仲間からあきれられることもある。
 
 
このドラマでは、救命救急センター内での他の医師とのチームプレーはもちろんのこと、患者を救うため専門分野を持つ医師と手を組む必要があり、その専門医たちとの激しいやりとりも描かれる。中には心臓外科など、救急を「面倒なことを押し付ける厄介な存在」と捉えている部門もあり、そこに所属する医師と松本との“救急医VS専門医”の対決は、これまでの医療ドラマではあまり描かれなかった新たな視点となっている。「医師」として命をどう救うのか、「僧」として死をどう看取るのか。さらに、患者の家族までをも支えようとする松本が、悩みを抱えながらも医師として、僧として、人として成長していく姿を通じ、「生きる」とは、「死ぬ」とは何なのかを、もう一度考えるきっかけを与えるドラマになっている。

 
 
ロケ地については、こちらを見てみてください。
 
 
病室で念仏を唱えないでください1話のロケ地はどこ?あおば台病院の撮影場所は?

出演者、キャスト

・松本照円(照之):伊藤英明
・濱田達哉:ムロツヨシ
・児嶋眞白:松本穂香
・田中玲一:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
・小山内みゆき:唐田えりか
・吉田太郎:谷 恭輔
・長見沙穂:うらじぬの
・堀口瑠衣:土路生優里
・松本照之(幼少期):吉田日向
・飯塚茜:横田真悠
・宮寺あや:土村 芳
・瀬川修二:安井順平
・円明:団時朗
・藍田一平:堀内健
・おばちゃん:宮崎美子
・澁沢和歌子:余貴美子
・宮寺憲次:泉谷しげる
・玉井潤一郎:萩原聖人
・三宅涼子:中谷美紀

ねんとな(病室で念仏を唱えないでください)のネタバレあらすじと感想

第1話のネタバレあらすじ

交通事故で6人負傷!

乗用車に歩行者4人がはねられると言う大きな事故が起きました。乗用車に乗っていた2人を含め、6人の患者が運ばれます。救命だけでは人手が足りないため、いろいろな課に応援を要請します。

病院内を袈裟姿で走るお坊さんの松本(伊藤英明)。実は松本はお坊さんであり、救急救命士なのです。

 

不倫中疑惑

車を運転していた男には妻がおり、同乗していたのは妻ではない女性でした。妻が病院に来て、夫が事故にあったことと夫の不倫が発覚したことで混乱しています。

 

不倫相手の女性・容子(hitomi)には中学生の息子・将太(大西利空)がいて、病院に駆けつけました。小学生の弟が熱を出して学校から連絡があったのに母親が電話に出ず、将太が弟を小学校まで迎えに行き家に帰ったところ、警察から連絡があったそうです。

 

将太はこの事故により、母親に恋人がいたことを知りました。父親とは離婚済みであり、この間「親戚の家の子になるかもしれない」と息子たちは言われたばかりでした。

 

「俺たちが邪魔になったんだ。だからバチが当たったんだ。死ねばいい!」と動揺する将太に、松本は「冗談でもそんなこと言うな!」と悟しました。

 

結局運転手の男性はなくなり、不倫相手の女性は助かりましたが、まだ予断を許さない状況。

 

脳死

その後、容子は“脳死状態“と判定されてしまいました。しかし、脳死かどうかを判断するのは家族の同意が必要です。

 

 

松本は将太に「お前の母ちゃんだろ?君が決めるんだ」と迫ります。

まだ13歳の子供にそんな酷な決断を迫ったことに、同僚医師の三宅涼子(中谷美紀)は怒りが収まりません。「私たちはただの医者。患者の人生に責任も持てないのに深入りするのは無責任よ」

 

将太の複雑な家庭環境

離婚した旦那の妹が、一緒に病院に来てくれていました。実は容子と将太たちは血がつながっていませんでした。離婚した旦那には兄がいて、その兄の子供だったのですが、兄が10年前に亡くなった時に、兄の妻が子供を「育てられない」と言って、将太たちを置いて家を出て行ってしまったのです。将太はまだ3歳でした。それから容子が2人を養子として受け入れたのです。

 

その話を、将太が聞いてしまい、病院を飛び出してしまいました。

 

その時、容子が急変します。「救われないだろ将太君が。最後があれじゃぁ!」と松本は心臓マッサージを開始し、将太に電話をさせ、病院にに戻るように呼びかけます。

 

松本は、将太と弟(川口和空)が病院に到着するまで、汗だくになりながら心臓マッサージを続けました。最後に将太は「ありがとう…って言えなくてごめん。母ちゃん!母ちゃん!」としっかりとお別れをすることができました。

 

松本が医者になった理由

清掃のおばちゃん(宮崎美子)は、松本に「いい筋肉してるね。何かスポーツでもやってたの?」と聞きます。水泳をやっていたのですが、小学校の頃はかなづちで、目の前で溺れた友達を助けられなくて、友達が亡くなったことがありました。それで、松本は医者になったのです。

 

不倫じゃなかった!

運転手の男の妻が病院に訪ねて来ました。運転手の男は昔児童相談所で働いていて、容子が将太たちを養子に迎えるときに担当として相談に乗っていました。そして最近になって、容子が運転手の男に相談をしに来たそうです。

 

将太たちの実の母親が、今になって将太たちを引き取りたいと言ってきたので、1番将太たちのことを知っている運転手の男が相談を受け、あの日は2人で実の母親に会いに行こうとしていたところだったのです。

 

本当のことを知った将太は、「脳死って言われたから、母ちゃんのことをたくさん考えた。俺たちのことを捨ててもいいから、生きていて欲しかった」と泣きました。

 

病室で念仏

はねられた男性で、1番態度が悪かった男(永山竜弥)は右足を切断しました。ドライブレコーダーの映像によると、彼が横断歩道が赤なのに自転車で渡ろうとして、車がそれを避けようとして事故を起こしていました。所持品から大麻が出てきて、事故当時も大麻を使用していた可能性があります。

 

自分のせいで何人もの人を巻き込み、死者まで出したというのに、自己中心的なことばかりを言って暴れています。「足を切断される位なら、死んだほうがマシだ!」と叫ぶ男に、松本は念仏を唱え始めました。

 

あまりの松本の迫力に男はだまりました。

 

濱田と松本の因縁

濱田(ムロツヨシ)は超エリートの心臓血管外科医。選挙の時にテレビ中継中に、倒れた大臣を助けて有名になりました。理事長から引き抜かれて大学病院から出向としてやってきた注目の存在ですが、とても気さくで温厚な人柄です。

 

濱田が取材を受けているときに、松本が病院の中のカフェに来ていて、電話で「頚椎損傷?もたもたしてたら死ぬぞ!」と言いました。濱田はそれを聞いて、13年前の記憶が蘇ります。

 

事故にあった男性に、濱田が声をかけていたところ、濱田を押しのけて松本が患者を見て「頚椎損傷?もたもたしてたら死ぬぞ!」と言ったのです。

 

松本を見つめ、温厚な濱田の表情が少し険しくなりました。

第1話の感想

テンポもよくてコミカルとヒューマンのバランスも良い!

まずは全体的な感想を。医療ものもいろいろあるけど、人の生死の部分がとてもシリアスになるので、医者たちのチームワークの部分ではちょっとコミカルなシーンが入っているドラマが好きです。

 

伊藤英明さんの力もあって、かなりテンポも良くコミカルでパワフルな感じになっていますね!

 

坊主で医者と言う設定は必要?突然念仏を唱える設定も必要?とは思いますが、こういうとっぴょうしもない役は伊藤英明さんにははまり役かなと思います。

ゲストが豪華!

1話のストーリーも普通に感動したのですが、それよりもゲストにいろいろ言いたいことがありすぎて!

 

まず、お母さんhitomi!?失礼ながら、かなり老けていたのでわかりませんでした…!でも、hitomiさんがめちゃくちゃテレビに出ていたのって「Love 2000」の頃だし、そこからもう20年も経っているんですものね。でも普通に、あんまりおしゃれとかに興味がない子育てがんばっているお母さんって感じで、昔のイメージとは別人でした。

昔、亀梨くんのドラマで亀梨くんのお母さん役が裕木奈江さんだったのと同じ位の衝撃!

 

そしてメインの息子役、園部信一郎ーー! (悪魔の弁護人)

大西利空君は、ドラマ「シグナル」で坂口健太郎さんの小学生時代を演じた時から注目していました。園部信一郎もかなり過激な役なので、抜擢!と言う感じですね。今後、いろいろなドラマに出てきそうで期待です。

 

そして弟役は、川口和空君!「僕らは奇跡でできている」に出ていた子役ちゃんですね。この子もいろいろ出ていて注目ですが、今回はほとんど出演シーンがありませんでした。

 

そして伊藤英明さんの子供時代、一瞬だったけどパプリカの男の子でしたね!?「恋は続くよどこまでも」には、パプリカの女の子が出ていたし、フーリンの子たちも芸能界で生き残るため新しい分野に挑戦していますね!

 

そして足を切断されて騒いでいた態度の悪い患者。瑛太?と思ったけどこんな役で出るわけはないし、調べてみると永山竜弥と言う名前。永山と言う苗字でピンときました。瑛太さんのお兄さんだったんですね。永山絢斗さんはもう有名ですが、もう1人兄弟がいたなんて知りませんでした! (上から永山竜弥、瑛太、永山絢斗)永山竜弥さんは、昔俳優として活動していて、いちど活動休止して写真家に転向し、今年から再び俳優として復帰したそうです。3人ともイケメンですね!でも私は永山絢斗さんの顔が1番好き。

第2話のネタバレあらすじ

なぜ救命医になったのか?

松本(伊藤英明)の救命センターは、今日も大忙し。救命はいつも人手不足で悩んでいます。研修医の田中(片寄涼太)がみんなに「どうして救命医になったのか?」と聞くと、みんな望んでなったわけではなく、「成り行きで…」と言う人がばかり。それだけ救命の仕事はつらいことはあっても得のない仕事なのです。

 

松本は疲れで眠っていましたが寝言で「人が死ぬのを見るのが怖いから…」と言いました。松本は溺れた友人を助けられなかったと言う過去を持っています。だから医者になったのです。

中学生が溺水

そんな時、中学生男子・岡崎勉(渡邉蒼)が溺水していると言う知らせが入りました。松本は「自分が行く」と志願します。

 

呼吸が止まってから25分以上経っているため、助かっても良くて植物状態。助かる見込みはほぼありません。

 

いつにもなく後ろ向きなことばかり言う松本に、松本の過去の話を聞いてしまった三宅(中谷美紀)は「目の前の患者を見なさいよ。過去じゃなくて」と喝を入れます。

 

岡崎が川に入った理由

松本は川にいた少年・丸山翼(田中奏生)が病院に来ているを見つけます。捕まえて「何か知っているのか?周りが責めなくても、周りが忘れても、自分は覚えている。一生自分を責めていることになるぞ?」と事情を聞き出します。

 

実は岡崎が、翼の散歩中にいたずらで翼を脅かし、その拍子にリードが外れて犬が逃げてしまい、まだ犬が見つかっていないそうです。その仕返しにちょっと困らせてやろうと、翼は岡崎のペンケースを川に落としました。

 

しかしそのペンケースには、亡くなった父親の形見のペンが入っていて、岡崎はペンケースを探すために川に入ったのでした。

翼は自分のしたことを本当に後悔していました。

 

 

過去と向き合えない松本

松本は久しぶりに亡くなった中学のころの友達・哉の家を訪れます。哉の父親も妹も、全く松本のことを責めたりはしません。それどころか、事故の後には「松本くんが無事でよかった」と言ってくれました。

 

しかし松本は、優しくされることがとてもいたたまれなくなるのです。

父親は飲みに誘ってくれたりもしますが、松本は正面から向き合うことから逃げて、いつも「仕事が忙しい」と言って断っています。

 

ホームレスは助けるべきか?

ホームレスの患者が運ばれてきました。治療費を払ってもらえないことになるため、病院としては受け入れたくない患者です。心臓外科に応援を頼みますが、濱田(ムロツヨシ)は受け入れを拒否。

 

しかし松本はそんなことはお構いなしで手術を始めます。途中から濱田が「見学する」といった手術室に入ってきました。色々と口出しをする濱田に「小姑みたいにいちいちうるさい!手伝わないなら出て行ってくれ!」と松本は怒鳴ります。

 

濱田は術衣を着てもう一度手術室に入り直し、途中から手術を手伝ってくれました。濱田はかなり腕が良い医者でした。

 

手術が終わってから、松本は「お金のあるなしにかかわらず、1%でも助かる見込みのある患者は助ける」、濱田は「生きる意欲のある患者を優先的に助けたほうがいい」と意見が分かれます。

 

その後、濱田は松本が自分のことを全く覚えていないことにイライラしていました。

 

奇跡が起こる!

病院にずぶ濡れで泥だらけになった翼が現れます。川に入って、自力でペンを探しだしたのです。松本はすぐに岡崎の病室へと連れて行きます。ペンを握らせると、岡崎の手が動き、なんと目を覚ましました!奇跡が起こったのです!

 

そんな奇跡を目の当たりにして、「これだから救命はやめられない」と三宅は涙し、松本は哉の父親に電話をかけ「今度飲みに行きませんか?」と初めて過去と向き合う勇気を持てました。

 

岡崎の退院の日、岡崎はこっそりと松本に「このペン、お父さんの形見のペンじゃないんだよ」と教えてくれました。「でもいいんだ。今はあいつが一生懸命探してきてくれたこのペンが1番のお気に入りになっているから」

これもうそも方便と言う事ですね。

 

患者が脱走?

冒頭で運ばれてきた交通事故で大怪我を負った患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)が、足を引きずりながら病室を抜け出し…。

第2話の感想

唐田えりかが降板

1話でも、「ストーリーも普通に面白いけどゲスト出演者にびっくり!」と書きましたが、今回もまた出演者についての話題で持ち切りですね。

 

東出昌大さんとの不倫が発覚してしまった唐田えりかさん。2話では出演シーンが全てカットされ、エンドロールにも名前がありませんでした。公式ホームページの相関図からも消えていましたよ。

唐田えりかさんのドラマでの役は

 

「病棟クラーク・小山内みゆき役

明るく美人なため、病棟内の人気者でモテる。これまでもモテてきたため、自分を異性として意識することなく接する女っ気のない僧侶である松本が気になり、何かと松本に親切に融通を …」(もう消されてたので途中までしか見れなかった)

 

という役らしいです。

 

「なぎのお暇」でも、”顔が可愛すぎて意図せず周りの男性からモテすぎてしまい、女子から嫌われる“と言う設定の役だったので、「あの役のまんまじゃん」とネットで散々な言われようでした。

またしても「美人」とか「モテてきた」と言う設定になっているので、いかにも視聴者の反感買いそうですもんね。

 

TBSは「放送予定に変更なし」と一時発表しましたが、そのすぐ後に唐田えりかさんの所属事務所の方から「出演自粛」の申し入れがあったそうです。かなりクレームの電話等多かったんでしょうかね。

 

東出さんのほうのドラマはさすがに主演なので降板と言うわけにはいきませんが、視聴率がガタ落ちのようですね。こちらのドラマは視聴率も良いようですので、こんな騒動で影響を受けたくないですよね。1話でもまだストーリーや出演者たちの関係性に絡むほどの出演はしていなかったのでセーフでしたね!

代役ということでもなく、病棟クラークという人物設定自体がなくなったので、特別重要な役ではなかったのでしょう。

 

松本が過去と向き合ってよかった!

今回の中学生の溺水事件は、松本の過去とよく似た状況でした。一緒にいた同級生の後悔と罪悪感と言うのも、当時の松本に重なったことでしょう。

 

だけど、この同級生は大切な友達を失わずに済んで本当によかったですね!

そんな奇跡ある!?と言う都合の良すぎる展開ですが、そうでなくちゃ救われないですもんね。それによって松本が過去と向き合えるようになって本当によかったです。

 

それにしても、あの中学生のお母さん役がスピードの島袋寛子さんだったと言うことにまたまたびっくりです!そして翼くんの子は、「BG」の木村拓哉さんの息子役であり、同じく木村さんのドラマ「プライスレス」で同居していた子役ちゃんの子でしたね!

第3話のネタバレあらすじ

自殺願望のある患者

患者の宮島(ナオトインティライミ)が病室を抜け出しました。松本(伊藤英明)は必死に宮島を探します。そんな松本の姿を見て、濱田(ムロツヨシ)は、バカバカしいと言う表情。

 

濱田の下で働く心臓血管外科医の児島(松本穂香)は松本に協力したい気持ちがありますが、濱田は「君は医者だろ?もっとやるべきことがある。言われたことだけやっているんじゃ足りない」と資料つくりを命じられてしまいます。

 

三宅(中谷美紀)も「病院を抜け出した患者を探すのは警察の仕事。病院はそれぞれの役割があって回っている」と松本に注意。しかし松本は「体を治すだけじゃなくて、俺は心も体も救いたいんだ」と坊主独特の考えで、三宅と口論に。

 

松本は宮島と話をしてみて、「うつ状態かもしれない。もしかしたら自殺して運ばれてきたのかもしれない」と考えています。宮島が退院する日、松本は「あなたを必要としている人は必ずいる!それを忘れないでください!」と叫びました。

 

その日、ストレスの溜まっていた児島はジムに来ていて、松本と会いました。「自分はまだ経験が少ないけど、患者を最後まで見届ける同士のような存在でいたい」と児島は語ります。

 

児島が執刀

救急に患者が運ばれてきました。すぐに切開手術が必要です。心臓外科に応援要請しますが、手が空いているのは児島しかいませんでした。まだ児島はオペの経験が浅いですが、松本が補助をすると後押しをして、執刀することに。

 

手術は無事成功しましたが、死んでいてもおかしくない危険な患者でした。濱田は「もし失敗していたらトラウマになったよ?確実に助かる患者にしか手を出さずに、他に回したほうが安全だったのでは?」と松本に言います。

しかしあの患者は、他に回していたら死んでいたのです。

 

すると濱田は「うちは救命とは違うんですよ」と嫌味を言って、去っていきました。

 

藤森の死

ある日、火災が起こりました。要救助者は助けられたのですが、消防隊長の藤森(宇梶剛士)がパネルの下敷きになって重体です。藤森は三宅にとって研修医の時からお世話になっている先輩です。

 

藤森は人を助けたいと言う気持ちが人一倍強く、よく部下から「一戦を越えないでくださいよ」と注意されていました。しかし藤森は「たとえ無茶でも、飛び込んでしまった方が楽なんだ、俺にとっては」と言っていつも体が勝手に動いてしまうのです。

 

三宅は懸命に心臓マッサージを続けましたが、藤森が息を吹き返す事はありませんでした。

 

藤森の家族が到着すると、妻は「これでゆっくり眠れるねお父さん。この人、助けられなかった人の夢を見て飛び起きることも何度もあった」と言いました。

 

大切な人の死を経験した三宅は、宮島に話をしに行きます。宮島は会社で上司からパワハラを受け、「自分は生きている価値がない人間なのではないか」と思うようになってしまったそうです。そして眠れない日が続き、鬱になってしまったのです。

 

三宅は「上司が何と言おうと、奥さんにとってあなたは大切な人です。あなたのしようとしている事はその上司の方と同じ。あなたが死んだら、奥さんはずっと眠れない日を過ごすことになります。奥さんの気持ちを考えてないんじゃないかなと、私は思います」と宮島を励ましました。

 

松本と三宅が仲直り

患者との付き合い方について、松本は三宅がドライだと感じていましたが、宮島を励ましてくれたことを知り、本当は三宅もまた患者としっかりと向き合ってくれているのだと知りました。

 

松本が三宅と話をしに行くと、「たまには一線を越えてみるのもいいかもね。どうせ眠れないのなら」と三宅は微笑みました。

 

 

そのころ、児島は濱田に命じられた資料を完璧に作成し、濱田に提出しました。半分はできないだろうと高をくくって命じていた濱田は「本当に全部調べたのか…」と驚きます。そんな児島のガッツを見て、濱田は「僕が育てればいい医者になる」と児島を認め始めました。

 

しかし、児島はすっかり松本になついてしまって、それを知った濱田はまたイライラが止まらないのでした。

第3話の感想

宇梶さんの死に涙

宇梶さんのキャラ、突然出てきたと思ったらいきなり死んでしまってびっくり…。だけど、あんな消防士さんいたら、本当になるべくしてそのなった正義のヒーローだなと思います。それによって亡くなってしまったけど、家族は胸を張っていいと思います。自分の命を投げうって人助けができる人なんてそうそういない。

 

医者もそうだけど、助けられなかった人のことをずっと覚えている、っていう設定、泣けますよね。それだけ「全員助ける!」って思いが強いからなんですよね。

 

松本穂香がいいキャラ

松本穂香さん、腕は未熟だけど一生懸命でいい医者になる素質を秘めてるって感じで、今後もぐいぐいストーリーに絡んできそうですね!濱田も気に入っちゃったのに、松本に取られて余計に松本への恨みが倍増したかな?

 

児島は松本と考え方が似ているし、救命への異動とか志願しそう。でも、児島が濱田の愚痴を言ってるとき、ほとんどそれが松本にも当てはまってて「ガーン」ってなってましたよね(笑)

第4話のネタバレあらすじ

人を助ける手

児島(松本穂香)が味方になってくれたことで、松本(伊藤英明)はますます無茶な数の患者の受け入れを勝手にしてしまいます。何とか患者を裁くことができ、ヘトヘトに脱力しているみんな。

 

「すべての患者を救いたい。千手観音のように」と言う考えを語りますが、研修医の田中(片寄涼太)は「そんなブラックなことを言っていると、研修医が救命はきついからといってみんな辞めちゃいますよ?」とドライな反応。

 

話を聞いていた理事長(余貴美子)は、「千手観音になりたいのだったら、感情的にならないこと。そのては命を助ける手です」と言います。

 

近頃救命と仲良くしている児島が気に入らない濱田(ムロツヨシ)は、「君は普通の医者になりたいの?難病をこの手技で救える特別な医者になりたくないの?僕は、君はそうなれると思っているよ。救命と関わるのはもうやめなさい。代わりのきく仕事は、代わりのきく人間がやればいい」と命じます。

 

命の線引き

ある患者が運ばれてきました。田中が「あの様子では命が助かっても植物状態になる可能性もある」と話しながら歩いているのを、患者の妻が聞いてしまいました。

 

「手術を止めてください」と騒ぎ出します。妻「あの人はまだ58です。あと何年も。私はあの人の介護をするのは嫌です!」

 

最終的には、娘が同意してくれて手術を行うことができました。手術が終わってから、松本は田中を激しく叱ります。しかし田中は「俺が研修医だって知らないで、あっちが勝手に真に受けただけ」と言い訳したり「自分の言ってる事は間違っていたとは思わない。植物状態になる人間を無理矢理助けるから、ベッドが埋まって回転が悪くなる。うちは小さい頃から医者家庭で育ってきたから、医療に限界があることをわかっている」と言います。(田中は大病院の御曹司)

 

しかし松本は、「だったらどうしてあの場で何も言わなかった?自分の判断で見殺しにするのが怖かっただけだろう!?何の覚悟もねぇのに、命の線引きなんてするんじゃない!」と怒ります。

 

虐待少年

松本は仕事の帰り道に、公園で1人ブランコに乗っている少年を発見しました。

こんなに遅い時間になぜ子供がひとりでいるのか?と疑問に思い、声をかけた松本。少年は手にアザがありました。虐待かもしれないと感づいた松本は、「僕は医者だから大丈夫。この手は人を助ける手だ」と少年を安心させ、服をめくってみます。そこへ犬の散歩で通りかかった主婦が「変質者!」と騒ぎたてて、警察が来る騒ぎに発展してしまいます。

 

医者に身分証を求められた松本ですが、ロッカーに忘れてきてしまって提出できません。バックの中身をチェックされると、袈裟が出てきて「コスプレ?」とますます疑われます。「僕は医者で僧侶なんです」と説明しますが、さらに怪しい。ちょうど児嶋が通りかかって、ようやく信じてもらえました。

 

その後学校の担任教師が病院を訪ねてきて、少年はシングルマザーの母親が若い男と付き合い始めて虐待を受けていると言う事実がわかりました。

介護放棄や虐待等、病院にいると家族の嫌な面も見ることが多く、みんなやり切れない気持ちになります。

 

田中の変化

ドライなことばっかり言っている田中ですが、「患者さんのことをよく見ていて、細かいことにも気づく」と看護師の評判は良いです。患者が危険な兆候にあったのをいち早く気づいて先に対処していたことを知り、松本も田中のことを認めます。

田中は植物状態になってしまった長沢と言う患者の妻が、あれ以来見舞いに来ていないことで、「本当に助けて良かったのか?」と悩んだりもしていました。

 

しかし本当は、毎日病院に来ていました。しかし夫に会いに来る勇気がなくて食堂にだけ来ていつも帰っていました。

それを知った松本が駆けつけ、妻を連れてきます。夫に会って、やっと妻は介護をする覚悟ができました。それと奇跡が起こり、夫が目を覚ましました。

 

 

命を助けるということが何なのか、もう少し救命で学びたいと考えが変わった田中。そのことを父親に電話で報告すると、父親は黙って電話を切ってしまいました。田中は浪人して何とか地方の医大に滑り込んでおり、エリートの父親としては田中の経歴や救命で寄り道していることが不満なのです。

 

児嶋の決意

今日の救命は忙しそうです。それを横目に、児嶋は濱田に「もう救命と関わるな」と言われたことを思い出し、見て見ぬふりをして通り過ぎようとしていました。

 

しかし子供の調子が悪いと言って必死に懇願する母親を見て、放って置けずに処置に当たります。児嶋の迅速な対応により、子供は助かりました。

 

松本が後で児嶋にお礼を言うと、「この手は人を助ける手です」と児嶋は満足そうに言いました。

 

 

性的虐待

あの虐待少年の姉が担任に付き添われ救命に運ばれてきました。姉も一緒に児相に保護されていましたが、今日久々に登校したと思ったら腹痛を訴え、今はかなり出血しています。調べてみると少女が子宮外妊娠をしていました。即座に義理の父親に性的虐待を受けたのだと理解する松本たち。

 

賢明な治療もむなしく、少女を助けることができませんでした。実の母親が駆けつけることもなく、少女は息を引き取ったのです。

 

その後しばらくして、悠長に母親とその再婚相手の男が病院にやってきます。「盲腸か何かでしょう?」と全く心配していませんでした。

担任教師が「お父さん、あなたは自分が何をしたかわかっていますか?」と問い詰めると、「あいつしゃべったのか!?あいつから誘ってきたんだ」と開き直ります。母親は何も知らなかったようです。

 

ついに松本は我慢できなくなって、その父親を殴ってしまいました。人を助ける手で…。

第4話の感想

最後が重すぎた…

最後、すごい話が入ってきましたね…。虐待少年がそのまま放置とは思えないので、最後に少年が運ばれてくるとは思っていましたが、まさかお姉ちゃんがいたとは…。しかももっとひどいことになっていた…。

 

現実でも多いけど、なんでシングルマザーの再婚相手ってこんなクズ男ばっかりなんだろう。男の子だったら殴って、女の子だったら性的虐待して。子供なんだと思っているんだ!

そして子供を守れない母親も同罪。男が子供に何をしているのか知っているのか?気づかないほど恋愛にのぼせているのも許せないけど、もし気づいていたのだとしたら、それでどうしてその男を愛せるのかが疑問でなりません。

 

性的虐待と言うだけで、この先の人生ずっと辛い思いをするのでかわいそうですが、それで子宮外妊娠で亡くなってしまうと言うこともあるのですね。松本が殴ってくれて、少しはすかっとしたけど、ちゃんとあの父親に天罰が下って欲しい。

 

松本が謹慎?

でも松本が患者の親を殴ってしまったことで、来週は謹慎処分になってしまうようですね。だけどあの場ではその感情も仕方がなかったと思います。あの場にいた全員が結託して「何も見てませーん」とか言ってかばって欲しかったな。

 

今回の序盤で「千手観音みたいに人を救いたい」とか「この手は人を救うための手」等の布石がいっぱいあって、最後にその人を救うための手で人を殴ってしまったと言うラストにつなげたところ、本当に作りがしっかりしていますね。最初は主人公が医者であり僧侶であると言う設定は必要なの?と思いましたが、この僧侶であると言う設定が毎回話に深みを与えています。

 

そしてそういう信念を持っている主人公が、”綺麗ごと”に聞こえないのは、やっぱり伊藤英明さんのキャラクターなんですよね!だって実際命かけて人を救ってたもんね! (海猿のイメージ)と言う説得力があります。

まとめ

しょうた
しょうた

早速、Paraviに登録して、「病室で念仏を唱えないでください」を楽しんでみるね。

なな
なな

TBSのドラマが好きなら、Paraviはめっちゃ楽しめるよー

しょうた
しょうた

通勤電車で「病室で念仏を唱えないでください」を楽しんでみるね!

 
 
これまで説明してきましたが、「病室で念仏を唱えないでください」の動画を無料視聴できるのは、Paraviです。
 
 
登録後30日間は無料でいろんな動画を視聴できるし、最新の連続ドラマも見放題で視聴できるので、ドラマ動画を楽しむことができます。
 
 
安全に「病室で念仏を唱えないでください」の第1話から最新話までの見逃し動画を楽しみたい方は、ぜひ登録後30日間無料のParaviを試してみてください。
 
 

▼今すぐ「病室で念仏を唱えないでください」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

▼解約方法は以下のボタンからご覧ください。▼

Paraviの解約方法

※ 無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です

Paraviは登録後30日間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「病室で念仏を唱えないでください」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はParaviのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました