スポンサーリンク

乃木坂シネマズ3話(松村沙友理)の無料動画の視聴方法!ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「乃木坂シネマズ」は、白石麻衣さん、齋藤飛鳥さんをはじめとした乃木坂46の人気メンバー10人が、それぞれ1話ずつ主演をつとめる全10話のオムニバスドラマです。
 
 
松村沙友理さん主演の乃木坂シネマズ3話は、「超魔空騎士アルカディアス」というタイトル。松村沙友理さんが演じるのは、ゲーム会社の営業として働くサユリ。
 
 
仕事もプライベートも何か満たされないモヤモヤする毎日を送っていた。
 
 
ある日、行きつけのバーで理想の相手に出会えるという不思議な本を渡される。その晩、儀式を行い半信半疑で眠りにつくことに。翌日朝、目を覚ますと、そこには巨大な紙に描かれた騎士が立っていた!彼の名は「超魔空騎士アルカディアス」
 
 
彼こそサユリが中学時代に理想の男性像を詰め込んで描いた漫画の主人公であった。
 
 
今回は、「乃木坂シネマズ」3話(松村沙友理)の無料動画の視聴方法とネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

「乃木坂シネマズ」全話のネタバレと感想

「乃木坂シネマズ」全話のネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

乃木坂シネマズ3話(松村沙友理)のネタバレあらすじ

とある黒魔術

ゲーム会社に勤めるサユリは、行きつけのバー「イデアル」で1人うなだれていた。

仕事と家の往復で、年頃の女性が彼氏も作らず飲みに来ていることを心配したマスターは、店の奥から一冊の本を持ち出してきた。

黒魔術が書かれているというその本をサユリに渡すと、マスター自身もそれを実践し、すてきな奥さんができたと話していた。

半信半疑のサユリだったが、本に書かれていた材料が焼き鳥とビールで代用できると、準備をするのだった。

そして、呪文を唱えたところで我に返ったサユリは、アホらしく感じてしまいそのまま眠りにつくのであった。

超魔空騎士アルカディアス

翌朝サユリの部屋に目覚まし時計の音がが鳴り響いていた。するととても上手とは言えない手書きの騎士が立っていた。

するとその騎士は、目覚まし時計を真っ二つに切ってしまうと目を覚ましたサユリがその存在に驚く。

「魔空騎士アルカディアス」と名乗るその手書きの騎士は、サユリに忘れてしまったのかと声をかけてくる。

状況が飲み込めないサユリは黒魔術をしていたことを思い出し、本を読み返していた。

するとそこには「効果は出版時のものなります」という注意書きが書かれており、発行年を確認すると2006年と書かれているのだった。

あの時の理想

発行年を確認したサユリはあることを思い出し、クローゼットから段ボールを取り出す。

その段ボールから一冊のノートを出したサユリは、中学の時に書いたマンガを発見する。

アルカディアスはサユリが中学の時に理想を全て詰め込んだキャラクターだと思い出し、恥ずかしくなるのだった。

しきりに話しかけてくるアルカディアスを煩わしく思っていると、宅配便がやってくる。

待っているようにと話すも、玄関に出てくるアルカディアスだったが、サユリ以外には見えていないようだった。

時計を見たサユリは、慌てて家を出ると愛馬の「ペガコーン」を呼ぶなど、自分の設定を恥ずかしがるサユリであった。

本当にやりたいこと

営業部に所属するサユリは、出社直後上司すぐに見積りを出すように注意をされてしまう。

反対にシナリオライターとして活躍する同期の山田は、いいストーリーだと褒められており、サユリはため息をつく。

サユリは本当はゲームのシナリオライターになりたかったため、この会社に就職したのだった。

その夜、残業をするサユリを護衛するアルカディアスは、この世界は手応えのない相手ばかりだと話していた。

しかし、シュレッダーを操作するサユリを見たアルカディアスは、自身の剣「イグスカリバー」とどちらが上か決めようと話していた。

そんなアルカディアスを鬱陶しく思うサユリだったが、過去があるから今があるのだとアルカディアスから言われてしまう。

図星をつかれ黙りこむサユリだったが、もう護衛は必要ないと冷たくあたると、アルカディアスは姿を消してしまうのだった。

サユリのピンチ

家に帰ったサユリは、ゲームのシナリオのコンペの紙を見ながらアルカディアスの言葉を思い出していた。

その言葉に勇気づけられたサユリは、そのコンペに作品を送ることを決意するのだった。

翌日、休日ながらも会社の資料室に向かいシナリオの内容を深くしようとするのであった。

休憩しようと資料室から出ようとしたサユリだったが、電子キーの不具合が起きてしまい外に出れなくなってしまう。

休日のため誰もおらず、途方に暮れるサユリは、助けを求めて声を上げるのであった。

誰もいないことに諦めかけたサユリだったが、なんとそこにアルカディアスが現れるのだった。

シナリオの完成

助けを呼びに向かったアルカディアスだったが、サユリ以外には姿が見えずに苦労していた。

しばらくすると、資料室の扉が開き外から山田が入ってくるのだった。

中二病の気質がある人間には見えるようで、アルカディアスに連れてこられたのだと話すのだった。

するとサユリの書きかけのシナリオを見つけ、目を通した山田はその面白さにのめり込んでしまう。

山田はサユリに様々なアドバイスをしながらなんとかシナリオを完成させると、すでに朝を迎えていたのであった。

アルカディアスとの別れ

完成させたシナリオを持って資料室から出たサユリに、アルカディアスは自分の役目は終わったと告げる。

そして、山田にサユリを頼むとシュレッダーの上に立ち、サユリが昔に書いたポエムを読み上げる。

そしてシュレッダーのスイッチをいれると、そのなかに吸い込まれるように消えていくのであった。

それから1週間後、コンペに採用されることはなく、肩を落とすのであった。

それでもまたシナリオを書くことを決意し、今度は騎士のストーリーを書くとそらにアルカディアスの姿を思い浮かべるのであった。

スポンサーリンク

乃木坂シネマズ3話(松村沙友理)の感想

魔空騎士アルカディアスという中二病満載なキャラが出てくるという設定がとても面白く、何も考えずに見ていられる作品でした。

そして絶妙な下手な絵のアルカディアスがとても愛らしく感じられました。

話の内容も分かりやすく、設定も面白くてとてもゆっくり見ていられる作品でした。

スポンサーリンク

乃木坂シネマズ3話(松村沙友理)の無料動画をフル視聴する方法

ドラマ「乃木坂シネマズ」を見たいという方に朗報です。
 
 
「乃木坂シネマズ」の3話(松村沙友理)は、フジテレビ運営の動画配信サービス「FODプレミアム」動画をフル視聴することができます。
 
 

 
 
「FODプレミアム」は、今なら、1ヶ月間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
 
 
▼今すぐ「乃木坂シネマズ(松村沙友理)」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならAmazonアカウントの利用でFODプレミアムが1ヶ月間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「乃木坂シネマズ(松村沙友理)」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はFODのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました